Since1994 "ROCK BAR" GLASSONION 高田馬場

還暦までに、僕には、どうしても、やり遂げたいことが、1つだけ、あります。だから、今を、一生懸命生きる!٩( 'ω' )و

誰かと、いつか来た道…

2016-11-02 | GLASSの日記 "I'll Follow The Sun"





故郷に暮らす、親友から、同級生の訃報を知らせるメールが届きました。

もう、40年以上も経過してるから、よほど親しかった幼馴染や、同級生でもない限り、もはや、顔のイメージすら、上手く思い出せなくなりました。

しかし、いつか来た道は、かつてのある日、きっと、共に歩いたことのあるはずの道です。

もはや、遠い記憶の中にしか存在しない、幼馴染や同級生の訃報は、封も切らずにほっておいた、手紙のようです。

その消印を見た途端、ハッとしてしまう、そんな、後ろめたい気持ちになるのは、なぜ、でしょう。


都会の暮らしは、底なしだから、いつからか、僕は僕の記憶の中でしか、生きることをしなくなっていました。

もう、東京の暮らしが、遥かに長くなりました、すると不思議なもので、遠い記憶の中にしか存在しないはずの、いつか来た道を、夢に見ることが、多くなりました。

そして、この先、いつかのある日のある季節に、僕の訃報が、遠い記憶の中にしか存在しない幼馴染や同級生の元に、届くのでしょうね。

つまり、人生とは、誰かと、いつか来た道、なのです。






ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これからは、私が、そこへ降... | TOP | 11月3日 祝日 営業‼︎ »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL