ガンプラ暴走製作記(ガンプラ以外もあるよ)

10年、早いよ!?な、SEASON10です。……でも、ぐでぐで(汗)

ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース製作中。4

2009-11-30 00:00:00 | ガンダムUC ヘッドディスプレイベース
 え~ハヤテのごとく○のラジオの方が下手な新聞やらよりよほど漢字の勉強になる気がする今日この頃です。
 と言うか、最近の報道って漢字でかまわないものまで平仮名にしている気が……

 まあ、良いです。
 本日も表面処理。

 ちゃんと完了。
 もちろん洗浄済み。

 クリアーパーツは2000番までペーパー掛けを行い、コンパウンド→コーティングポリマーで磨きだし。

 やっぱり違います。

 白いパーツは1000番まで。

 ちなみにバルカンはなくなりやすいので注意。

 文章にするとこれだけなんですが、結構時間食っています。

 次回からは塗装を開始予定。

 まあ、それはさておき、ホビマガは毎年1月号にプラモ付けている気がしつつ続きます。
 いや、創刊○周年記念号であることを鑑みればさもありなんかな。
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2010年 1月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース製作中。3

2009-11-29 00:00:00 | ガンダムUC ヘッドディスプレイベース
 脳トレがどうにも眉唾物らしいと言うことを知って驚くやら恥ずかしいやらな今日この頃です。
 マイナスイオンはきちんと考えることができたのに……

 ま、そんなことより本日の作業。
 久々に本格的な表面処理。
 と言ってもペーパー掛けですが、ちょっと楽しかった……

 400番のペーパーでまずは白いパーツを処理。
 意外とパーティングラインやゲート跡は目立ちにくいところにあるのでこだわらないならする必要もないかも。

 と言っても、面倒な形状なのは白いパーツではアンテナくらい。

 たたんだときにずれとかが出たら嫌なのでシャープ化は行っていません。
 アンテナに限らずパーティングラインは薄いので作業自体は楽。
 ちなみにアンテナも色分けが必要なところはスジ彫りを深くしたりしています。

 今回は(も)成型色フィニッシュで仕上げる予定。
 白いところはつや消し仕上げの予定なので特にヒケとかは気にしません。
 ただ、頬などパーツ自体が大きいものがあるので光沢塗装などの場合はきちんと処理した方がよさそうです。

 肉眼でもなんとなくヒケてる気がします。

 とりあえずアンテナの片方以外、白いパーツは400番のペーパー掛けまで終了。

 明日には表面処理は終わらせたいです。
 ちなみにクリアパーツはコンパウンドまで使う予定。

 それはさておき、寒暖の差が激しすぎて軽くダウ運思想だなと思いつつ続きます。
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2010年 1月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ サムライハオー完成。

2009-11-28 00:00:00 | ミニプラ
 本日は予定を変更して(ある意味予定通り)シンケンジャーのミニプラの総括。

 なんというか、やっておきたかったんです、なぜか。
 まあ、軽く流すにはちょっともったいないと感じたのでしょうが。

 しかし改めて見ると前から見ると何とか人型ですが、後ろから見るととんでもないことに。

 秘伝シールドを持たせることもできます。


 それからそのままだと余る恐竜折神も装備。

 これで余剰パーツが出ないのは流石。
 ちなみに普通の刀は腰にさせないのであいている手に持たせています。

 ダイゴヨウと比較すると大きさがある程度わかります。

 大体ダイゴヨウがHGくらいなので、サムライハオーになると軽くMGクラスの大きさに。

 去年のエンジンオーG12と並べると遜色ないことが判明。

 本当に心の底から住宅事情を考えていないだろうと……(以下略)
 食玩でこのサイズなので、DX版だとぞっとすることでしょう。

 とはいえ、このミニプラ版本当意欲できていると感心。
 ダイゴヨウやモウギュウバズーカ(これは厳密にはミニプラではありませんが)も合体(と言うか装備)可能。

 これでディスク以外はマジで余剰パーツなし。
 でも、何がなんだかよくわからん……(汗)

 しかし、我ながら良くやったなとちょっと感心。
 キョウリュウシンケンオー、ダイテンクウ、イカダイカイオー、モウギュウダイオー、ダイゴヨウにスーパーモウギュウバズーカとこれだけ良く買ったもんだ……

 コストも軽く笑います(MG買えます)。
 まあ、その分しっかり堪能させてもらえたわけですが。
 しかし、これ、何体分のプラモと考えるべきなのか…… 
 (多少無理矢理ですが)全合体させた時の1体と見るべきか、あるいはメカ単位でみて12体以上とみるべきか……
 まあ、ぶっちゃけどうでも良いと言えば良いのですが。

 それはそうと、三国伝のサイトを見て孫策の台詞が某財前さんの遺言に似ているなと感じたのが自分だけか気にしつつ続きます。
侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 真侍合体ダイカイシンケンオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース製作中。2

2009-11-27 00:00:00 | ガンダムUC ヘッドディスプレイベース
 アスラクラ○ン2のOPをヘビロテで聞いている今日この頃です。
 人生をリセットしたくもないしされたくないを言う意味のフレーズはなかなか胸にきます。

 まあ、そんなことはさておき、本日もユニコーンの頭の製作。
 短期決戦で行きます、たぶん。

 今回は塗り分けの必要な襟元をスジ彫り。
 これで別パーツ感ときれいな塗り分けを目指します。 

 こちらがスジ彫り前。

 道具はタガネを使用しています。

 こちらがスジ彫り後。

 写真ではわかりにくいかもしれませんが、肉眼では結構違いが出ています。

 一応同じ場所のビフォーアフターも撮影。

 うん、わかりにくい。
 タガネに限らずスジ彫りは力を入れすぎないようにしたほうが良いです。
 力みすぎると手元が狂った時とかに思わぬことに……

 このあと、ちょっと失敗して傷を付けたところに瞬着でフォロー。
 その後400番のペーパー掛けを行いました。

 たぶん明日もユニコーンの頭。
 でも、アナハイムカフェのフリマに参加するのでどうなるかは未定。
 正直サムライハオーの総括とかもしたいですし。

 まあ、それはさておき、日本のビジョンって何だろうねとか思いつつ続きます。
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2010年 1月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース製作中。1

2009-11-26 00:00:00 | ガンダムUC ヘッドディスプレイベース
 セブンソードはどうしたっと言われても基本ボクは己がリビドーに従います!
 欲望は満たしてこそ欲望です(←社会に不適合率高いです)

 まあ、と言うわけでユニコーンの頭の形をしたスタンドを製作。
 とはいえ、さくっと素組みにするのか、きちんと塗るのかは未定。

 とりあえずパーツの切り出しだけは完了。

 1/48と聞いていたのでパーツはもうちょっと大きいものを予想していましたが、意外と小さかったです。
 写真は分解できる程度に仮組みもしています。

 塗る必要のあるのは襟元や首とアンテナの内側。

 塗装するなら首や襟元はグレーを予定。ユニコーン用のガンダムカラーが出たらそれを使うのもいいかなとか思います(あくまで塗るならね)。

 目はクリアパーツですが、赤すぎるので設定にこだわるとクリアー素材を生かす方向は難しいかも。

 これならメタリック系の塗装もありかな(しつこいようですが、塗るならね)。

 アンテナはMG同様、わずかに隙間が。

 これならユニコーンモード用のアンテナを付けてくれても……

 さあ、どうするかな。

 それはさておき、今月からホビーマガジンもホビージャパン同様のサイズになりました。
 日本の住宅事情を配慮しているのか疑問に思いつつ続きます。
 大は小をかねないときもあるんだ!!
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2010年 1月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ 牛折神完成。

2009-11-25 00:00:00 | ミニプラ
 今回はちゃんと完成しました。

 では早速作業について。
 クールホワイトを使って白を塗装。
 肩はマスキングをしてエアブラシで一気に。

 牛の脚は筆塗り。

 サムライハオー時に使うパーツは見栄えを考慮して奇怪な塗り分けに。

 黒はウィノーブラックで塗っています。
 ちなみに結構入り組んだパーツなのでエアブラシ塗装を行う前に事前にエアブラシで塗りにくそうなところを筆塗り。

 それからモウギュウバズーカの弾丸のひとつをMr.カラーのゴールドで塗ってからクリアーオレンジを上塗り。

 なぜか無駄に気合が入っています。

 後はMr.スーパークリアーの光沢クリアーコートをして完成。

 かなりのボリューム。

 早速モウギュウダイオーに侍変形。

 かなりのボリュームです。
 まあ、1000円もするからサイダイオーみたいなのでも困るんですが。

 設定どおり頭に秘伝ディスクを装備可能。

 牛折神時にシンケンオーを搭乗させてもみました。

 うん、ボイジャーダイボウケンの時見たいな違和感はないです。

 あと、「超えろ!シンケンジャー」のモウギュウバズーカ、インロウマル、シンケンマルも完成。
 合体させてスーパーモウギュウバズーカにできます。

 シンケンマルのミラー部にはラピーテープを貼り付けています。

 ちなみに柄の中にシンケンオー用のグリップがあるので柄は外しやすくしています。

 どのアイテムもシンケンオー、ダイカイオー、モウギュウダイオーに装備可能。

 モウギュウバズーカは劇中では拳銃のようにモウギュウダイオーに握られていますが、ミニプラ版では文字通りにバズーカに。
 どれも関節に負担がかかるので要注意。

 そして、モウギュウダイオーが完成したので、ダイカイシンケンオー、イカテンクウバスターとともにサムライハオーに全侍合体。

 でかいです。置き場に困る(泣)!!

 それはさておき、紅白の選考基準って何だろねとか思いながら続きます。
侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 侍合体モウギュウダイオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る


64(-11)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ 牛折神製作中。6

2009-11-24 00:00:00 | ミニプラ
 馬鹿は風邪を引かないんじゃない!
 引いてもわからないんだ!!

 いきなり妄言(ぶっちゃけボク自身についてですが)をかましたところで本日の作業。

 細かいところの塗装作業。
 まずは金色。スーパーゴールドを使用。

 肩のミサイルランチャーとか軽く泣きます。
 最近のHGとかなら絶対別パーツなのに(泣)

 ついでに金色はマスキングした角パーツでエアブラシ塗装も行いました。

 角の志波家の家紋(この写真では見えません)はモールドが存在しないのでシールを加工したものを貼り付け。
 細かすぎて作業はある程度妥協しました(汗)

 サムライハオー時に見えるところの青と緑も筆塗り。

 使ったのはモウリーグリーンとスージーブルー。
 どちらもMr.カラーGX。
 正直ここは塗らなくてもいい気もしますが、個人的な好みを優先。

 おまけで作っている「超えろ!シンケンジャー」のモウギュウバズーカの作業についても。
 ポリキャップと同じPE素材のパーツがあるので、それらはメタルプライマーを塗った後塗装。角のみサフも吹いています。

 サフ抜きで作業したところ角のみ面白いように塗膜がはがれました。
 あそこまできれいにはがれると笑えます(泣)

 本体はそこそこ塗り分けが面倒。

 赤がハーマンレッド、銀がスーパーファインシルバー、金がスーパーゴールド、赤の上の丸リベットはメタルブラック。

 グリップはマスキングテープで色分けの境界線を強引に製作。

 裏側はすかすかなので、塗り分けはなあなあ。
 このモウギュウバズーカが存外時間を食いました。

 とりあえず次回完成予定。

 それはさておき、12体合体と11体合体のロボ2台に挑まれる敵って悲惨じゃねとか思いながら続きます。
侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 侍合体モウギュウダイオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HGUC ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)完成。

2009-11-23 00:00:00 | HGAUC
 今回はきちんと完成しました。

 レビューページも製作しましたので良かったらどうぞ。

 キットは昨日書いたとおりデストロイモードと比べるとパーツ数も少なく組みやすいです。

 ユニコーンモードには両手に平手がついているのも良いです。
 プロポーションも文句なし。

 ただ、個人的にはデストロイモードかユニコーンモードかのどちらかには左手用の銃器用の手首も付けて欲しかったかなと。
 もっともバズーカ、マグナムともに右手用のダボがついてはいますが。
 つまり両手に火器を持たせられるようにして欲しかったと思うわけです。

 心配するな。(贅沢病だという)自覚はある。

 え~どこかの第二位みたいなことを言い(書き)ましたが、それ以外は結構満足。

 ただ、どうもデストロイ、ユニコーン両形態を買わそうとするバンダイさんに踊らされている気が……

 まあ、いいです。覚悟の上(←そんなたいそうなものではない)です。

 と言うわけで、デストロイモードのビーム・マグナムを装備させてフル装備。

 バズーカが差し替え式とはいえ収納形態にできる点も正直予想していなかったので嬉しかったです。
 バズーカのグリップが可動式ならもっと良かった気も……

 両形態で比較。


 ちゃんと設定どおり身長が変わっている点が個人的になぜか感動。

 ついでにデストロイモードもフル装備。

 正面からではともかく後ろから見るとわかりやすいです。
 ちなみにデストロイモードのレビューページも製作してあるので良かったらどうぞ。

 明日はまた牛さん。

 それはさておき、HGUCユニコーンガンダムはフルアーマーやバンシィも出そうな気がしつつ続きます。

HGUC 1/144 ユニコーンガンダム ユニコーンモード

バンダイ

このアイテムの詳細を見る


63(-11)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HGUC ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)製作中。

2009-11-22 00:00:00 | HGAUC
 予期せぬアクシデント(まあ、予期できりゃアクシデントとは言わない気もしますが)は想像以上にこちらの体力や精神力を削るなと改めて思う今日この頃です。

 おかげで完成予定だったユニコーンが完成しませんでした(泣)

 とりあえずできたところまで。
 デストロイモードよりランナー1枚少ない分組みやすいです。
 それでもパーツ分割は結構感心します。

 頭のアンテナは当然ながらフラッグを落としています。

 素組みの場合でもここだけはしておくことをおすすめ。

 バイザーのカメラの色分けはシールで再現されています。

 色は緑ですが、塗装のカラーガイドを見ると水色が正解のようです。
 気になる人はシールの余白をクリアーブルーで塗装したものを貼るなどの考慮は必要かも。
 もちろん気にならない人はそのままでOK。

 上半身と腰までは完成。

 デストロイモードと違い本当にシンプルな感じです。

 バズーカはデストロイモードにも持たせられます。

 あと、ユニコーンモードは両手に平手が付属しているのも良いです。

 ここでバズーカと平手を組んだんならデストロイモードのレビューページが製作できた気がしながら続きます。
 まあ、でも、レビューは明日以降を予定。
HGUC 1/144 ユニコーンガンダム ユニコーンモード

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HGUC ユニコーンガンダム(デストロイモード)完成。

2009-11-21 00:00:00 | HGAUC
 えー悪いところをまねなくても良いだろうとか思う今日この頃です。
 ま、なんについてか言及しないです。

 そんなことより、今回は完成したユニコーンガンダムについて。

 今回のレビューページはまだ。
 レビューページはユニコーンモードが完成したときにまとめてやります。

 とにかくパーツが細かいです。
 代わりに合わせ目はほとんどでないです。
 昨日書いたとおり胸くらいです。
 合わせ目もさることながらパーティングラインさえも太もも以外はぱっと見ではわからないくらい。

 成型色で色分けされていないのは肩のセンサーくらいですが、シールドのC20、21パーツもクリアパーツの重なるところは赤く塗って方が雰囲気が出そうです。

 あとC20、21パーツはフラッグがついているので落としています。

 見れば見るほど何かすごいキットです。

 久々に組んだ後に感嘆の声が出ました。

 動かしたりする分にはMGよりこちらを断然おすすめ。
 MGの変身ギミックもすばらしかったのですが、HGUCはプロポーション、可動に重点が置かれている分個人的にはこっちが好き。

 νガンダムと比較。

 同じサイコフレーム搭載のガンダムでも、ぜんぜん印象が異なります。

 明日はユニコーンモードの製作を予定。

 それはさておき、ラプラスの箱みたいなものは日本の政治にあるのかなとかぼんやりと思いつつ続きます。
HGUC 1/144 ユニコーンガンダム デストロイモード

バンダイ

このアイテムの詳細を見る


62(-11)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HGUC ユニコーンガンダム(デストロイモード)製作中。

2009-11-20 00:00:00 | HGAUC
 え~モウギュウダイオーやセブンソードほったらかしで新キットに現をぬかしております。
 だって、今回はマジで楽しみだったし……

 と言うわけでHGUCのユニコーンガンダム(デストロイモード)を素組み。
 とりあえず上半身までできました。

 頭のアンテナはフラッグをちゃんと落としています。

 他のガンダム系と異なりアンテナは裏側の計上に気を使ってやる必要もあります。

 胴体はとにかくパーつ分割が細かい印象があります。
 今のところ合わせ目と言えば胸の側面にあるくらい。
 それすらもあまり目立たない気が……

 細かすぎて表面処理とかやろうとすると萎えるかも。
 あと、クリアパーツはパーツの合いが硬く感じるところも。

 こちらも入手して来ました。

 HGUCも100番台突破です。
 なんか感慨深いです。

 それはさておき、ホビーマガジンがガンダム関連で「あの続編」とやらを始めるそうですが、それはAOZの続編なのかなとか思いつつ続きます。

HGUC 1/144 ユニコーンガンダム デストロイモード

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ 牛折神製作中。5

2009-11-19 00:00:00 | ミニプラ
 え~借りたいCDが借りられていてちょっとショックな今日この頃です。

 ま、そんなことはどうでも良いです。
 本日の作業。

 まずは金色を筆塗り。
 使ったのはMr.カラースーパーメタリックのスーパーゴールド。

 乱暴に塗っているのはこの後エアブラシ塗装を行うから。
 エアブラシで塗りにくいところを先に塗っているだけです。

 それから黒も筆塗り。使ったのはウィノーブラック。
 こちらはきちんと塗っています。

 レベリング溶液とリターダーの組み合わせである程度筆斑を抑えられます。

 細かい目の塗装も行いました。
 ウィノーブラックを塗った後にメタリックグリーンを塗っています。
 メタリックグリーンはMr.カラー。

 牛折神の顔もモウギュウダイオーの顔ももうチョイ作業が必要。
 牛の頭は目の周りに銀を塗ってやる必要があります。

 一部塗装の終了したパーツはMr.スーパークリアー光沢を吹いています。

 腰と武器は完成。
 ただ、股関節は塗らないほうが良かったかな……とか思ったり(汗)
 あまりに気にもならないのでこのまま。

 ディスクにはシールを貼り付け。

 今週中には完成予定。

 それはさておき、科学技術に金は出さなきゃ駄目だろうとか思いつつ続きます。
侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 侍合体モウギュウダイオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ 牛折神製作中。4

2009-11-18 00:00:00 | ミニプラ
 寒い!
 おかげで手ががさがさ……
 そこにシンナーがしみると軽く泣きます、いや、マジで。

 まあ、そんなことはさておき本日もモウギュウダイオー。
 今回は銀を筆塗り。
 使用した塗料はいつもどおりスーパーファインシルバー。

 顔の作業は細かいです。
 と言うか、もち手がないと不便。

 ……順番間違えました。
 先に黒で目の周りだけを塗っておくはずが……

 牛の頭も塗装。
 参考にした資料がわかり辛かったので、ビデオで確認しながら塗装。

 これも目の周りは黒で塗る予定。

 エアブラシでフォローし切れなかったパーツも塗ってやります。

 後は金と黒と白を塗れば大まかな作業は終了。
 いや、結構作業ある……

 ちなみに+αの塗装作業も行っています。

 むしろこれに意外と時間をとられている気が……

 まあ、それはさておき、スーパーヒーローの時間に出てくる主役サイドの牛モチーフのキャラはやたらと重火器満載な気がしつつ続きます。
 緑のあの鏡モンスターの印象は今も残っています……
侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 侍合体モウギュウダイオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ 牛折神製作中。3

2009-11-17 00:00:00 | ミニプラ
 最近ジャン○を読みながらなぜかデジャブを感じる今日この頃です。

 まあ、そんなことより、今回もモウギュウダイオーの作業。
 今回はエアブラシを使用するところを作業。

 まずはマスキングしてから銀の塗装。
 使用するのはもはや当ブログではお約束のMr.カラースーパーメタリックのスーパーファインシルバー。

 今回はそこそこうまくいきました。
 ちなみに下地は気にしていません。

 あと、スーパーファインシルバーは濃度には他の塗料以上に気を配ったほうが良い気がします。
 なんというか、今日は濃度で失敗してちょいと時間をロスしました。
 薄くても塗れている気がしたのですが、本当に気のせいで斑とかできてフォローに時間を……

 あと、間接とかのパーツに黒を塗装。
 使ったのはMr.カラーGXのウィノーブラック。

 細かいパーツが多いので一部はランナーを付けたまま塗装しています。
 この後ゲート跡を筆塗りの作業のときにフォロー予定。

 明日はまたマスキングして白を吹く予定。
 できれば筆塗りの作業も行いたいです。

 それはそうと、言葉っていうのは言う人によって重みが変わるもんだなとしみじみ思いつつ続きます。

侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 侍合体モウギュウダイオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニプラ 牛折神製作中。2

2009-11-16 00:00:00 | ミニプラ
 え~いくら悪の組織でも、朝からDVってどうよとか思う今日この頃です。
 まあ、アットホームというか、理想の職場過ぎる悪の組織もある意味嫌ですが。

 そんなこんなで、今日もモウギュウダイオー。
 パーツの切り出しが完了した後、部分塗装のパーツ、全塗装のパーツ、塗らないパーツを選別。
 その後、赤の塗装に入りました。

 使用するのはMr.カラーGXのハーマンレッド。
 GXは黒い下地でも何度か塗ればきれいに発色するのが良いです。

 すねパーツは入り組んでいて少し塗りにくいです。
 面倒ならシールを塗装して貼ってしまう方法もありかと。

 後はかなり楽。

 はみ出しもあんまり気にしなくて良いところや塗る面積が少ないので。

 ついでに赤いパーツのゲート跡のフォローも行いました。

 ただ、この作業は塗装の終わった(あるいは塗る必要のない)パーツに行ったほうが良いです。
 塗装前のパーツにやって、ゲート跡のフォローに使った塗料が塗装に影響したり、ボクみたいに成形色フィニッシュではみ出しをペイントリムーバーやらで落とす時にゲート跡の塗料も落として二度手間になったりするので。

 明日はマスキングなどを行う予定。

 まあ、それはさておき、某討論番組を見ながら人の話を遮る司会って何だろうね、とか思いつつ続きます。
侍戦隊シンケンジャー ミニプラ 侍合体モウギュウダイオー BOX (食玩)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加