Sugar's Adventure (PCT trail name is "SUGAR" in 2016)

2016年 米国 Pacific Crest Trailの踏破 及び 2013~14年 南米の自転車旅行を紹介

5月12日

2016-12-01 06:20:47 | 2016年PCTへの旅―5月
この日<0306>をスタート<0319>まで進む

<>内の数字はメキシコ国境を起点としたPCTトレイル上の距離(単位:マイル 1マイル=1.609344km 1フィート=0.3048m)

5時20分起床。8時出発

<0308>ホットスプリング(温泉)があった。但し、囲いはない。

この辺りは暑い。渓谷の底を歩くので無風。太陽の光と熱せられた岩の輻射熱で気温は40度~50度ぐらいのような気がする。

トレイルを歩いている66歳の男と話す。父はアルメニアから米国に渡った。彼は米国とアルメニアの国籍を持つ。アルメニアにはたまに帰る。朝6時から夜9時まで働く。今日は気分転換のためここに来た。

 ・・・・・・・・・・・・・

 日本に帰って読んだ本に次のようなことが書いてあった。

 スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ『セカンドハンドの時代―「赤い国」を生きた人びと』2016年 岩波書店

 P.390
 1988年、アゼルバイジャンのバクーで、そこに住むアルメニア人の迫害が始まった
 P.391
 1915年のアルメニア人大虐殺
 P.403
「バクーのアルメニア人は全員アメリカに出てしまった・・・。よその国が彼らを受け入れてくれたのです・・・。」

 私の会ったアルメニア人の老人が、1915年の大虐殺の時父がアメリカに移住してきたのか、1990年代に父と本人がアメリカに移住してきたのかは、わからない。

 ただ、アルメニア人が今まで負った災難およびアメリカ人の寛大さ・・これを考えさせられます

 ・・・・・・・・・・・・・・

 
大きな干上がったダムを越える。10m位の幅の川を渡渉する。



暑すぎるため、このアメリカ人はタープの中に避難している。アメリカ人のハイカーの中には(気温の下がる)夜に歩く者もいる。午後4時ごろから真夜中の12時ごろまで歩く



本物の温泉だ。温度は42度ぐらい。但し囲いはない


 


あまりの暑さに2時間ほど岩陰に”避難”



干上がったダム



小川を渡る



向こうに河岸段丘が見える。ここは太古の時代は川だったのだろうか?



午後7時45分。日没 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月13日 | トップ | 5月11日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年PCTへの旅―5月」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。