カトリック情報

katorikku jyohou

検邪聖庁は教会のために教皇の権威をもってF1を聖職停止とせよ

2016年12月07日 | アモリス・レティティア戦争

The Prefect of the Congregation for the Doctrine of the Faith has told Kathpress that the dicastery charged with upholding the Faith of the Church would not be involved in the discussions because it acts and speaks “with the authority of the pope” and “cannot participate in the controversy of opinions.”

Cardinal Müller further explained that though the dubia  were personally addressed to the Holy Father, Pope Francis could commission the CDF to “settle the dispute ad hoc”.

https://akacatholic.com/muller-francis-birds-of-a-feather/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時宜にかなった励ましの言葉... | トップ | 4枢機卿の質問で追い詰められ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アモリス・レティティア戦争」カテゴリの最新記事