台湾高雄地歴学

台湾高雄をを地歴の観点から考えます






ポルトガル

2017-05-17 19:46:43 | 日記
16世紀中頃オランダに先駆けて、ポルトガルが台湾を発見した。アヘン等の売買のみで、植民地経営はしなかった。なぜなのか?この当時のポルトガルはジョアン3世の頃であるが、
モロッコの都市の経営は国防などの経費がかさむ事があり、撤退していた。ポルトガルという
国力に見合わなかったのである。そういった背景があり、新たに植民地経営には関心を示さなかったのであろう。この頃は植民地より、布教活動に力を入れていた。かのフランシスコザビれエルの時代はちょうどこの頃である。

はたしてザビエルは台湾に立ち寄ったのであろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル | トップ | フランシスコザビエル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。