タソガレブログ

読んだ本のこと。観た映画のこと。マイブームはころころ変わります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

企画 「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」

2011-06-08 02:27:37 | アニメの感想
今回も企画に参加させていただきます。
☆重要なお知らせ 企画 「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」を開催! 多くの方の参加をお待ちしております まどか☆マギカ、IS、レベルE、君に届け等


放浪息子

ストーリー 4
第1話がいきなり中学生からだったので戸惑ったのですが、最終的にみると
必要な選択だったのでしょうね。
登場人物たちの心情を丁寧に描き出すストーリーはすてき。
毎回はらはらして続きが気になった。青春て痛いんですね。

キャラクター性 2
にとりんの声優は少しずつ良くなってたと思う。
しかし1話の泣き演技は棒過ぎて萎えた…この作品は第一印象はかなり
悪かったんですが、回を追うごとに良くなってきた、というかんじ。
最初からこうだったらもっとよかったです。
すごく好きになれるキャラというのがいなかった。あ、でも土居くんはちょっと気になってる。
高槻さんは後半あの扱いでいいのか。OPやED見るともう一人の主人公扱いなのにww

画 5
原作の水彩画がそのままアニメになったような彩色好きです。
デジタルでリアルに描くという最近の動きに逆行したような絵でしたが、でもアニメは絵なんだからこれでいいんだよ。

演出 2
キャラクターが多かったので始めは覚えるのが大変だったり、急に原作の途中から始まったり。ちょっと親切じゃないかな。

音楽 4
OP、ED非常に良かったです。どちらも作品の世界観に合ってた。
BGMも、このふわふわとした絵でぐさりとくる作品の空気に合ってました。


総合的な評価 4
周りに誰も見てる人いなかった。オススメしたんだけど…誰か見てくれないかな。
じわじわくるいい青春ドラマですよ。

計 21



みつどもえ 増量中!

ストーリー 3
1話1話のストーリーはいつも通り面白かったです。ただ第1話がガチレン回なのは
いかがなものかwwww
8話で終わったのってやっぱり打ち切りなの?けっこう面白かったけどなぁ

キャラクター性 5
みつご以外も先生とか杉崎とか宮なんとかさんとか面白かった。
私はひとはとやべっち好きなんです。
ひとはは1期では心中のセリフが多かったのですが、2期になって
口で言ってるセリフが増えてみんなと仲良くなれてよかったなーって
おねえさんは思ったよ。やべっちのおかげだと思うよ。

画 3
こどものぷにっと感がいいと思う。
お父さんだけ作画が劇画タッチで面白いw

演出 2
1クールなかったのでしょうがないとはいえちょっと詰め込み過ぎた?

音楽 3
OPがむっちゃ好きです!

総合的な評価 3
なんとなく見てみた初心者には難しいですね。お下品だしw
見るなら1期からね。

計 19



魔法少女まどか★マギカ

ストーリー 4
この作品の方向性が示された3話以降が面白かったです。
10話はほんとに鳥肌でした(なんとなく分かっていたとはいえ)
この流れでいったいハッピーエンドなんて無理だよ。わかんないよ。
と思っていたみんなを救った最終回。
…べた褒めしておいて評価は「4」なんですけど、なぜかというと
こういったパターンの作品が他にもあるからです。ただしこんな可愛らしいキャラクターで
こういう残酷なストーリーにしたという目の付けどころは素直にすごいと思う。

キャラクター性 3
一番強烈なのはなんといってもQBでしょう。
そしてほむほむ。斎藤千和の演技は神でした!!

画 4
戦闘シーンが他と違う作画だったのも面白かったです。
恐い絵本を読んでいるような感覚でした。

演出 4
ストーリーとキャラデザのミスマッチさは斬新でした。
10話以降の盛り上がりも素晴らしかったです。
11話と12話の間に1週間あって、焦らしてくれても良かったなと思うぐらい。

音楽 5
梶浦由記の曲はほんと恐いですね…合いすぎてて悪寒がしました。
OPは最初あまり好きではなかったのですが10話を見てほんとに好きになりました。

総合的な評価 3
最後まで見れば満足度は高いです!けど簡単におすすめは出来ないかなと思います。
うっかり挫折したら印象がかなりわるい作品ってことになってしまいそうw
アニメはエンターテイメント=楽しいものであってほしい。
でもこの作品には見入られました。

計 23



STAR DRIVER 輝きのタクト

ストーリー 4
2クール見続けられる勢いがある作品だったと思います。
アクの強い新キャラクターがどんどこ登場して、次々事件が起こり
アホな回とシリアスな回がバランスよく廻ってきて飽きませんでした!
このへんは脚本の榎戸さんの手腕でしょうか。

キャラクター性 5
全部のキャラが魅力的でした!声優も全部合ってたし。
ウテナと違って主人公が最後まで無敵にぶれませんでしたね。

画 5
戦闘シーンの作画が熱かったですね。まぁ、無敵でしたけどw
タクトの変身シーン好きでした!

演出 5
綺羅星☆やアプリボワゼが流行りましたね!(自分の周囲で)

音楽 2
巫女の歌、とくにサカナちゃんのが好きでした。
OPEDは後期のほうが好きです。

総合的な評価 3
大好きだったんですけれども。
リアルタイムで一緒に盛り上がって見たからこその面白さだったような気がするのです。
もう一度始めから見直そうという気にはなりそうにないかなー。
最終話も、王道セオリーに最終回らしくカッコよかったのだが、
いろんな設定やフラグを放り投げて終わってしまったのはちょっと頂けなかった。
もっと何も考えずに観ればよかったのかなとも思いますが、あれだけ
意味深なSF設定や哲学的な意味があるんじゃないかと邪推させるセリフがあると
アレコレ考えられずにはおれなかったんですよね。
それをスタドラクラスタのみなさんと語り合うのも楽しかったのです。
でも、終了してから(一人で)一気に見てみなよ!とオススメするのは気が引けます。
うーむ。評価するというのは難しいですね。

計 24


今回も数作品しか見ていないので、ベストキャラクター賞等は省かせて頂きますが、
1つだけ投票してもいいなら、ベスト声優賞(女性)は斎藤千和さんでお願いします!

投票集計いつもありがとうございます。

TBが反応してないかと思って何度も送ってしまいました…失礼しました…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「モップの精は深夜に現れる」 | トップ | 「伏 贋作・里見八犬伝」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。