新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

よさこい讃歌2017・・・刻まれた記憶⑧ 「二つの表情」 百華夢想、りぐる

2017-12-12 | よさこい讃歌
【百華夢想】














 
 全く異なった 二つの表情がある

 一つは 

 微塵も動かない かたくなさを保った瞳

 ただ その先にある

 一点を見つめる 眼差しだけが

 近づくことをさえ 拒否するような

 熱を帯びて 光る


 あなたは 心の奥に

 何を宿しているのですか


【りぐる】
















 そしてもう一つ

 今にもこぼれ落ちそうな喜びが あふれる

 抑えても 抑えても

 それは ほほに浮かび上がる

 生きてさえいれば いつかは

 薔薇の香りに 包まれる瞬間が 訪れる

 そんな時が 必ず来ると

 あなたは 口許の微笑みで

 語っているのですか


 緊張と緩和

 二つの表情が 共に心を震わせるのも

 一つの真実・・・


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2017・・・刻まれた記憶⑦  「静の一瞬」 茜丸、 さぬき舞人

2017-12-09 | よさこい讃歌

【茜丸】














 舞いは動だ

 ある一定のリズムに乗って

 体は 絶え間なく変化する

 振り上げる腕
 
 突き出す脚

 流れる瞳

 
 だが ある時

 その動く姿態が ピタリと止まる

 瞬間 がある

 そこに現れるのは

 劇的に人を引き込む 魅惑の表情

 思いがけず出会ってしまった

 魅惑の表情

 
 そんな 偶然の邂逅にこそ

 心震える 感動が沸き上がるのだ


【さぬき舞人】

















コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2017・・・刻まれた記憶⑥ 「成長への脱皮」 dance company REIKA組

2017-12-05 | よさこい讃歌
【dance company REIKA組】

















 人は ある年齢までは

 すべてのことを吸収して 成長して行く

 貪欲に わが身に蓄えて

 だが いつか

 捨てるという作業を 始めなければならない

 時期が やってくる

 
 15歳 あるいは 16歳

 自らが保護されて 育ってきた揺りかご

 与えられることに

 何の疑問も感じなかった 幼い心

 突き破らねばならない 大人の既成事実


 その渦中にいる若者は 切ない

 が  はるかにその時期を過ぎてしまった者にとって

 その若者の姿は 何と美しいことだろうか

 
 乗り越えることへの 葛藤と戦って初めて

 人は 真に生きることへの

 歓びを 獲得できるのかも しれない


















 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よさこい讃歌2017・・・刻まれた記憶⑤  「時代」  朝霞なるこ遊和会

2017-12-01 | よさこい讃歌
【朝霞なるこ遊和会】 

















 ある 閉塞した時代があり

 その 閉塞状況を打ち破る 

 衝撃の行動が あった

 シーザー  ナポレオン  織田信長

 それは 政治面に限らない

 レオナルド・ダ・ヴィンチ  

 コロンブス  ダーウイン  アインシュタイン

 
 
 彼らが体現したのは

 何物にも屈せず 突き進む

 強い信念と 行動だった

 

 押せ 押し進め
 
 何があろうと 立ち止まるな

 自らの主張するものが

 心から信ずることの出来るものなら

 何も 恐れることはない

 ひたすらに押すことで

 新たな時代が 拓かれる


 
 さあ 行こう

 未来の光に出会う その時を目指して























 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加