Since1994 "ROCK BAR" GLASSONION 高田馬場

還暦までに、僕には、どうしても、やり遂げたいことが、1つだけ、あります。だから、今を、一生懸命生きる!٩( 'ω' )و

初夏 東京日和!

2017-06-17 | GLASSの日記 "I'll Follow The Sun"



おはようございます。
しばらくは、ここからの眺めが、僕の、My favorite placeとなりそうな気配です。

日々移りゆく、東京パンゲア。

空梅雨の東京より。




ジメジメしなくて有難いけれど、今年の後半戦、これから先が、ちょっと心配になってきた。

当然、これから、キャベツやレタスなんかの、野菜が値上がりする。

この夏は、強力なゲリラ豪雨か、とんでもない冷夏となりそう…。

地震と異常気象。

ヤバい夏になりそうだ。





そして、僕は、今日も、導かれるように、また、ここに来てしまった。

僕の妖怪アンテナが、ピンと逆立ち、何やら、妖気をキャッチしてしまったからだ。

ここには、何かいる。

昨日、この森を歩きながら、直観でそう感じた。

この森には、狂気を感じる。

この森には、命の、生々しさがある。

東京に出てきて、何十年もの間、僕は、この森の存在を知ることはなかった。

この界隈へは、幾度となく訪れ、この街の隅々まで、詳しいつもりでいた。

昨日、この森の、間を抜ける細い道を歩きながら、頭上を見上げると、両脇から、覆い被さるような大木には、宿る精霊達の、表情が見えるようだった。

僕は、生まれも育ちも、山奥だから、人工的なものとは無縁の中で、自然に育った自信がある。

本来、森を言うものは、とても優しい声の、言霊で溢れているから、1人で森の中にいても、全く寂しい気持ちにならないものだ。

むしろ、賑やかで、楽しい気持ちになるものだ。

ところが、この森は、ちょっと違って、何かを、伝えたいのか、まるで、呻き声のような叫びを、感じる。

風の音だと思うが、誰かの名を呼ぶ声のように聞こえて、ゾッと、身震いしてしまった。

命の轍とは、こんな感じを言うのだろうか。



パワースポットなんて、町おこしがための、エセな営業トークだと、鼻っから信じたことなどなかったけれど、この秘密の森を見つけてから、僕は、この街に、釘付けされてしまった。

異常なまでの、この森に魅了されてしまった。

謎なのだ。

ともかく、謎なのだ。

秘密の森とは、僕が勝手につけた名で、僕なりの納得がいくまで、まだ誰にも、教えたくない場所だからだ。

都会の人工の自然に、そもそも、そんなところに、パワーも、霊気も宿るわけがない。

今まで、そう思っていたが、実は、人工的に、人間が勝手に植林し、本来の植生など、全くお構いなしの、カオスな森だからこそ、人工知能のような、森に、個性が生まれてしまったのかもしれない。

来週行って、秘密の森がなくなっていたら、どうしよう。

(╹◡╹)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の奇跡に、ありがとう!٩... | TOP | 午後から、雨になると言うから… »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL