真夜中のフライング・クロス・チョップ

ガラケー少佐8号の華麗なる日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山尾志桜里議員の不倫問題について

2017-09-12 11:33:58 | 政治・社会
先週、民進党の山尾志桜里議員の不倫疑惑が報じられた。

これまでにも不倫を報道された議員はいたが、その対応は議員辞職、離党、釈明のみ、など様々。

山尾議員の場合は離党することで、一応の責任をとった形となった。


ここで、不倫の是非を論じるつもりはない。

いや、是か非かといえば、そりゃ非なのは分かっている。

ただ、それを言い出したら、不倫と浮気の違い、どこからが浮気なのか、男女の浮気の違い、などなど語るべきことが多過ぎて、短編小説一話分くらいになりそうなので、ここでは割愛させて頂くという意味である。


私が言及したいのは山尾志桜里の、議員である以前の人としての姿勢である。

自民党の宮崎謙介議員が不倫問題で議員辞職した際、彼女はあからさまに非難していたのに、結局は自分も同様の行動を取っていたという事実。

加えて、不倫問題ではないが甘利大臣の政治資金問題に関して「秘書のやったことについて、本人の責任が免れるわけはない」と発言していたのに、自身のガソリン問題については、正にすべてを秘書のせいにして自分は何の責任もとっていない。

典型的な、他人に厳しく、自分に甘いタイプ。

仮に山尾志桜里の夫がもし浮気をしたりしたら、おそらく彼女は鬼のように責め立てることだろう。


自分も不倫をするなら、自身のパートナーを含め他人の不倫を責めてはダメ。

これ、人としての基本である。


だからこそ、これを自分に置き換えた場合、仮に私の妻が浮気をしたとしてもけっして責めるつもりはない。

責めるどころか、想像したらちょっと興奮してしまいそうだ。

それをネタに三回は抜け……………ちょっと話がそれて来たので今日はこの辺で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわゆる加計学園問題

2017-07-31 17:53:56 | 政治・社会
学級委員長の安倍君は、いきもの係を親友の加計君にやっもらうことにしました。

加計君の他に京都君も候補に上がっていましたが、京都君はそれほどいきもの係をしたい訳ではなかったようです。

「加計君はずっといきもの係になるために頑張ってきたからね」と、加計君が選ばれたことを京都君も納得しています。

加計君と京都君の他には、いきもの係に立候補した生徒はいませんでした。

ところが、前川君が「安倍君は友達の加計君を贔屓して、いきもの係にした」と言い出しました。

そのため、ホームルームでこの問題について話し合うことになりました。

前川君は「安倍君は加計君をえこ贔屓した」の一点張りです。

加計君と一緒にいきものの勉強をずっとしてきた加戸君は「加計君が一番いきもの係にふさわしい」と言います。

担任の朝日先生はホームルームの内容を、職員会議で報告しました。

その時、前川君の言ったことは詳しく話しましたが、加戸君の話はほとんど報告しませんでした。

安倍君は勉強も出来てリーダーシップもあり、先生たちからの信頼も厚かった生徒です。

しかし、安倍君に対する先生たちの評価は、この件を境に揺らぎ始めてしまいました。



問.一番悪い人は誰ですか。次の中から選びなさい。

1)安倍君

2)加計君

3)前川君

4)朝日先生


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫の二重国籍問題

2017-07-16 19:39:33 | 政治・社会
蓮舫が、自身の二重国籍問題に疑問を抱く国民を「差別主義者、排外主義者」呼ばわりしたり、戸籍を公開するのしないのハッキリしないので、何が問題なのか整理するよ。


●蓮舫の父親が台湾人であること。

 → 問題なし。

   出自を問題にしている訳ではない。


●蓮舫が日本と台湾の二重国籍であったこと。

 → 問題あり。

   他国籍の離脱は「努力義務」なので、いち国民であれば違法状態ではない。
   ただし、大臣経験者でもある国会議員としては疑問視する意見がある。


●蓮舫が日本の国籍選択宣言をしていなかったこと。

 → 大問題。

   国籍選択は「義務」である。そもそも他国籍の離脱が「努力義務」となるのは、この国籍選択という「義務」を果たしていることが前提である。
   国籍選択を行ったのが昨年だとすると、約25年間違法状態で、その間に議員や大臣の職についていたことになる。
   そして、この国籍選択の日付を明らかにするには、自民・小野田議員のように戸籍を公開するしかない。


●蓮舫の乳が小さいこと。

 → 問題なし。

   グラビアアイドル時代は大問題であったが、政治家としては特に問題視はされていない。


以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外来語問題について考える

2017-07-07 22:17:17 | 日記
「rock」も「lock」も、カタカナでは共に「ロック」と表記される。

したがって「ロック」と表記された場合は、「rock」と「lock」、いずれを意味するのか文脈から判断しなければならない。

それは別にいいのだが、この逆パターンも存在する。

「hook」である。

語源は同じ「hook」であるのに、「ホック」「フック」と、二種類の表記がある。

「ホック」も「フック」も意味は大差ないのだが、決して間違って使うことのないようにして頂きたい。

最悪、「ブラジャーのフック」と間違えた場合ならギリギリ意味は通じるかもしれないが、「右ホック」などと言ってしまったら、たとえ相手がガッツ石松だったとしても理解してもらえないので、気をつけたまえ、諸君。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉は正確に

2017-07-02 00:38:38 | 日記
A地点に存在している物体をB地点に移動させる為には、絶対的に必要な要素が二つある。

それは「エネルギー」と「時間」である。


何が言いたいかというと、昔からエロビデオの定番ネタで「時間を止めて女の子に色々悪戯をする」というのがあるが、そんなことは不可能だということだ。

時間が止まっていたら、服を脱がすこともおっぱいを揉むことも出来ないはずなのだ。

何故なら、衣服を女体から離すにも、揉んだおっぱいが変形するのにも「時間」が必要なのだから。


したがって、あの手のエロビデオは、実際には「時間を止めている」のではなく、「自分以外の物体の能動的な活動を止めている」というのが正しい。


言葉は正確に使おうじゃないか。


たとえそれがエロビデオのタイトルだとしても、だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加