glimi

生きること:過去と未来とエスペラントと

兄帰宅

2017-04-20 16:42:04 | 家族・友人・私
 姪家族が兄を連れて帰郷しました。準備の時、兄がいると作業がはかどらないというので昨日は兄を迎えに行き我が家で預かりました。背が曲がり本当に小さくなりましたが、階段もきちんと一人で上がることができました。
 昼は気持ちだけ、タケノコご飯を炊きました。副菜の野菜やみそ汁もきちんと食べました。姪の所は夕食が遅いので4時にケーキとコーヒーのおやつ。コーヒーだけでは足りなさそうでした。コーヒーの後は緑茶をたっぷり。
 本当にお茶が好きです。食に好き嫌いのある人ですが一日にどれほどのお茶を飲むのでしょう。2リットル?それとも3リットル?
 母はお茶で一日分のビタミンCを取る人と兄のことを言っていました。

 まだ、車のなかかもしれません。連れてきた猫も一緒です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツの子ども | トップ | 町内会班長会議 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
回復なさってよかったですね。 (案山子)
2017-04-20 21:06:13
高齢で遠距離というのは貴重な機会でしたね。
私は明日、久しぶりに母に会いに行きます。耳が遠くなって電話で話ができなくなって残念です。100歳。きっと首を長くして待っていてくれるでしょう。そういう母を持った私は幸せ者です。
再コメントで失礼します。 (案山子)
2017-04-20 21:12:11
glimiさん、私たち長い付き合いですね。笑
右側のトラックバックの母のことを書いた「お手玉の話から」をクリックしたら、母は当時88歳とありました。
glimiさんのコメントも。私の返信ナシでごめんなさい。あれから12年。いつまでやりとりできるのでしょう。お互い健康でありたいですね。
良かった、良かった! (verdavojeto)
2017-04-20 23:24:48
食が進むと言うことは健康だからでしょう。
一件落着というところ?
良かったですね。
Unknown (glimi)
2017-04-21 05:26:19
一件落着です。
 姉からは施設から一日戻って庭の草取りをしたと連絡がありました。家に帰ったらまたよろしくと云うメールも。こちらの方が手が焼けます。

案山子さん、老齢になってから耳が聞こえなくなると本当に気の毒です。こちらが話しかけても勘が鈍いのか気がつきません。向こうが話しかけてきた時に返事してもなかなか通じない、大声をあげるとまるで争って言うようで・・・。長話ができません!
本当に同感です。 (案山子)
2017-04-21 06:00:12
これから遠距離の母のもとに向かうのですが、脳梗塞で倒れてからすっかり耳が遠くなりました。退院後はまだ、自分の預貯金の内容もぴったりと覚えていて、今後のことについてやりとりできました。もう聞こえないからと言って電話にも出ません。でも、いろんなことを思っているとは思います。同居している弟からは食欲はあって元気と連絡は受けているのですか。大きな声でしゃべるのはこちらがつかれるので、シンプルな会話しかしなくなります。
心は生きている! (glimi)
2017-04-22 06:05:48
 姉にが余りにもいろいろと甥に要求するので先日彼女にメールしました。少しは息子のことを考えてほしいと!
 返事で曰く:体は動かなくなってゆきますが心は生きています。

 つまり欲求は尽きないということでしょうか。笑ってしまいました。
 後知らんもせ!と云えないところが姉妹の辛いとことです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。