いつか戻る楽園の日々

2017年4月から二ヶ月の、素晴らしい島暮らしの日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つる姫の島ぐらし~初日・離島暮らしが始まるよ♪~

2017-04-06 | 日記
本土から離れ、30分ほどで船は島へ接岸しました。
実は今回は、この島が企画している移住のためのトライアルハウスへの入居です。
なので、役場の担当者の方がお出迎えに来てくださり、手続きを済ませて、これから二ヶ月住むことになるトライアルハウスへ向かいます。
近隣に食料を調達できる所がないと聞いていたのですが、途中のスーパーに寄ってくださると言う事で、とりあえず一日二日分の食糧や調味料などを調達しました。
気を遣うのが趣味の私は、待っててくださっているのが気になって、落ち着いて買い物ができず、後で泣きを見ることになるのです。
急いで買い物を済ませ、車に戻って、トライアルハウスに到着。
建って二年ほどのログハウス的な家は、中に入ると新しい木の匂いがして、清潔感あふれる素敵な居宅。
ちょっとの説明と、この家を管理してくださっている裏手のお宅の奥様にご挨拶して、いよいよ何十年ぶりのひとり暮らしがスタート。
時刻は午後2時。

ここで、とんでもない事に気が付く。
私お昼ご飯食べてないじゃん!
買い物の時に、お昼にすぐ食べれるものを買うのを忘れた~(泣)
しかたなく、夜に祝杯をあげる時に食べる予定だった「かつをのたたき」などを出してきて、仕方なくビールで乾杯(爆)
ビールは忘れなかったって?いや、車なので、このチャンスに重い物を買っとこうと思って。。。

自宅から送ってあった荷物が届くのは夕方6時以降です。
その前に、通販で買った布団が到着。
安い布団。送料無料。
んん?これに敷布団と掛布団と枕が入っているの?というサイズの箱に入っており、もしや、寝袋か?とビビりましたが、
封を開けると、圧縮された布団たちが、きゅうううう~~っと音を立てて膨らみました。

すきっ腹で、おつまみしか食べていなかったのですが、なんせ慌てて買い物をしたので夜の分の食料を残しておかないと死ぬ。
なので、がんばって近くの海岸へ散歩してみる事に。

徒歩3分ほどで夏場は海水浴場になる海岸に出ました。




私は山派の山猿ですが、綺麗な海岸を愛犬を連れて走りたい。
と思うと亡くなった愛犬を思い出して、陽は高いのにたそがれの海。



6時には宅配便が来るので、ここでは海に沈む夕陽をこの日はお預けにして家に戻ります。
まだ、2ヶ月ある。


荷物が届き、中身を整理して今度は晩御飯。




前日が寺の修行のような夕食だったので、肉が食べたくて、ポークソテーにしました。
ちなみに調理道具や食器類は最低限用意されています。

実は、旅の途中からもの凄い偏頭痛になって、普段頭痛などない私がこの日何年振りかに、バファリンを購入して飲んだほど。
40分ほどかかってやっと効き目が感じられるも、4時間も経つと効き目が切れて、今度は脳腫瘍でも出来たか、勘弁してよ、とか思って悩んだところでした。
それでも、仕方なくビールを飲んでしまったので、大事をとってこの日のお風呂はパス。


陽が落ちて、田舎の町が静寂に包まれると、一気に不安が押し寄せてきました。

知らない方もおられましょうが、私は2年前に心臓の大手術していて、悪いところは治っているのですが、術後自律神経失調症などで、手術をする前より体調が悪い時期が長かったんです。

突然倒れて死ぬようなことはないはずなのですが、ちょっとの事にも神経質になり、体調を気にしない日はありません。
そんな私が、こんな離島に来て、万一何かあったら。。
神経質な割には、田舎で一人暮らしをしてみようなどと、理解不能な部分も多々ある変人なオバサンなんですが、いざひとりになったら、もう不安しかありません。

体調の事が一番だけど、とにかく食べるもんの調達。生きるためのサバイバル。
荷物に2合ほどの米を入れておいたのは正解だった!しかしそのコメで何日生きられるだろうか。
交通機関はバスだけですが、そのバスの乗り方もチラシを読んでも全く理解不能です。

ここにはテレビはありませんので、紛らわす事も出来ずにいると、頭から血の気が引いてきました。
連鎖して心臓もどきどき。ドキドキ、というより、止まりそう(激汗)

しか~~し!私は好きでここに来たんじゃい。
今まで何度も色んな体調の異変があったけど、どれも深刻なものではなかったと気持ちを落ち着かせました。

ちょうど30年前に、私は一人でアメリカに渡りました。
言葉がわからない不安に包まれて眠った、アメリカでの初日の事を思い出しました。

ここでは、充分言葉は通じる。
しかも、得意の言語体系じゃ。ふふ。
何かあったらドクターヘリで行けばいいんだし。一生乗らないけどね。

こういうのを、へりくつ、というのだ。
ワッハ。

長年修行して磨いてきた、得意の切り替え能力。
思考があっという間にプラスになって行く。


スーパーまではたかが4,5キロ。歩いて1時間ほどじゃん。
七福神めぐりで2時間も3時間も歩き回った事を思えば、へ、ともない。
とりあえず行けば、荷物の重い帰りはバスの乗り方をその辺の人に尋ねればいいや。
朝出て行けば、最悪夕方までにはもどれるだろう。
それか、ヒッチハイクか。



なるようになる。
自分で決めて始めた事なんだから、今からくよくよしてどうなるん。
とりあえず明日は歩くぞう!一度歩いておけば、様子もつかめる。

しかし、不安はあっても「淋しい」という気持ちは全くない。
私は孤高のオバサンなのだ。
ようこそ、ここうへ、くっくくっく。

どうもこのブログには年齢制限があるようですな。

気持ちが切り替わり、寝る前まで我慢していたバファリンを飲んで就寝。

しかし、夜中半端ない大汗をかいて目が覚める。
この何年か寝汗がひどい事はたまにあるけど、こりゃまあ、尋常じゃない汗だ。

夜中スマホを開き、もしや、バセドウ病か?などとくよくよしてみる。
最近は症状でググると色んなものが出てくるので、逆に身体に悪い!
ぶりかえした頭痛も痛くて、しばらく眠れなかったけれど何とか1日目が終了しました。



長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。

感謝をこめて




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | つる姫の島ぐらし~2日目・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっと探したぞ、島暮らし初日~!! (SEIRO-NAKAI)
2017-08-06 14:39:51
つる姫さま、やっと、やっと、島暮らしの初日のブログにたどり着きました。感無量。少しずつ読みます。つる姫さまの2か月を丸裸にするために。楽しみです。トライアルハウスとは、何?もわかるでしょう。ひとり暮らし派、ひとり旅派のつる姫さまの思考回路もわかるでしょう。体調不安も・・・。なるほどねえ、BEERは買っても、お昼ご飯は、買わず・・・ですかあ。ポークソテー、おいしそうです。俗界と遮断された、修道女の暮らし?じゃないよね。都会っ子ができるのかなあ、っていうのが、率直な初日の感想でした。ポピーの花が、僕は、いちばん好きなんです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。