新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

祭ムードが盛り上がるサッサリの街を散歩する

2017-09-05 | サッサリ・サルディーニャ

 カステルサルドからバスでサッサリに移動した。バス停は市街地から外れたところにあったため、最初に失敗してしまった。というのは、方角を間違えて市街地と反対方向に歩きだし、途中で気付いて引き返したものの、約30分のタイムロス。

 ようやく旧市街に続くヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りに入った。この道はずっと上り坂。スーツケースを引っ張りながらホテルを目指す。

 ホテルはすぐに見つかった。チェックインすると、受付の女性が「カバルカータ・サルダのパンフレットはいりますか?」と声をかけてくれた。

 サルディーニャを訪れる第一の目的が、この祭を見ること。
「もちろん。そのために来たんだから」。それで会話が盛り上がり、祭りの見どころなどのアドバイスももらえる幸運に出会った。

 チェックイン後さっそく街歩きを兼ねて、祭り当日の行進コースの下見に出かけた。パンフレットによると、パレードは街中心のイタリア広場を含む2キロのコースをぐるりと一周するようだ。
 

 ヴィットリオ・エマヌエーレ通りは道路幅が狭いが、街のメインストリート。サッサリはサルディーニャ島の中ではカリアリに次ぐ第2の都市だ。とはいっても人口12万人と、こじんまりしている。

 カステッロ広場に差し掛かると、市が開かれていた。よく見ると、品物は大半がドルチェ。各地特産の菓子類が並べられ、市民たちは味比べをしながら楽しんでいる。私も特大のドーナッツを1つかじった。

 子供たちも、おいしそうにパクり。

 さらに歩いてゆくと、イタリア広場に出た。正面の立派な建物は市庁舎。

 中心にヴィットリオ・エマヌエーレ2世の像が建っている。

 祭当日のための規制線や関係者席などの設営が進んでいる。この感じでは、この広場は相当の混雑状態になりそうだし、関係者席の占めるスペースが大きそうだ。それなら別の場所の方が見やすいかも。

 そこで、パレードがスタートしてから北上してくるコースの交差点付近に陣取ることにした。そこなら午前中の太陽の角度が、パレードの人達に逆光にならないため、写真も撮りやすいはず。



 場所探しをしているうちに、果物市を見つけた。

 オレンジ、トマト、バナナなどいかにもカラフルな市だ。

 その近くの小公園にあったレリーフは、まるで仏像のような顔をしている。

 通りには蝶々の飾りつけが空に踊っていて、華やかなムードだ。

 この店の店頭デザインはかなり風変わりで眼を取られる。

 かと思えば、こんなカタツムリの看板も。

 これは「眼」のディスプレー。

 そんなぶらぶら街歩きをしながらイタリア広場に戻ったら、前夜祭の歌のイベントが始まっていた。さあ、明日はいよいよ祭本番だ。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この夜景を見ずして「絶景」... | トップ | まるでレース編みのように繊... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お祭り (がーこ)
2017-09-07 21:55:41
こんばんは〜!

ステキな街並みですね♪
世界各地、どこのでもお祭りは心が騒ぎます!

周りの人たちのワクワクが伝わるからでしょうか?
祭り本番の前に (gloriosa)
2017-09-08 19:41:47
がーこ様

 サッサリの祭りはとても華やかなパレードの続く楽しいものでした。
 その模様は何回かに分けて詳しくお伝えしますが、その前にドゥオモやそこで遭遇した結婚式も写真があるので、こちらも楽しんでください。

コメントを投稿

サッサリ・サルディーニャ」カテゴリの最新記事