日々の吐露を綴って。。

私が生きてここにいる現実と向き合う、日々のつぶやきのブログです。
時折お気に入りの曲も紹介しています。

役割り

2017年08月13日 22時06分16秒 | 日記
毎日子供の世話と、先生になって勉強を教えたり、一緒に考えたり、遊んだり、市民プールへ連れ出して泳ぎの特訓をしたり。


家事も休みなし、安いスーパーをはしごして買い物をし、調理に手間を惜しまず、娘と洗濯など共同作業をしたりしながら、毎日充実。


夜九時を回るころには、座っていてもまぶたが閉じてきてしまう。


何でそんなに眠いんだよ、俺より早く寝るんじゃないよ、と主人に注意されるが、昔からどうしても眠さは我慢できない性分である。


そして我が家は職人家業、朝五時前には起床し、簡単な朝ごはんをつくる。


昨日はひきわり納豆と山形だしをあわせたものに、夏ばてにいいとされる、糀だけで作った甘酒(もちろんノンアルコール)をそえて。


暑さで食欲がないと、素麺に生卵のリクエストを出されるときもあるが、何も食べない日はない。


現在通っている改修工事現場はとても過酷、食べなけれぱやられてしまう。


湿度は高く、窓もない、空調もない。


もうすでに職人の何人かが、熱中症で倒れて病院へ運ばれたと聞いた。


環境だけじゃない、図面すら出来上がっていないなかで、監督と打ち合わせもままならない、オーナーの意向がコロコロ変わって先行きのめどもたたない、でも他の業種の職人と折り合って進めないとならない。


主人は器用で頭もきれるから、すぐ頼りにされて、他人の仕事を必要以上に負ってしまう。


肉体的にも精神的にもクタクタ、帰りの車中で居眠り運転で事故にならないように、私にマイク付きイヤホンで電話をかけて、現場をでてから家路につくまで、ずっと一時間以上喋っている。


私はというと、同じく携帯電話にマイク付きイヤホンを差して、家事や夕食の準備しながら、ああそうなのーと合いの手を適度に入れながら愚痴を聞いている。


主人は、帰宅後は子供たちに聞かせたくないから、仕事の愚痴話しはしないと決めているので、帰りの車中での通話か、子供たちがまだ寝入っている早朝しかタイミングがない。


だから、毎朝主人の愚痴をきくのも私のお役目である。


長女もバイト仕事のことで、次女は先生や友達のことで、よく私に愚痴を話している。


まあみんなよく喋るなあ、と思いつつも、それでみんなまた頑張れるならそれでよし、である。


私がストレスを溜めないか、周囲は心配してくれるけど、こうあるべきの鋳型を放りだせば、人は人、と線を引けて、そうかそうかーと宥めるだけでいい、そして相手は落ち着き、ほとぼり覚めれば撤収していくのである。


私は喋ってストレスを解消するタイプじゃないから、きっとそういう役割で家族の中で活かされているんじゃないか、と考えている。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手入れ | トップ | 布袋寅泰 MERRY GO ROUND »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。