つれづれ・旅日記

一陣の風が誘(いざな)う 良い旅を(ボン・ヴォヤージュ)と囁きながら
天衣無縫 写真でつづる さすらいの記憶

旅立ち

2016-10-20 02:44:50 | 全国 旅日記

 

しゅっぱつやで~ 

5月30日出発の朝 8時30分 

 

先ずは、オラガ村の鎮守さまに 旅の安全を祈願

 

今から40年程前の話や、今の嫁と一緒になるため 大阪から二人して 遥々で親の許しを、もらいに来たのや

ここまで一緒に来て、「あれが、私の家や」 指さして、風来坊一人で挨拶に行かして、自分は、この境内に隠れとった

曰くある鎮守さまや

今回は、ボランティア活動と云う事で、楽しい筈はないのやが、好きな阿久根の海岸線を走るとルンルンルンと、

ハンドルを揺らしてしまうのはなぜなのかな~ 野に放たれた野獣や 知らんで~ 

 

行きがけの駄賃と云う事で、阿久根の、プライベートビーチを 撮りに行こう。

3号線から100㍍入ったところから

 

 

 秘境の予感

 

 あまり人が来ないプライベートビーチ

 

 

 

 

以前に撮影した 阿久根の「牛ノ浜」 駅前、3号線からの夕景

 

 

宇土市の轟水源 PM4時30分ごろ

奥に見える小さな滝のようになっている所が、水汲み場、風来坊も、頂きましたハイ

大都会の子供たちに比べて、このようなふる里を持っている子供たちは

贅沢、ある意味幸せかもね。

今日の宿泊地は、轟水源からほど近い、宇土高校 裏山の高台  宇土城跡駐車場にすることに

 宇土高球児の、掛け声を聞きながら、早めの晩酌 ちなみに、酒の充ては、

酢味噌和えキュウリもみ、 豚とモヤシ入り豚骨風即席ラーメンでした

あんまり飲んでないよ、ビールと冷たいお茶割り焼酎でした

明日のボランティア活動地まであと30キロ強あるので、アラームを1時にセット  深夜のドライブになりました。

昼間には気が付かなかったのに、走り出してみてビックリ 片側2車線もある国道が 波打っている、

この先、「段差あり」の標識がずっと続く地震発生から一月半に、なると云うのに

ゆっくり走るのには良いのかな~ 70キロ以上は怖かったで、

バカタレ!!  制限速度50キロやろ

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティア  1~2日目 | トップ | 熊本地震 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。