宇(そら)宙を編む人

宇宙と地球の自然と旅が好きな私が紡いでいく日々のあれこれ。どなたかの元気と笑顔の燈火になるブログです。

つる姫の島ぐらし~18日目・修業は続くよ~

2017-04-21 | 日記
いやいや、またも何か思いついてしまいました。
わたくしめが、術後一年を迎える頃、お正月に布袋様と出会って、都内七福神めぐりを始めたことをご存じの方もおられるでしょう。
あれは運命的な出逢いでしたが、30数ヶ所あるうちの11ヵ所を廻ったところで中断しております。
続きはいつになることやら。

実はこの島で八十八ヶ所巡りが出来るというのをネットで知って、これはぜひ徒歩で制覇したいと思った訳です。

昨日は薄い雲の広がった、朝は少し肌寒いくらいの絶好のお遍路日和。
まずはバスで一番霊場のあるところをめざす。
初めて乗るこの島のバス。
これは町のコミュニティバスで、色んなところに立ち寄ったり廻ったりしていくので、一気に行くより何倍も時間がかかるのだが、なんとどこまで行っても100円である。この四月に200円からなんと値下がりしたそうだ。
12人乗りだけど、乗客は最大3人だった。

一番霊場のある港のバス停で降りる。
ネットでみても、実際歩いてみないとわからないが、交通の便の悪いこの島では、東京のようにはいかない。
必ずバス停のあるところ、バスが来る時間でキリよく終わらないと、夜道を歩いて帰る事になるので、それだけが不安だった。

ちょうど9時にスタート。
出だしから間違えたくないと、家の外を掃除していた奥様に場所をたずねる。
スタート前にトイレを済ませたいと、フェリー乗り場のあるこの辺にあるはずのトイレの場所を聞くと、なんと自宅のトイレを貸してくださった。
なかなか見ず知らずの人にトイレを貸すという勇気は、私にはあるだろうか。
トライアルハウスにいるという事で、親近感的なものを持たれたのかも知れない。なぜならその方も3年前移住してこられたそうだ。
建物は古い方は大正時代に建てられたもので、増築した部分もかなりの年数が経っているお宅だが、そうは見えなかった。

さて一番は霊山寺、と言っても霊場のほとんどは、小さなお社があるだけなのだ。



去年の四国巡礼は逆打ちだった。
スタートして2日目で体調がおかしくなって、しんどくなって、夜ご飯の頃には電池が切れたようになって・・。
だましだましやっとの思いで一番の霊山寺まで頑張って、最後に大師堂でお参りを終えた時は、泣いてしまった。
タクシーで回り、いいホテルに泊まる贅沢なツアーだったが、私には本当に修行だった。病院のお世話にならず、途中でリタイアにもならず、本当にありがたかった。
あの時のことは何度思い出しても泣けてくる。その時のブログはこのブログのブックマークからご訪問ください。
実は今日からアトリエとか書斎として再開することにしました。
絵などはそちらでまとめてご覧いただけます。

さて、奥様に聞いていた二番もすぐそばにあり、お参りをすませた。
ただ写真を撮って回るんじゃない。
お線香はあげたいと思うが、お線香の火で万一お社が火事になると困るので、大丈夫そうな所だけあげさせていただく。
19番までは海岸の道沿いに100メートルとか200メートルごとに次のお社が点在していて、こんなに楽なのか・・と思いつつ歩いた。

しかし8番目くらいから、ちょっと体調がおかしくなってしまった。
そうは言っても観光ではなく、巡礼である。
気持ちをこめてお参りすると言うのは、結構疲れるのかしら。

無駄に歩きたくないので、絶対にお社を見逃してはいけない、とスマホとにらめっこしながら歩くが、19番がどうしても見つからない。
その辺の奥様に聞いてみると、その方は町のコミュの企画で、今年逆うちで回られているらしい。
まだ50番目くらいなので、その場所はよくわからないと言われる。
一緒に地図を見ていると、どうも通り過ぎたようなので引き返してみます、と、無駄な歩きにはなるが意を決して引き返す私。

すると、さっきお墓だと思って通り過ぎていたところがそうだった。
よく見たら、小さい紙に「大師堂↑」と書いたものが貼ってあるが、丸まってしまって見えていなかったのだ。
もっとわかるように貼ってよ。
それでも、大した引き返しの距離ではなかったので、ほっ。

引き返した道をまた戻ると、先ほどの奥様がおられたので場所を教えてあげたが、次の20番はイノシシが出るから行かない方が…と言われた。
イノシシは昼間でも出るそうだ。
むむ・・・一ヶ所でも飛ばしたくない私。88ヶ所廻ってこそ意味がある。

20番へ向かう道は海岸から離れて山の方へ入って行く。
途中まで頑張ったが、上り坂とイノシシ・・・やっぱり断念した。
襲われない確率の方が高いと思いつつ、万一襲われたら、と今回は君子になる。(くんし、ですよ、きみこ、じゃないですよ)
そう思って山の上の方へ向かって合掌してから山を下る。

諦める勇気は、頑張る勇気よりも勇気がいる。
悔しいが、リベンジもないだろう。

次の21番も、人に聞くとどうも山の方らしくて、結局20,21を飛ばして次に進むことにした。

もちろん、すっきりしないが、体調はすっきりしたので、きっぱりと切り替えて先に進むことにした。
お大師様はわかってくださる。

道すがらのお花や風景をどうぞ。












しかし、途中が抜けたとはいえ、予定していたより早い時間に26番まで来た。
島の半分とは言わないが、思ったよりも歩けていた。
27番が見つかりにくかったし、本当ならもう少し歩いた先で、4時過ぎのバスに乗って帰ろうと思っていたが、時刻はまだ2時である。
下手に進むと、バスの都合で次がやりにくいし、この時点で25000歩は歩いていたし、無理はしない方がいいと思い、2時半過ぎのバスで帰る事にした。

ちなみにここにきて、コンバースを買ったが、その後もう一足、防水の小登山もOKの靴も調達した。
もちろん通販ではあるが、このショップは島なのに送料無料で、しかも一日で届いたので驚いた。
出費だが、靴は大事。欲しい色の在庫がなかったせいもあるけど、



あんまり好きじゃないけど、この際しょうがない。
これで、雨の日も安心。いくらでもあるけるぞ♪
コンバースはお出かけ用にする。あは、スニーカーがお出かけ用とは。
イノシシと雉しかおらんところで、何処に出掛けるんじゃって?


帰りは、路線バスに乗ったが、途中で時間調整した分を除けば、10分ほどで250円だった。
なるべくならコミュニティバスを使いたいが、便が朝と夕方しかない(爆)
因みにこの島は、車で一時間ほどで一周できるそうだ。


帰宅したら、三時前。
この時は、めっちゃビールが飲みたいぞ!と思ったが、ビールはない。

実は四国巡礼のときは、私は飲めないふりして一切飲まなかった。
巡礼してビールってのは、自分的に違うと思ったから。
観光って意識じゃなかったから。
命が繋がった感謝の旅だと思ってたから。
私はそういう真面目ってか、こだわりがある人なんです。
まあ都合よく?体調も悪くて飲もうにも飲めなかったけどね。

でも今日は20と21が抜けてしまったのもあり、そこまでこだわる事もないと思うようにしました。
ある程度楽しんで回ろうか、という風に気持ちを切り替えました。
ああ、しかし・・・もう順番抜かしはいやだな。

そんな日は、ワインとモーツアルトと、スマホのカープ戦で暮れて行く。
無料映画で「座頭市」を途中まで見る。
やっぱ、勝新太郎のザトウイチは最高である。英語の字幕が出ていて、ウケた。
おはつにおめにかかります。はNice to meet yu

次はもっとよく場所を把握してから行こう。
スマホがあっても役に立たない時もある。
今日なんて、自分の位置情報が海の中だった事もあったし。
ドラム缶に入れられて、沈んどらんぞ~!




今日の記事は何かすっきりまとまりませんでしたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。
そうは言っても、夜足が筋肉痛になっとりましたで。若いですなあ。

感謝をこめて






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つる姫の島暮らし~17日目... | トップ | つる姫の島ぐらし~19日目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。