glimi

生きること:過去と未来とエスペラントと

古いガマ口

2017-03-07 16:09:11 | 家族・友人・私


 土曜日姉が入った野田市にある介護ホームを訪問しました。ティッシュペーパーとかミカンやお菓子はかさばるので途中乗り換え駅の柏で買いました。電車に乗っている時間だけでも往復6時間でした。インターネットで施設案内を調べると駅から12分とありました。私はかなり速足で歩けるのですが20分ほどかかりました。住宅街を歩いているのですがほとんど人影を見ません。本当に正しい道を歩いているのか不安になりました。

 これを渡しておかなくてはと渡されたのが写真の財布です。母が使っていたものを母の死後ずっと使っていたのだそうです。母が亡くなってもう42年です。息子の妻に死後はすべて処分しますと云われたと私の所に次々に荷物を送ってきていたのですが、これが最後の捨てたくない物のようでした。


 貧血で入院したのですが入院中に3キロも体重が減ったそうです。姉が入ったのは3人部屋で、費用は月30万円。もし、要介護が認められると少しは安くなるそうです。でもここは終の棲家じゃないわね!と姉。家にいれば花に水をやったりちょくちょく動けるのにすることもないし、いろいろ食べて体重にを増やし、柔軟体操をして筋肉を付け自宅に帰ってヘルパーさんの助けを借りて生活すると意気込んでいました。

 ホームの雰囲気というのは普通の病院とは違っていました。閉鎖病棟の匂いがしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掃除 | トップ | 3月8日は?! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族・友人・私」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。