新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

サンマルコ広場ーヴェネツィアの祝祭広場

2016-05-09 | イタリア・ヴェネツィア


リニューアル第1回目は、やはりタイトルにふさわしくイタリア・ヴェネツィアの表玄関であるサンマルコ広場からスタートしよう。


ナポレオンが「ヨーロッパで最も美しい大広間」と賛美したこの広場は、その多様性、歴史、華麗さなど様々な点から見ても傑出した場所だといえる。

この付近はもともと疎らに木が生える小さな島だった。しかし、商才に長け、卓越した航海術を持つヴェネツィア人がアドリア海の支配者として富を築くと、


広場には政治を司る場としてドゥカーレ宮殿が築かれ、


信仰の中心であるサンマルコ大聖堂が建設された。


また、平行に並んだ2つの新旧行政長官府の建物が広場を囲んで、


様々な祝祭の行事がここで行われるようになり、まさに共和国の表玄関としての存在感を増していった。


広場のランドマークは1515年に完成した鐘楼。高さ98.5m、頂点には金色の天使が備え付けられている。
この鐘楼は、1902年7月14日朝、突然に倒壊したが、今はエレベーター付きの塔が再建されている


広場の空間は、奥行157m、幅82mもの広さを誇り、大聖堂側が奥より広い変形四辺形になって、より遠近法が強調される形を形成している。

大聖堂を背にして左側(海側)には、有翼の獅子像と、サンマルコの前まではヴェネツィアの守護聖人だった聖テオドーロの像が円柱の上に載っている。

また、右側には時計塔。


その屋上には2人のムーア人が鐘を突く役目を担って立っている。


ドゥカーレ宮殿は、軽快でエレガントなヴェネツィアンゴシックの美を誇っている。


そして、大聖堂はビザンチン様式をたっぷりと取り入れた唯一無二の華やかなファザードに彩られ、その正面が夕日に照らされる時刻、また鮮やかにライトアップされる頃は、表現しがたい美しさに圧倒される。

 チャールズ・ディケンズは「非現実で、幻想的で、荘厳で、どんな想像も及ばない」と、絶賛している。


ブログ「イタリアの誘惑」を連載してきましたが、掲載容量がほぼ一杯になったため、新しいブログを開設しました。従前同様にご訪問いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | サンマルコ聖堂正面には聖人... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早速登録しました (omoromachi)
2016-05-26 23:00:43
gloriosaさん、こんばんは。

新しいブログ早速登録させて頂きました。この画質で観るとやはりヴェネチアは素晴らしく綺麗です。
サンマルコ広場は本当に美しい広場で、周りから音楽も聞こえて来て1日中のんびりとしたくなる場所ですね。

gloriosaさんの本当に美しい写真と細かな描写の文書を読みながら、私も楽しい旅をさせて頂いています。これからも宜しくお願い致します。
Unknown (gloriosa)
2016-05-27 10:21:34
omoromachi様

 早速のコメント、有難うございます。こちらのブログは、写真も大きめに掲載できますし、広告もうるさくないので気に入っています。しばらくはヴェネツィアを中心としたイタリアシリーズを続けたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
おはようございます♪ (がーこ)
2016-05-28 05:52:03
こちらにも、お邪魔致します。

早速ヴェネツィア、やはりステキですね!

引き続き、美しいお写真と楽しい記事を拝見させていただいて嬉しく思います♪
有難うございます (gloriosa)
2016-05-28 11:31:03
がーこ様

 こちらに引っ越しました。前のブログではかなり長くドイツを連載しましたので、新ブログは原点に戻ってイタリアのシリーズから入りました。
 ヴェネツィアの教会を中心としたものと、そのあとでは南イタリアの美しい風景を、と思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。