Glass Ai
写真付きで眼鏡の日記を書くならgooブログ
 





普段とは違うデザインのペンに買い換えたら
書き心地が格段によくなった。
こんな経験ありませんか?

書く、という機能こそ共通ながら、
形状の違いによって使用感が大きく異る。
つまり、ものの価値が大きく変容する。
ここには、デザインという行為の大きな力が隠されています。

デザインとは、ただ事物をクールに装飾するだけの行為ではありません。
使用者を、使用目的を考え、そこにフィットする
意匠を生み出す。
このような、形状の先にある、デザインの本質的な価値を追求し続けるデザイナーがいます。
彼の名はフィリップ・スタルク



そのフィリップ・スタルクアラン・ミクリ
コラボレーションにより1996 年に発表された
メガネフレーム
STARCK EYES」。

人間工学を応用し、人間の肩の関節をモデルに開発されたヒンジ「バイオリンク」が使われている
ブランドで、このヒンジの開発には約3,000 時間が費やされています。
この新しいコンセプトは1000 年先を見据えて
デザインしたものであり
彼らのクリエイティヴィティと才能が結びつきメガネフレームに新しいコンセプトを生み出しました。








STARCK P0204.04                          \48,000+税








STARCK PL0750 0004 57-17               \84,000+税








STARCK PL0901 0101 52-19                \43,000+税




建築・インテリア・家具・食器・出版物・インダストリアルデザイン等さまざまな分野のデザインを
手がける総合的なデザイナーである
フィリップ・スタルクの名前かもしれませんが
作品は、ご覧になった事があると思います
東京浅草 アサヒビールスーパードライホール・フラムドール
あの人魂みたいなオブジェです
ご存じでしょ?






STARCK EYES 
少しでも興味を持たれた方は 
お待ちしております





夏季休暇のご案内



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Lafont AURA新... STARCK... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。