広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポルトガル

2017-05-17 19:46:43 | 日記
16世紀中頃オランダに先駆けて、ポルトガルが台湾を発見した。アヘン等の売買のみで、植民地経営はしなかった。なぜなのか?この当時のポルトガルはジョアン3世の頃であるが、
モロッコの都市の経営は国防などの経費がかさむ事があり、撤退していた。ポルトガルという
国力に見合わなかったのである。そういった背景があり、新たに植民地経営には関心を示さなかったのであろう。この頃は植民地より、布教活動に力を入れていた。かのフランシスコザビれエルの時代はちょうどこの頃である。

はたしてザビエルは台湾に立ち寄ったのであろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル | トップ | フランシスコザビエル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿