Team MIHO 年子3人ママからのLove letter♡

年子3人育児奮闘中!
子供たちとの思い出・お出掛けなどを綴っています。
家族で地球を遊び尽くすのが夢☆

ディズニー☆年パス体験を振り返って

2017年04月21日 |  2016 TDL年間パスポート

ママ友ファミリーが年パスでディズニーを楽しんでいるのを知って、我が家も!と購入したのが昨年の5月。

パパ・ママ、3歳の長女・1歳半の長男+(2ヶ月の次女はお留守番)というスタートでした。

年パスは大人1人63000円×2=126000円。

子どもたちがディズニーに行きたがったわけではなく、

私たち親も、キャラクターやアトラクションに全く興味はなかったけど、

せっかく近くにディズニーがあるんだし、子ども料金が発生する前にと購入に至りました。

1年間で18回インパークしたけど、その価値はあったのかというと、正直言って微妙なところ。

我が家の場合、私たち自身が特にディズニーファンではないため、

年パスを買ったからには!と意地になっていた部分もあったりして、、、

パパは「え~っ!またディズニー」なんて言っていたこともあります。。。

 

とにかくパークは激混みすぎ!!

平日、子どもたちに保育園を休ませてまでインパークするという考えはなく、

我が家は土日のみのインパークだったので。行ったら行ったで、それなりに楽しんでいたとは思うけど、

子どもたちは近所の公園やショッピングセンターの方が好きだったし、私が期待するほどではなかったかな。

あくまで、我が家の場合ですが。長女が「ミニーちゃん、大好き♡」と言っていたのが救いです。

実際楽しめるのは、4歳以上からのような気がします。やっぱりよくできていますよね。 

 

もちろん、すごく楽しんでいるファミリーもいっぱいいます。

私が住んでいる地域では、だいたい1歳くらいでディズニーデビューするファミリーが多いですが、

やっぱり平日にインパークしていますね。

先にパパがインパークし、ファストパスを取って、パパひとりでアトラクションを楽しんでから自宅に戻り、

再度家族でパークへ向かうファミリーもいますし、

パパと子どもだけでインパークし、ママはたまに付き合うというファミリーもいます。

 

思い返してみると、私のディズニーデビューは、ロスのディズニーランドでした。

当時、中学生だった私には、異国の衝撃的な楽しさがありました。

そして次は修学旅行や卒業旅行で行った、東京ディズニーランド。

その後はシーにも行ったし、楽しんだ記憶があるのですが、、、今はその時のようなワクワク感がない。

パークを楽しむというよりは、子どものお世話に気がいってしまっていたからかな。

 

定員の2倍は入れているという噂のある、東京ディズニーランド。

楽しみが半減するいちばん大きな要因は、激混みすぎること!!

「非日常」を感じさせてくれるはずの夢の国が、「日常」になってしまっていました。

パークのものばかり食べさせたくなかったので、よく持参していた米粉で作ったパンケーキ☆

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月16日のディズニー☆ | トップ | やっぱりJ:COMは当たりやすい♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む