新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

モナリザがヴィトンのバッグに‟変身”した!

2017-07-22 | イタリア・ミラノ

 ポルディ・ペッツオーリ美術館から裏に回ると、ちょっと素敵にカーブする小道があった。

 個人的に、こんな一見迷路風な道が大好きだ。

 その先にはオメノーニの家。堅固な建物の壁に8人もの巨人が並ぶなかなかの光景。

 それぞれの表情は結構怖い。建物の主を守る役目があったのかも。

 こんな顔でにらまれたら、泥棒に入ろうなどという気持ちはすぐに消え去ってしまいそうだ。

 さらに、その先の広場にあった建物にも、怖そうな親父たちがずらりの顔をそろえていた。
 眼が白目だと、一層怖さが引き立つ。

 ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリアに向かう途中、レオナルド・ダ・ヴィンチ像にあいさつ。

 ガレリアの入口。ここもいつものように人であふれている。

 ガラスの天井。19世紀後半、当時の流行の最先端である鉄とガラスを使ったモダンな構造物として注目を集め、今もミラノっ子の社交場になっている。

 そのガレリアで目立っていたのは、ルイ・ヴィトンの店のディスプレー。著名な画家の絵画をバッグのデザインとしてあしらった作品が陳列されていた。


 レオナルドの代表作モナリザがバッグになっている。

 それだけでなく、こちらはゴッホ。

 さらに、ルーベンス。

 陳列の仕方は、作品の大きな画面をバックにして前面にカバンが置かれる形だ。多くの市民や観光客の注目を集めていた。


 その隣の広場では、モデルの撮影が行われていたので、遠目から1枚。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミラノでボッティチェリの‟も... | トップ | ドゥオモ博物館の彫像は、な... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hanano)
2017-07-23 17:22:50
gloriosaさん、こんにちは。
またまたご無沙汰しておりましたが、今回はイタリアの旅ですね。
相変わらずの魅力的な写真の数々に、目を楽しませていただきました。
新しいカメラの機能で撮影されたというヴェネツィアの風景は、
何だか物語の中の世界を見るようでした。
この記事の冒頭のカーブした小道、私も、その先へつい行ってみたくなるような、
こんな小道が大好きです。
未知の土地 (gloriosa)
2017-07-23 20:04:41
hanano様

 こちらこそ、ご無沙汰していました。

 今回はイタリアの結構ディープな場所も行ってきました。特にサルディーニャはあまり日本には紹介されていない場所で、好奇心だけで突入しましたが、結果とても素晴らしい人や風景に出会うことが出来ました。

 徐々に紹介して行きますので、時々覗いてみてください。 よろしく!

コメントを投稿

イタリア・ミラノ」カテゴリの最新記事