英会話ビジネスの光と闇

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2001年の金融再生委員会廃止

2017-05-16 17:44:28 | 日記
【解説】保険:予測できない事故で発生した財産上の損失に備えるために、立場が同じ多数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって予想外の事故が発生した際に補てんのための保険金を給付する仕組みということ。
特別の法律により設立された法人である日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では証券会社等の株券や債券など有価証券の売買等に関する取引業務を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業の調和のとれたさらなる成長を図り、投資者を保護することを目的としている。
認可法人預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払うペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり1である。と定められている。この機構は政府そして日本銀行さらに民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
西暦2010年9月10日、日本振興銀行が信じられないことに破綻したのある。そして、これまで発動したことのないペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、預金者の約3%程度ながらも数千人を超える預金者が、適用対象になったと推測されている。
平成10年6月のことである、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもののセクションを区分して、当時の総理府の新たな外局として金融監督庁なるものができあがったとい事情があるのだ。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債、短期金融資産での運用をする投資信託という仕組み。あまり知られていないが取得してから30日未満に解約したい場合、実は手数料にペナルティ分も必要となることを知っておこう。
平成10年12月に、当時の総理府の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長にすることとした機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に2年余り置かれていたということを忘れてはいけない。
覚えておこう、金融機関の評価というものは、信用格付機関によって金融機関を含め国債を発行している政府や、社債などの発行企業の信用力(支払能力など)を主観的に評価するという仕組み。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の定めに従い、保険を販売する会社は生命保険会社もしくは損害保険会社のどちらかであり、いずれの形態であっても内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと実施してはいけないのである。
このように「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」、これら3つの機能をセットで銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務、最も肝心な銀行自身が持つ信用力によってこそ実現されているのです。
すでに日本国内における金融グループは、強い関心を持って国際的な規制等が強化されることまでも見据えた上で、経営の一段の強化、あるいは合併・統合等も組み入れた組織再編成などに精力的な取り組みが行われています。
ということは安定的であるうえにパワーにあふれた金融市場や取引のシステムを構築するには、民間企業である金融機関及び行政が双方の抱える解決するべき課題に積極的に取り組まなければ。
よく聞くコトバ、ペイオフとは何か?予測できなかった金融機関の経営破綻による破産によって、預金保険法の規定によって保護することとされた個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度です。
簡単に知りたい。バブル経済(わが国では平成3年まで)とは何か?時価資産(例:不動産や株式など)が過剰な投機により実体の経済成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指すのである。
紹介しよう「銀行の運営というものは銀行自身に信頼があって成功するか、そうでなければ融資するほど値打ちがないものだと審判されたことで順調に進まなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
Glats英会話
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 次の記事へ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。