ガンプラ暴走製作記(ガンプラ以外もあるよ)

10年、早いよ!?な、SEASON10です。……でも、ぐでぐで(汗)

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。07

2010-09-30 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 TVタッ○ルを見ながら、駄目だ、こいつら。早く何とかしないと。とか思ったりします。
 自分らの功績だけを並べて相手を貶める。
 人間の器が知れますね。
 しかも、それが与野党両方となると泣けるで……

 まあ、気が滅入ってくるので今回の作業について。

 まずは通常版のクアンタのGNソードビットやGNソードⅤを組み合わせて、バスターソードに。 

 これでシャープ化の時に削ってはいけないパーツをチェック。
 きっちり隙間無く埋まっているのでそれを崩さないように気をつけます。
 と言う訳で、緑のパーツのシャープ化を開始。

 方法自体は通常のパーツと同じですが、軟質素材の為厄介です。
 削りにくいです。
 パーツ自体に厚みがあるので、ただの板にならないように気をつけながらシャープ化。

 上が作業後、下が作業前。

 この後さらに削ってバスターソードの時の見栄えを良くします。

 パーツ全体を薄くするのは面倒ですが、先端だけならまだ楽。
 効果も大きいので、先端くらいはお奨め。

 このパーツは形状を変えないように注意。

 ここを下手にいじると、バスターソードやバスターライフル時に隙間が出来ます。
 それでも、エッジが出るようにペーパー掛けは行いました。

 青いパーツは面を出して、一部はグリップ(?)もペーパー掛け。
 塗膜が干渉しても嫌なので。

 青いパーツは結構ヒケがあるので、面出しは効果的。
 おまけにほとんどモールドも無いので結構簡単。

 GNソードⅤの刃も先端をシャープ化。

 バスターソード用のパーツはモールドを彫りましたが、手作業の為ちょっと歪に……
 作業後にシールをガイドにすればよかったなと反省。
 しかもバスターソード用はパーティングラインがどぎついです。
 軟質素材のため削りにくいですが、やってやれないことは無いです。

 今回のシャープ化は心が折れそうでしたが、何とか終了。

 とはいえ、次回以降もペーパー掛けの表面処理。
 うん、凄く記事がスカスカになりそう(泣)
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ビギニングガンダム完成。

2010-09-29 00:00:00 | HG GB
 いまどきハニーって……
 ごめん、ガンプラビルダーズで一番印象に残ったのその台詞……(汗)

 と言う訳で完成。

 レビューページも製作しました。良かったらどうぞ。

 では、キットについて。
 頭のアンテナはクリアパーツ。

 フラッグはただニッパーで落とすだけだと目立つのでナイフで処理しています。
 ボクとしてはいつもどおりですが、今回は特に役に立ちます。
 ナイフで慎重にすればなまじペーパー掛けするより綺麗です。
 軟質パーツなのでシャープ化も面倒そうですし。

 手首は赤いパーツが干渉して可動はいまいち。

 あと、合わせ目ががっつり出ます。
 そのうえ挟みこみ式のパーツなので後ハメ加工の必要性も。
 なかなか面倒です。

 脚の可動範囲は正座が出来るほど。

 腰アーマーも可動に干渉しないので、下半身の可動性は良好。

 とにかく構造が独特なキット。
 部分塗装の必要なところも多いので練習台にはぴったり……かな?

 個人的に不満なのは左手が握り拳しかないこと。
 せっかくビームライフルのフォアグリップが可動しても両手持ちが出来ないです。
 それ以外はおおむね良好。
 3本持ちのビームサーベルとか格好良いです。
 これもクリアーイエロー一色なので塗装の練習台には良いかも。

 いつもどおり比較。


 ガンダムやユニコーンといった宇宙世紀のラインとも、ダブルオークアンタのラインとも違う本当に独特のライン。
 なんというか、スーパーロボット的な雰囲気は感じますが、兵器のような感じはあまりしないです。

 ついでにチームを再現。

 う~ん、改めて見ると凄いチーム構成。

 明日からはクリアークアンタ再開予定。
HG 1/144 GPB-X80 ビギニングガンダム (模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る


31
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

HG ビギニングガンダム製作中。

2010-09-28 00:00:00 | HG GB
 ピンポンパンポン。
 突然ですが、今回は予定を変更してお送りしております。
 ああ、そうさ!予定は未定さ!(何故に逆ギレ!?)

 え~突然ですがコミックボンボン世代です。
 メダ○ットとか大好きでした。
 でも、打ち切りも多かったな……
 と言う訳で買っちゃた。てへ(←なんか、自分で書いてて怒りが)

 スルーするつもりだったんですが、ポイントたまってたもので。
 あと、ガンプラビルダーズが意外と面白かったのも理由の一つ。
 多分ビギニングガンダム以外は買いません。

 では早速製作開始。

 胸の一部はシールを貼るとモールドが埋まります。

 パッケージのイラストを見るとモールドは無くても良いような感じです。

 シールドの赤いシールを貼るところはなぜか開口されています。

 そのためシールを貼るときは破らないように注意。

 このシールでふさぐ穴やシールド裏に無数にある穴、背中の未使用のジョイントを見るとバリエーションもありうるのかも。

 オリジナルの装備とかを考えて装備させても面白いかも。

 とりあえず上半身と武器が完成。

 次回完成予定。
HG 1/144 GPB-X80 ビギニングガンダム (模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。06

2010-09-27 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 いまさら鳩がさえずるな。
 え~深い意味はありませんよ。
 ええ、本当に。

 人生初リボを満喫中。
 リボ払いのことじゃないですよ。
 あのカチカチ感がたまらないです。

 なんかおかしな文章な気もしないでもないですが、今回の作業。

 まずはGNソードビットとGNソードⅤの刃以外の400番のペーパー掛けが終了。

 つまり本体の400番のペーパー掛けが終了。
 脚の作業は思いのほか楽。
 そりゃ合わせ目消しとかありませんからね。

 とは言え、GNソードⅤのグリップガードや膝の青いパーツにはどえらいヒケが。

 肉眼でもわかるほどのレベルですが、削りすぎてモールドまで削るのも問題なのでほどほどで妥協。
 まさか瞬着で埋めてせっかくの透明感を台無しにするのも……

 それからGNソードⅤの刃を初めとする緑の軟質クリアーパーツのシャープ化も開始。
 作業に入る前にランナータグを実験台にして、400番のペーパーなら作業が可能なことは確認済み。

 とりあえず先端を尖らせることは成功。
 でも、まだ薄くはしていないです。
 思ったより作業は難航。
 軟らかいので削りにくいです。
 あと、気をつけないとパーツを曲げそうで怖いです。

 次回もシャープ化の作業を予定。
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。05

2010-09-26 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 そろそろHGACはリリースされませんか?
 第一弾は意表をついてトールギスとかが良いです。
 個人的にはエピオンも欲しいです。

 まあ、それはそうと今回の作業。

 腰とGNシールドの400番のペーパー掛けが終了。

 ……どうしよう、いつもどおり過ぎて書く事が無い!

 とりあえず、クリアパーツなので気をつけていることについて。
 普段なら処理しない位置のゲートも処理しています。

 通常のパーツなら見えない位置でもクリアパーツなら見える場合がある事を考慮しての作業です。
 でも、正直、どの程度効果があるかは不明。
 まあ、トライアンドエラー。

 そんでもって、GNシールドの接続アームの上面はモールドも無いので面出しを行っています。

 意外とうねりって肉眼でもわかるものです。
 クリアパーツだからかもしれませんが。

 後は、脚の作業とソードビットくらい。
 ただ、問題は緑のクリアーパーツ。
 シャープ化できるのかな……HJではやってましたけど。
 限定版くらい硬質パーツにしてくれても良かったんじゃないかな……

 次回で表面処理が終わりますように。
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。04

2010-09-25 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 え~今月のなんかWが再流行しそう。
 二人で一人の探偵の方じゃないですよ。
 バラ風呂に入ったりする人がでてる新機動戦記の方ですよ。

 まあ、それはそうと今回の作業。
 今回も地味にペーパー掛けさ。

 ゲート跡やパーティングラインのほかに傷が見えたところ、肉眼でもうねり、つまりヒケを感じたところの面も出しています。

 400番のペーパーの新品は削れ過ぎるので力加減には注意。

 そんでもって腕部の400番のペーパー掛けが完了。

 これで上半身(GNシールド除く)の400番のペーパー掛けは終了。
 作業時間を考えると意外と順調。

 祝日返上だったのよ……

 うまく行けば次回は本体とGNシールドの400番のペーパー掛けは終わるかな?
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

HG ラファエルガンダム完成。

2010-09-24 00:00:00 | HG 00
 そんなBAKAな!
 6巻が延期だなんて……

 刀鍛冶の10巻も延期されるし……

 Mr.クリスタルカラーも順調(?)に延期されてるし……
 ボクが期待するものは延期する運命なのか……
 とまあ被害妄想に陥っても仕方ないので本日も元気にプラモ。

 ちゃんとこちらは完成。

 レビューページも製作しましたので良かったらどうぞ。

 では、昨日の続き。

 武器はモナカです。
 ものすごく潔くモナカですが、ライフルのクリアーパーツの処理は困るかも。

 上部ユニットと合体したままだと首が動かないです。

 アクションベース2は脚が微妙に干渉します。

 珍しいことに足の裏に色分け用のシールがあったりします。
 多分つま先のギミックの都合だと思います。

 GNビッグキャノンなど上部ユニットは色分けがいまいちな気もします。
 特にGNドライブの白いところは再現して欲しかったところです。
 バリエーション展開の時にちゃんと白いものを付属させるんだと期待したいです。

 GNビッグキャノンは差し替えで攻撃形態を再現する為、プロポーションは良好。
 欲を言えば、スタンドはアクションベースにも使えるようなものだったら良かったかも。
 製作の時は同じ作業の繰り返しになるところがあるので、モチベーションの維持も大切。
 素組みはともかく、作りこむときは本当に大事。

 ここから先は劇場版のネタバレを含んでおります。
 まだ見ていない人はご注意を。

 上部ユニットはきちんとその正体のモールドが再現されています。

 セラヴィーガンダムⅡと言うそうです。この上部ユニット。
 セラフィムみたいにHGでも(多分可変ギミック付きで)リリースされると思います。

 では、いつもどおり色々比較。


 当然ですが、ガデッサにはよく似ています。
 代わりにこれまでのティエリアのガンダムとはあんまり似た要素が無いです。
 らしいギミックは搭載しておりますが。

 これで劇場版のガンダム4機も勢ぞろい。
 でも、実は……なんだよね。
 クアンタ以外はまだバリエーション(トランザム以外)もリリースされそうですし、ジンクスⅣとかも期待したいです。あと意外な登場ですがアルヴァアロンとかも出てほしいです。

 次回からクアンタ再開予定。

HG 1/144 CB-002 ラファエルガンダム (機動戦士ガンダム00)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る


30
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ラファエルガンダム製作中。

2010-09-23 00:00:00 | HG 00
 え~ハルートの出荷予定日がちゃんと更新されていました。
 今更やっちゅーに。
 もうラファエルすらでてるちゅーに。

 という訳で買って来ました。

 作っている印象はセラヴィー……ではなく設定通りガデッサに似た感じ。

 額にはクリアパーツが使われているものの素組みでシールを貼ると台無しに。

 面積も小さいしここは塗った方がお奨め。
 ちなみにシールを貼る場合、C4パーツをA30にはめ込んでからの方がやりやすいです。 

 とりあえずここまで完成。

 腕部にはガデッサなどと同様合わせ目がしっかりでます。
 胸も同様。
 腕はともかく胸はモールド風処理が楽そう。

 とにかくボリュームのある上部ユニットは次回。
 絶対バリエーションで「あれ」も出す気満々です。
 くぅ~まだまだバンダイに踊らされるのか……

 そんなこんなで次回完成予定。
HG 1/144 CB-002 ラファエルガンダム (機動戦士ガンダム00)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。03

2010-09-22 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 え~日本の有罪率はそもそも異常なのに証拠の改竄とかやっちゃったら司法の信頼とか瓦解しそうです。
 そりゃ行動もスピーディにはなるわな。

 というか、さっさっと可視化しろよ……

 ちょいとばかり真面目な事を書いていました。

 では、早速今回の作業について。

 パーツの切り出しが終わったので表面処理に入りました。

 頭と胸の400番のペーパー掛けが終了。
 思ったよりさくさく進みました。
 ちゃんとパーティングラインとかも消しています。

 そんでもって頭のアンテナはシャープ化。

 垂直に立っているアンテナは設定画のように細くしようとするなら新造した方が早そう。
 今回はクリアーカラーであることと、強度の面から先端に行くにつれシャープにした程度です。

 胸のクラピカルアンテナは下手にシャープ化するとモールドが消えそうだったことと、さほど違和感がない気がしたのでフラッグを落としたくらい。

 今回は全てがクリアーパーツなのでヒケとかも見つけやすいです。
 そのため、目立つところはちゃんと処理しています。

 次回は腕の作業を予定。

 あ、でも、明日は多分新キット。
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。02

2010-09-21 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 食事中も携帯を手放さないってのは都市伝説だと思っていました。
 本当にいるもんです。
 いや、そんなに大事か?
 食事くらいゆっくりしようよ。
 落ち着いて食事できるって意外と贅沢なもんだぜ。

 とまあ、とりとめも無い事を書いたところで今回の作業。

 今回もパーツの切り出し。
 このクリアーのクアンタに限ったことではありませんが、ボクはパーツの切り出しはそれなりに慎重です。

 ニッパーの二度切りに加えてデザインナイフで処理しています。

 これだけでも結構わからないものです。
 クリアーパーツとかは特に慎重にやっています。そのため、ナイフの作業の方が多くなって、時間を食います。

 でも、もともと白化していたりするパーツもあるわけで、そんな場合、大抵は塗装で処理します。
 今回はクリアーパーツなので無理っぽいので第二手段。
 最初に断っておきますが、効果はあるのか無いのか、正直微妙。

 方法は白化したところに極少量のプラ用流し込み接着剤を塗るだけ。

 この方法だと確かに白いところは目立ちにくくなるのですが、塗ったところに光沢が生じるのでペーパー掛けが必要に。

 そのため、ペーパー掛けで白化したところが削られたのか、接着剤で緩和されたのかが正直判断できません。
 個人的には塗るだけで効果はあるとは思うのですが、自信は無いです。

 うん、真面目に書いておきながら、あんまり中身が無い情報です(汗)

 とりあえずソードビット以外の切り出しが完了。

 次回からはペーパー掛けに入る予定。
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

HG ダブルオークアンタ クリアーカラーバージョン製作中。01

2010-09-20 00:00:00 | ダブルオークアンタフルセイバー クリアV
 見てきました。劇場版ガンダム00。

 あえて言おう。面白かったと。

 まあ、賛否両論あると思いますが、個人的には堪能させていただきました。
 「分かり合う」こととか「知性」とか結構考えさせられるテーマじゃないかなと。

 オープニングから盛り上がります。
 メカ戦もたっぷり。意外なMSも色々登場。00Vファンも驚きの機体が登場していました。
 個人的は大満足の2時間。
 外伝とか読んでるとより深く楽しめるかな。
 読んでなくても面白いと思います。

 劇場版を見てモチベーションもトランザム状態なのでクリアーカラーのクアンタの製作着手。
 万一に備えてもう一つ確保したので安心。

 でも、時間だけはどうにもならないのよ。
 と言う訳で胸のパーツを切り出して今回の作業は終了。

 まだパーツを組んでいないのはちゃんと磨きだしまで行う予定の為。

 あと、クリアーカラーなので当然、下のパーツの色が透ける場所も。

 この辺をどうするかも思案中。

 とりあえず表面処理まではクアンタに集中する予定。

 と言う訳で、次回もクアンタを予定。
機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BB戦士 ユニコーンガンダム製作中。01

2010-09-19 00:00:00 | BB戦士
 最近少年誌は下関連で高年齢化している気がします。
 あれでしょうか、それだけ最近の子ども達はませているのでしょうか。

 まあいいです。
 ちょっと本日もストック記事を使用。

 SDのユニコーン。

 ちょいとばかり色々試してみたい(と言うか、使ってみたい)ので買いました。

 さあ、製作開始。
 余談ですが、ランナーは明らかにバンシィを視野に入れているみたいです。

 とりあえず変形ギミックのせいで色々面倒くさそうです。
 表面処理とかはどこまでやるかは未定。

 頭の後ろにはがっつり合わせ目がでます。
 挟みこみ式のパーツがあるので、処理の際には工夫が必要。

 顔は両A面仕様。

 合わせ目の事を考えなくて良いのは楽。

 とりあえずパーツの切り出しが完了。

 次回は未定。

 とりあえず、明日はこいつを見に行きます。

 前売り券を指定席に変えに行くついでに買ってきました。

 いや~楽しみであります。
SDガンダム BB戦士 ユニコーンガンダム (BB戦士)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ガンダムハルート完成。

2010-09-18 00:00:00 | HG 00
 GNソードライフルって……もうGNソードの系譜がよくわかりません(笑)

 風邪もいつの間にか完全回復。
 だからちゃんと完成。

 レビューページも製作しました。良かったらどうぞ。

 では、早速キットについて。
 昨日書いたとおり作る過程は結構アリオスに似てると思います。

 挟みこみ式のパーツが多く、ポリパーツなどの入れ忘れには要注意。

 ライフルは薄いパーツが多いのではめ込む時にパーツを壊さないように注意。

 完成後は重心が後ろに傾きやすいので別キットのベースやアクションベースの使用が望ましいです。

 可変ギミックは差し替えで再現されていますが、デルタプラスのように余剰パーツは出ません。
 ロック機構が存在しないのでちょっと保持が面倒かも。

 飛行形態はごつくて迫力があります。

 ライフルのシールの精度はいまいちな気がしますが、それ以外は良好。
 シールも塗装すれば関係ありませんし。

 では、いつもどおり比較。


 MS形態ではアリオスやGNアーチャーの特徴を受け継いでいることが一目でわかりますが、飛行形態はかなり違います。

 あと、腕部にはアリオスのGNサブマシンガンみたいな差し替えの開閉ギミックが存在しています。でも、説明書には書かれていません。
 説明書の機体解説にはさらなるオプションとかも書かれていますので、もしかするとバリエーションキットがリリースされるのかもしれません。

 次回からは未定。
HG 1/144 GN-011 ガンダムハルート (機動戦士ガンダム00)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る


29
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HG ガンダムハルート製作中。

2010-09-17 00:00:00 | HG 00
 復活。
 風邪ごときにあまり遅れを取ってはいられません。

 という訳で買って来ました。

 「ガンダムハルート」って入力しようとするとついつい「ガンダムはルート」って変換されます。
 何のルートだ?
 え~出荷予定は改善されていませんでした。

 まあ、それはさておき、早速製作開始。

 上半身を作った感じはアリオスによく似ているなと。

 胸のC1「11」パーツはゲート跡が処理しにくい位置なので注意。

 頭はかなり独特な感じ。

 予告編の6つ目のギミックは再現されて無いです。
 というか、どういう状況で6つ目になるんでしょう?
 劇場版が楽しみです。

 次回完成予定。

 あと、ちょっとつまらない事を。
 この前TVの某討論番組を見たり、ネットを見て思ったのはなんか若いうちから他の意見を否定する習慣がついている人が増えてるような……
 あんまり若いうちから自分の考えに凝り固まりすぎると苦労するよ。
HG 1/144 GN-011 ガンダムハルート (機動戦士ガンダム00)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ バルカンヘッダー完成。

2010-09-16 00:00:00 | ミニプラ
 憲法9条を守れとか言う人に限って、他の(彼らにとって)都合の悪い憲法を無視してるよね。
 まあ、自分の意見に酔ってる人ってそんなもんかな。

 とまあ、雑談はここまで。

 え~タイトルは便宜上ミニプラって書いていますが、ミニプラじゃないです。
 そもそも、無加工ではミニプラに合体出来ませんし。

 今回は食玩のレオンレイザーに付いていたバルカンヘッダーをミニプラのゴセイグレートなどに合体できるように加工したものです。

 食玩を初めて改造したものでもあります。

 まあ、作業自体は簡単ですが。

 と言う訳で、今回の作業。

 まず無加工のバルカンヘッダー。
 ある程度塗装されています。

 先述の通り、後ろのジョイントがミニプラとは異なります。

 ただ、サイズ的には違和感なし。

 と言う訳で、レオンレイザー付属のミサイルパーツを加工して、ジョイントにします。

 プラ板を詰めているのは正面から見たときの見栄えのため。

 で、それがゴセイグレートなどのジョイントに合体できるかをチェックしたので、塗装。

 まずはメタリックレッドを全体に吹きます。
 銃口(と言うか、ライオンの口)の内側にサフを塗って、ライオンの口の周りや各銃口に黒を塗装。
 使ったのはウィノーブラックで筆塗り。
 そして、目に以前作ったスーパーファインシルバーベースのメタリックグリーンを塗ってやります。
 金はスーパーゴールドを使用。
 最後にスーパークリアー光沢を吹いて完成。

 劇中のイメージを考えると、スーパーファインシルバーベースのメタリックレッドを調色したりしても良かったかなとも。
 でも、スーパーファインシルバーは結構良いお値段……

 完成したので、ゴセイグレートの胸にとりあえず装着。

 ちなみにこの記事はストック記事。
 公開されているときは、作業が進んでいない証拠です(汗)

 ぶっちゃけ風邪引きました(泣)
 馬鹿は風邪引かないはずなのに……まあ、馬鹿は風邪を引かないんじゃないなくて、引いても気づかないだけだと思っています(笑)
 どっちに転んでも風邪引きました(泣)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加