橋本病のぼく そして特発性過眠症の僕

橋本病の僕のブログです。ついでに僕は特発性過眠症だそうです。

モディオダール 体験談として

2017年05月14日 | ひとりごと
僕は医者じゃありませんからこれから書くことは、僕だけに当てはまっているのかもしれません

または、他の薬のせいかもしれません

ただ、事実だけを書きます

モディオダールに関しては、月曜日から金曜日まで飲んで、土日は休みます

仕事が忙しくてどうしようもない時は土日も働きます

その時はモディオダールも服用します

それで以前倒れました

けれど、それは働きすぎだと思っていたので特にモディオダールを疑ったりはしませんでした

さて今週

今朝で7日連続の勤務状態です

普段のペースですと、モディオダールに関しては月曜日と火曜日はあまり効いている感じはしません

水曜日の夜、怠くて仕方ない状態

大抵その時思うのは、あと二日辛抱

モディオダール飲んでしのごう

効かなかったら3錠目もあり

ベタナミンの服用を11時頃にしよう

そんな感じで乗り切ります

金曜日の朝は、起きたらモディオダールをすぐ飲んでしまおうかなと考えるくらい疲れ切っていますが
それでも、飲めばなんとかなると思ってしのぎます

土日は生ゴミです

しかし、土曜日まで仕事の時は、疲れを感じなくなります

背中も痛くないし、疲れも感じません

頭は痛くなります

物事を考えるくらい速度が速くなる感じがします

なんでも処理できる気がして実際にノンストップで仕事を続けても苦になりません

けれど頭痛はひどくなります

そのうち、考えがまとまらなくなります

1時間くらい前に起こった出来事を思い出そうとすると頭痛がもっと酷くなります

だから思い出すことは諦めて、次から次へと片っ端から新しい仕事・・・正確には新しい仕事だと信じきっているものをやり始めます

仕事を処理できる自分に寄っていきます

疲れは感じません

眠いのかどうかも分からなくなります

同じことばかりを考え続けます

心がなくなるというのでしょうか、感情がなくなります

仕事はできます

物事も考えられます

今日のように一晩眠らずに物事を考えても、この程度の文でしたらかけます

そんな感じです

まだまだ仕事できると思います

そこでストップをかけないと多分あと二つ月ほどは、ノンストップでハイテンションで仕事をし続けることができます

そして、そのあとは、どこでどうなってもかっこいいなぁと思いつつ倒れるのを待ちます

倒れるまで仕事します

そんな自分がかっこいいなぁとと思います

前回は3ヶ月ほどで、動かなくなりました

さてさて今回は

これから無理やりにでも眠らなければならないと思う程度の力は残っている様子です

今、明け方の4時28分

この48時間で睡眠は7時間程度で済んでいます

すでに22時間起き続けています

疲れは感じません

頭は動いているのかどうかは分かりませんが

このような文はかけます

それがいいのかどうかの判断ができません

モディオダール

自分の普通にある限界を超えた時に初めてものすごい力を発揮し始める気がします

倒れるのが嬉しい感覚

そんな感じです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レオシルバ選手 | トップ | モディオダール 服用を中止... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む