glimi

生きること:過去と未来とエスペラントと

山椒の葉を使って

2017-05-12 09:39:03 | 衣・食・住
 連休の初めに山椒の葉が伸びてきたのに気付きました。若い山椒の葉を使って山椒とジャコの佃煮風のものを作ってみたいと思いましたが、買い物にできる気がしなくて作ったのは連休明けの8日でした。

 ブログに書くつもりなら分量を計っておけばよいのに、私のすることはいつもおおざっぱです。ちりんめんジャコフライパンに半分強の分量でした。山椒はもう若葉から青葉に成長し始めていましたが大きなざるにいっぱい鋏を使ってなるべく若そうなところを収穫しました。炒りクルミはいつもパンに入れているのを200グラムほど。
 ジャコを空煎りし山椒を加え、みりん・黒砂糖・醤油を加えて水分を飛ばし、最後にクルミを加えて仕上げました。山椒は葉の筋が少し気になりましたが、味はとても良かったです。自分好みの味ですから市販の佃煮の様にそのまま冷蔵保存とはゆかないので小分けにして冷凍保存しました。
 冷凍保存をしたものを出してびっくりしました。油は全く使用していないのにクルミから油がでたらしく、つやつやと光っていて美味しいのです。
 来年は若芽がでる前にちりめんジャコを買っておき、山椒の若芽がでたら作ることしましょう。歯の悪人にはおすすめできないほど堅いですが、噛めば噛むほど味がでます。

 我が家の山椒は毎年黄色い花をつけますがいまだに実ったことがありません。今回も花に触らないようにして葉を収穫しましたが、実は実るでしょうか。
 昔住んでいいた公舎の垣根は山椒で、実を沢山つけました。近所の方が青い実を収穫して佃煮風にして持ってきてくれました。あの味も試したいと思っているのですが・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳の下にドジョウは? | トップ | 空はまだ明るい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

衣・食・住」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。