新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

パリ・モンマルトル紀行⑨ アール・ヌーヴォーの地下鉄駅とパリの夕景

2017-01-31 | パリ・モンマルトル

 アントレ・アントワーヌ通りの階段脇の家にはかつてスーラやモディリアニが住んでいた。

 階段の一番下には、1887年築の自由劇場があり、芸術家たちが頻繁に出入りしていた場所だった。

 地下鉄アベル駅に着いた。アール・ヌーヴォーのオリジナルの出入り口が残っているのはパリでもこの駅ともう1つくらいとか。

 天井付近にも細かな細工が施されている。

 反対側から見ると、こんな具合だ。

 ピガールのイタリアンの店でピザをほおばり(意外にすごくおいしいピザだった)、ホテルに戻った。

 ホテルは古くて従業員の対応もぶっきらぼう。お世辞にも清潔とは言えない部屋だったが、モンマルトルを散策しようという目的にはぴったりのロケーション。地下鉄駅に近くムーラン・ルージュそば。しかもリーズナブルで、ホテルの質は二の次という選択だった。


 部屋は6階。窓を開けて外を眺めると、通りがオレンジ色に変わっていた。

 パリは、ビルの高さが規制されているのでスカイラインがきれいにそろって美しい街並みを形成している。

 車の流れを眺めながら、買ってきた安ワインで一杯。

 通りの奥の突き当りがクリシー大通りだ。

 すっかり夜の領域に入ろうとしている。今日は相当歩いた。さあ、ひと風呂浴びて疲れを取ろう。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリ・モンマルトル紀行⑧ 世... | トップ | パリ・モンマルトル紀行⑩ ク... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なぜか憧れが (omoromachi)
2017-02-01 00:43:47
gloriosaさん、こんばんは。

なぜかモンマルトルの名前を聞くだけで憧れてしまいます(笑)。美的才能のない私としては、モンマルトルで花を咲かせた芸術家達の活動の様を想像してワクワクしてしまいます。

好きな画家の一人のモディリアーニを訪ねてモンマルトル墓地を訪ねたことがありました。四半世紀前のことですので、モンマルトルも変わったのかも知れませんが・・・
地下鉄アベル駅の出入り口もかつてのパリの面影を残しているのでしょうね。

治安の問題などもあり、夜は歩きにくいと思いますが、一度は夜のパリも散策下みたいものです。
モンマルトル (gloriosa)
2017-02-01 21:47:49
omoromachi様

いつもご覧いただいて有難うございます。
モンマルトルはオペラ座付近の雑踏と違って郊外の雰囲気が漂う場所なので、散策には向いている場所だと思います。
それと、印象派の画家たちは、ルネサンス時代と違っていくつも痕跡が残っていますから、歩いていてもより身近に感じられるのが楽しいです。

モディリアーニの墓は、モンマルトル墓地ではなくて、もっと東側のペール・ラシューズ墓地にありますよね。そこを訪ねた時のレポートが、旧ブログにありますので、ここにURLを貼っておきます。お暇の時にご覧ください。

http://jun-gloriosa.cocolog-nifty.com/blog/cat46616659/index.html

また、モンマルトル墓地の模様は次の次あたりでアップします。
 
そちらの旅行記もたのしく拝見させてもらっています。
間違っていましたね (omoromachi)
2017-02-02 23:45:14
gloriosaさん、こんばんは。

知ったかぶりして、堂々と間違ったことを書いてしまいました。お陰で1995年アルバムを20年ぶりに開いて見ました。モンマルトン墓地ではハイネのお墓の前で写真を撮っていました。同じ日にペール・ラシューズ墓地も訪ねたようです。モディリアーニとジャンヌ ・ エビュテルヌの墓と書いてありました。どのように行ったか記憶にありませんが・・・当時私の髪の毛もフサフサでした

次々回、モンマルトン墓地について楽しみに待っていますね。
私もよくやります (gloriosa)
2017-02-04 10:18:44
omoromachi様

 いえいえ、私もよく勘違いしてしまうことがあります。特に外国で同じ日に何か所も似たような場所を訪れたりすると、帰国後にどちらの場所で撮った写真かわからなくなってしまうことがしばしばです。

 でも、何かのきっかけで過去の思い出がよみがえるなんて、素敵だと思います。それで、また旅がしたくなったりしてしまいますね。

コメントを投稿

パリ・モンマルトル」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事