アマチュア無線(JI8BRZ)、緑内障、その他諸々気分で書いてます。
shimoyanののほほんBlog



 復旧中のメインPCの復旧の目処がたってきた。

 
 というのも復旧と同時にシリアルATAのHDDにしたのが作業の遅延の元であった。
 今回懲りもせずまたMaxtor6V080E0にした訳だがマザーがシリアルATA対応でない。
 そのためシリアルATAインターフェースボードを追加しなくてはならずPCIスロットを空けなければならくなった。
 それまでは
 PCI1 グラボのファンが大きいため使えず
 PCI2 オーディオボード
 PCI3 IEEE1394ボード
 PCI4 Gigaイーサボード

 な構成であった。
 まずは今回投入したシリアルATAボードはこちら

 
 玄人志向のシリアルATARAIDボードSAPARAID-PCI
 これをPCI2に挿す。
 すると必然的にスロットが1つ足りなくなる。
 そこで今回更に登場するのが
  
 
 またまた玄人志向の複合インターフェースボードGIU2V-PCI
 これはUSB2(マザーのオンボードが不調なためついでに)+1394A+Gigaイーサを1枚で済ますボードなのだが・・・
 これのGigaイーサ部分がリソース競合を吐いて動作せず。
 スロットを別の場所に挿してもだめ、BIOSでオンボードデバイスをほぼ全てdisableしてもダメ・・・orz
 これの原因調査のために3日かかりました。
 でネットで調べたらこのボードPCI-PnPのところでうまくいかないため諦めることに。
 でこれは購入した某PCショップの相性保証が使えるのだが同等品が無いためつ他のものと交換。
 ついでだからということでHDDをもう1台追加してRAID0で組みましょうと上記6v080E0と交換しました(追い金は払いましたよ)。
 で、別の家電量販店でこちらを購入。

 
 システムトークスSUGOI CARD UFG2
 Gigaイーサのチップが某蟹印のが積まさってるのが気になるがとりあえず挿してみることに。
 すんなり認識しました。
 あとはSP2と各パッチ、ノートンを入れて今現在に至ってます。

 がまだまだ他のソフト(オーサリング、ライティング、ゲーム、etc)を入れなければ元の形に戻りません。

 更に、DVDスーパーマルチドライブも投入予定なのでまだしばらくかかるかなぁ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« PC復旧中 アジアのてっ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
BIOSの設定 (PCパーツCPU)
内蔵BIOSを使わないのであれば、これらを確実に"Disabled"に設定しておいた方が…そのまえにやはり