新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

東京探訪 「千登勢橋」  過ぎ去った季節への哀切を想う瞬間

2017-05-15 | 東京探訪

 ある時期、北海道出身の倉橋ルイ子という歌手の歌に魅せられたことがあった。

 その中の一曲「幾春別の詩」 

 遅い北海道の春。廃坑となった炭鉱の町に吹きすさぶ風の冷たさと、荒涼とした風景を思わせる旋律と情感。 彼女独得の声質によって増幅され、胸に迫った。

 幾つもの春と別れを告げてきた半生を振り返るとき、戻れない時代への哀切を、その歌に見た。


 そして「千登勢橋」。

 別れの歌。
 池袋という盛り場からほんの少しだけ離れた場所。だが、決して人の温もりがないわけではない。

 橋の下には、高速で行き交う車と

 まだ昭和の香りを含んで走る都電荒川線の電車が行き過ぎる。

 大都会の片隅で育んできた 小さな恋。 でもガラスのように壊れやすい恋。
 それは、ちょっとしたきっかけで破たんしてしまうこともある。

 そんな瞬間に、この橋の上で遭遇してしまう。

 何かのはずみで手から離れたハンカチが ゆっくりと踊りながら 橋げたから落ちて行く

 見つめる女の耳元で、男がつぶやく 「さよなら」
 ハンカチと共に はかなく奈落に落ちて行く女の心


 倉橋ルイ子のふりしぼる歌声も、暮れて行く橋のたもとの雑踏にかき消されて ドラマは終わりを告げる。


 夕闇。 遠くにそびえるビル。動かない橋。

 この歌を繰り返し聞いたのは、もう何十年前だったのか。
 一度千登勢橋の上に立ってみたいと、思い続けて、忘れたころ ここにたどり着いた。


 この日も たくさんの人たちが橋を渡り、また橋に佇んで、
 それぞれの思いを胸に抱えながら、一日の終わりを迎えようとしている。 


 
「千登勢橋」 作詞 門谷 憲二  作曲 西島 三重子

 駅に向かう学生達と
 何度もすれ違いながらあなたと歩いた
 目白の街は 今もあの日のたたずまい
 指をからめ いつもと違う あなたの優しさに気づき
 もうすぐ二人の別れが来ると 胸が震えて悲しかった
 電車と車が 並んで走る それを見おろす 橋の上

 千登勢橋から落とした 白いハンカチが
 ヒラヒラ 風に舞って
 飛んで行ったのはあなたが
 そっと さよならを つぶやいたときでしたね

https://www.bing.com/videos/search?q=%e5%8d%83%e7%99%bb%e5%8b%a2%e6%a9%8b+%e8%a5%bf%e5%b3%b6%e4%b8%89%e9%87%8d%e5%ad%90&view=detail&mid=57A11AF3F896AF5CE77557A11AF3F896AF5CE775&FORM=VIRE

明日からしばらくイタリアに行ってきます。そのため6月上旬までブログはお休みしますが、その後はイタリアの新しい風景、祭り、美術などを紹介したいと思っています。よろしく!
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京探訪 東京三大たい焼き... | トップ | ヴェネツィアのメインストリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。