glimi

生きること:過去と未来とエスペラントと

古い切り抜き帳Ⅴ

2017-06-19 09:32:41 | エスペラント
  昭和41年(1966年)の5月と7月にいぬいとみこさんがファンタジーについて書いています。その初めに‘エルマーのぼうけん’について書いています。エルマーシリーズ3冊はむすこたちがせがむので幾度も繰り返し読み聞かせました。引越しの際も処分しないで3冊とも押入れの中で眠っています。仕事場でも子どもたちに何度も読んでやりました。

 いぬいとみこ著『木かげの家の小人たち』が再出版されたのは翌年の8月です。いまだに私の手元にあります。深く心に染み込み友人や姪などにも読ませました。

 内容は戦争中小人の世話をしていた少女が小人を連れて田舎に疎開し苦労する話ですが、単なる苦労話に終わっておらず、ファンタジーとして成り立っているところがとても好きなのです。この物語をエスペラントに訳してみたのですが、ひどくこだわっているのにうまく訳せない情景があります。夕焼けです。彼女は‘壮大な夕焼け雲’と表現していますが、それをエスペラントに訳したらどのような表現になるのか。以前ブログに空襲で両親を失った友達のきょうこちゃんについて書いたことがあると思います。彼女と幾度も大空いっぱいに広がる夕焼けを見ました。空襲を思い出して泣く彼女と夕闇が迫るまで声の限り泣き続けました。壮大な夕焼けとは私にとっては友達の悲しみと一つになっています。形容詞を一つや二つ付けたくらいでは表現できないのです。訳すということは言葉を置き換えることではないと分かっていますが、本当に難しいものですね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エスペラントの日 | トップ | 梅を漬ける »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
glimi 様 (こがら)
2017-06-20 07:34:42
お早うございます。はやばやとご訪問頂きうれしく思います。
glimi さんは、かつてお子さん達に読み聞かせたこともある 「いぬいとみこ」 さんの、 もう一つのご本の翻訳をされていられるとか。「夕焼け」 をエスペラントに訳すことの難しさに触れていられますが、私も英文和訳の真似事をしていたのでよく分かります。一応意味が通って、日本語としてあまりおかしくなければいいとする程度でしたが。

xyf
<
6b xyqai
言葉を置き換えただけでは訳にならない (verdavojeto)
2017-06-20 07:40:26
と言う事、何度も実感しています。
表敬訪問などと言うグループの、意味も無い美辞麗句の挨拶が長ったらしく時間の無駄だし、その一字一句の意味を考えていたのでは私の仕事は終われそうにもないので、良く省きました。
結論は極端に短く終わるため、英語側から「全部訳していないでしょう?ヤケに短かった」と半ば苦情を言われました。これに説明或は良い訳をするのにも理解してもらえそうも無い事を話さなければならないし、うやむやな返事で誤摩化したものです。

昨日友人との会話で「Bucket list」出てきました。
これを「バケツ・リスト」又は「Sitelo-listo」と訳して、日本語でもエスペラントでも解る人が居るでしょうか?英語を知っていても、昨日の友人の用に知らない場合はあります。
その意味は後日。
こがらさま (glimi)
2017-06-20 20:48:52
何度も試みるより方法が無いのかもしれません。
 私も自分の未来に希望を託すのはちょっときびしい年齢になりました!
楽しみにしています。 (glimi)
2017-06-20 20:58:15
 まさか不用品などと云うのではないでしょうね。楽しみにしています。

 ニュージランドでハイキングの後エスペランチィストとエスペラントを知らない人が冗談を言ってゲラゲラと笑っていました。私に云うことにはこの冗談は英語を話せない人には通じないないので訳さないよ!
 日本語だってそうですよね。
 90年ころだったでしょうか、イタリア人の女の子に〈みやび〉の説明をしてと云われて困りました。その子後に東大で学んでいました。
 五年くらい前に両親にあったらアメリカの大学で働いてい入るということでした。異文化を乗り越えて行ける人は本当にうらやましいです。話はそれてしまいました。

コメントを投稿

エスペラント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。