宇(そら)宙を編む人

宇宙と地球の自然と旅が好きな私が紡いでいく日々のあれこれ。どなたかの元気と笑顔の燈火になるブログです。

つる姫の島ぐらし~42日目・歴史と昭和の島へ♪~

2017-05-15 | 日記

昨日はお友達になったTさんに誘われて、Tさんの友達のKさん夫婦とともに、大崎下島に行きました。
メインはその島の元映画館だった場所でのコンサート。

大崎下島。上島とは全然違います。
フェリー乗り場を下りると食堂とかお土産物屋さんがあって、観光地化が進んでる感じでした。
島の観光案内の地図を見ても、興味深い島だと感じます。
私にはまったくイメージがなかったのですが、町を歩いていると、女子が好きな町、って感じました。
友達や娘を連れてきたい町です。
大三島とは違い、住みたいとは思わなかったけど。

街並みの写真を載せますね。

















コンサート会場のおとめ座。


もともと映画館だったのですが、保存して今はコンサートとかそういうのに活用しているのでしょうか。
中に入って目がうるうるです。


二階席になってて、座るのは畳。歌舞伎をみるところみたいな。

私たちが座った1階は、奥の方の畳が斜めになってて、写真が写せなかったので説明しにくいですが、後ろが高くなってるんですよ。
傾斜があるんです畳の間に。

そこで素晴らしい演奏を聴いたのですが、その演奏に対する感想がすごく深くて、今日この場で一言でいうのは難しいんですが。
ハンマーダルシマーの演奏(小松崎健さん)は心に響いて、涙しました。
もう一組は、やぎたこ。知りたい人はググってください。

この方達の演奏を聴いて、私は音楽ってすごいな、って改めて思いました。
そして思いました。
音楽をやっている人と、絵画を描いている人の違い、・・など。両方できる人も多いけど。

曲とか歌は、悲しみの中から生まれたのか、ハッピーな時に生まれるのか。
こんな風に音や歌を聞いたことはかつてありませんでした。
私が何気なく聞いていた曲や歌の出来た経緯とか時代背景、これはまたも私の文章力ではお伝えできない思考の流れ。

現実から離れて、島ぐらしは40日を越えました。
それ以前に60年生きてきてそりゃあもう色んな事がありましたが、私は今、ものすごくすごい体験をしているのだろうなあって思います。



すいません。
書き表せないものが心の中にあります。

このブログを読んでくださっている皆様。
一度しかない人生。自分のこころに素直に生きてください。
それが出来れば苦労はないよ、って、私も思ってました。
人としての責任や義務や柵やら、色々あって、私のようなものが色々言っても、あんたと私は環境も立場も違うって思われると思います。

でも、もし今あなたが、ジレンマとかにさいなまれているとしたら、自分の直感、自分はどうなりたいのかってことに、しっかり向き合ってほしいのです。
上手く言えません。
でも、今の自分としての命は一度きりなんですよ。
謀反をおこすことも、許されていい時もあるのでは。。


何が言いたいんじゃ。

ともかく、素敵な島の風に吹かれ、素晴らしい音楽を聴いてそんな事を思った一日でした。


帰宅した直後に宅急便が来て



今度は息子夫婦からの母の日プレゼント。
ここに至るまでの事のすべてをご存じない方も多いでしょうが、私の人生それほど悪くはなかったかなって思えた一日でした。

おまけで



なんじゃここ。



おススメできない海鮮丼(爆)写真と違い過ぎるぞい。



帰りは高速船に乗って、



操縦室?ってかこんなところがばっちり見えて、興味津津でした。





小さい船なので、すぐそばがこれ。



どうにもこうにも、うまくまとまらない記事になりまして、大変申し訳ないです。
今週も連荘で島を出るので、ブログの更新がなくても多分生きてますのでよろしこ。


感謝をこめて
http://blog.goo.ne.jp/pinkymermaid26










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つる姫の島ぐらし~41日目・... | トップ | つる姫の島ぐらし~しばらく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。