巧遅拙速

良いことは早めに、でも焦らず良く考えてやることも大事ですね。

末は博士か大臣か

2017-07-14 20:19:08 | 日記
「末は博士か大臣か」というのは、子供の将来について期待を込めて使われる言葉です。

ここでいう博士というのは、湯川先生や山中先生のように社会に有用な研究成果を出す博士のことで博士号を取りたての人のことは示しません。
また大臣も高橋是清とか後世において良い大臣だったと評価される大臣のことで、当選回数が何回になったから大臣のポストについたような人のことは示しません。


「どうして社会では、勤勉な勉強熱心な学生は評価されないのですか。 」といいう質問がありました。

勤勉な勉強熱心な学生は評価し期待はしていると思います。だから大学を卒業したての学生を新卒で採用するのです。

ただ研究者での評価となると話は別です。研究者になるには博士号を取得し一人前の研究者である資格を有した上で、研究論文で社会貢献しなければなりません。そこまで行き着いて研究者としての評価なのです。博士号も取得できない人は研究者としてまだ一人前に成れていない人となるのです。

まあお金を払って勉強している間で高い評価を受けたいなら、勉強や研究の成果を学会発表して学会で評価されるしかないですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラブツーリズム 名古屋発... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。