gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)

2010-03-01 10:32:44 | 日記
 警察庁は25日、指名手配容疑者が美容外科を受診した場合に素早く発見、通報してもらえるよう、手配犯の写真や身体的特徴をまとめた手配書を全国の美容外科医院などに常備すると発表した。3月1日から運用を始める。

 顔を変えて別人になりすますという逃亡手口を封じることがねらいで、すでに情報提供に関する協定を「日本美容医療協会」(加盟医師数507人)と「日本美容外科医師会」(同514人)の2団体と結んだ。

 警察庁が指名手配容疑者の写真や身体的特徴を掲載した冊子を作成し、両団体が部内誌に折り込んで関係する医療機関に配布する。

 当初分には、地下鉄サリン事件などで手配されたオウム真理教信者の3人を含む18人を掲載、逮捕された場合など必要に応じて差し替える。

 医師には守秘義務があり、受診者情報を診療以外の目的に使用することはできないが、警察庁によると、目撃した指名手配容疑者を通報することには問題はなく、詳細な情報については公文書で要請して提供を受けるという。

 美容外科をめぐっては、昨年、英国人女性に対する殺人などの罪で起訴された市橋達也被告(31)が、逮捕されるまでの約2年7カ月間、愛知県などの美容外科で手術を受けて別人になりすましていたことが判明。逮捕後の顔立ちが逃亡前に撮影された手配写真と大きく異なっていたことが長期の潜伏を許した一因にとして警察庁が対策を検討していた。

【関連記事】
整形・肉体改造で手配時と“別人” 窃盗容疑の男
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
市橋弁護団vs捜査当局、すでに激しい“つばぜり合い”
日本男児もメロメロ 比オカマちゃんの魅力って?
ウッズ顔面骨折してた!妻にアイアンで殴られ

<環境省審議会>戦略アセスメント答申 計画検討で義務化(毎日新聞)
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警(時事通信)
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
高校無償化、外交は考慮せず=朝鮮学校の扱いで-川端文科相(時事通信)
輸入小麦5%値下げ=4月から、国際市況反映-農水省(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Web】「社長が武器を手... | トップ | 大津波警報発令=青森から宮... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。