世界的備忘録

世界中で見れる私の競馬関連備忘録。メイン、最終を淡々と予想。

20101031 g.kishiの夕暮れを背に! 第2部

2010年10月31日 09時28分22秒 | 競馬予想関連
東京12R東京ゴールデンプレミアム D
狙いは07ウインブシドウ。4走前阪神不良状況で好時計勝ちがあるようにスピードとスケールを活かせる馬。それほど速い馬が多くないここで先行できればきっちり走れそう。03メトロノースも同様に先行タイプで芝も走れるスピードがある。穴なら04カネスラファール。府中ダートは好走歴多数。展開向けば。
◎07ウインブシドウ
○03メトロノース
▲04カネスラファール
☆09ディアマジェスティ
△06ケイアイダイオウ
△01ノーリプライ

京都11RカシオペアS C
上下の力差くっきり。中心は09ナムラクレセントになる。春はエクイロックスを塗っているように脚元がパンとしていなかった。休養挟んでこの相手なら。去年秋も同様のオープン条件を勝っているだけに。11ショウナンライジンは脚長く使える。コーナー2つのコースになるのは微妙だが、前走まずまずキレを見せているだけに。08トゥザグローリーは青葉賞自体の価値を認めていないので正直まだ人気先行な面が大きいが、他も弱いので。
◎09ナムラクレセント
○11ショウナンライジン
▲08トゥザグローリー
☆05エアシャトゥーシュ
△02マイネレーツェル

京都12R D
勝ちきれるタイプが他におらず、どうしても02マルカバッケンが中心になるか。指数では足りていないが、上昇味あふれる連勝だっただけにここも。08ファンドリカップは展開紛れればというところ。
◎02マルカバッケン
○08ファンドリカップ
▲16ピンクペガサス
☆04トーセンピングス
注10アイアムルビー

福島11R河北新報杯 D
難しいが雨降ってもそれほど時計が悪化しなかったことから考えてまだ内有利が残ると見る。中心は06ニホンピログッデン。先行力あって時計も持っている同馬。ハンデも手頃だけに。10メイショウサバトも堅実。福島コース2戦2連対。
◎06ニホンピログッデン
○10メイショウサバト
▲12エナジーハート
☆15エーシンシークルー
△03ゴールドエンデバー
注01オメガユリシス

福島12R高湯温泉特別 D
ここも内有利残るとみて01レッドスティングの内差し。成績的にもキャリア浅く素質を秘めるタイプ。05マックスドリームは脚は長く続くタイプでコース適性はあるはず。
◎01レッドスティング
○05マックスドリーム
▲04エーシンマイトップ
☆02アイアイレインボー
△07テイエムシバスキー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101031 g.kishiの夕暮れを背に!第1部 天皇賞

2010年10月31日 00時32分07秒 | 競馬予想関連
東京11R天皇賞 B
混戦模様、と言われているが、あまりそうは思わない。

世代論から語ると、4歳牡馬がなんとゼロ。替わりに3歳が牝馬含めて5頭出てきた。一方で5歳以上が人気を分け合っている状況。しかしその5歳馬もG1馬はいるが近走とりこぼしもあって万全とは言えない馬達。

レース傾向は圧倒的に4、5歳が有利、そして前走連対馬が圧倒的に強い。これは、その時点で成長リズム、調子ともにきちんと充実している馬が勝ちきるレースであることを示しているのではないか。

ということで、4歳エース、前走連対、状態不安説も特に出ていないこの馬にきちんと本命を。◎02ブエナビスタ。
ここ一番のG1で2、3着が多いというイメージがついてまわっているが、有馬記念は初の牡馬混合G1、エリザベス女王杯は展開のアヤ、前走も勝ち馬は凱旋門賞あわやの2着と考えればここは相手がどう考えても軽すぎる。

迷わず単。これ以上のオッズ+自信度でこの馬の単勝を買えるシーンは今後やってこないように思う。

逆転候補としてはやはり5歳になる。筆頭は12アーネストリー。とにかく2000mの重賞で充実していること、前走のメンバーが揃っているレースでの勝ちきりと底力を秘める履歴は十分。

穴なら16キャプテントゥーレ。渋りが残る馬場で展開的にも楽な存在。東京開催がスピード優先馬場となっていることから考えても推せるし、前走勝ちの割には評価されなさすぎな印象。

消すのは3歳牡馬。毎日王冠は正直「何もしていない」という印象。メンバーも軽く、それほど速いペースだったわけではないのに最後ラップが下がる競馬でうまく流れ込めた印象が強い。そんなメンバーで出遅れたというイクスキューズをつけたとしても流れこみしかできなかった07ペルーサも「何も示せてない」としか言いようがない。ただし牝馬は充実している可能性もあり、05オウケンサクラは一応示唆。

馬券としては、自分は今単複を中心としているので、下のシルシは決して02ブエナからの馬連という意味ではなく、ブエナを負かしうる可能性の馬という方向性。
◎02ブエナビスタ
○12アーネストリー
▲16キャプテントゥーレ
☆03ジャガーメイル
注05オウケンサクラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101031 跳んで×3

2010年10月30日 23時04分30秒 | 障害予想
京都04Rオープン D
他はみんな400万組で除外などでローテが狂っている馬も多いなか、11タマモグレアーが唯一の2勝馬。レースセンスもあってこの相手なら順当に。01グロッケンラインも前走つまづいたり不安定な面は見せるが先手も取れそうな組み合わせで。
◎11タマモグレアー
○01グロッケンライン
▲08ゴルデンシュライン
☆04マックスチャンプ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101030 g.kishiの夕暮れを背に!

2010年10月30日 14時37分52秒 | 競馬予想関連
東京は中止になりました。日曜深夜に月曜東京分は上げます。

京都11RスワンS D
狙いは07ヘッドライナー。全体的に重賞勝ち馬が少なく、ハードルが下がるなら平坦京都が向くこの馬に着目したい。ローテ的にも本気でG1を狙うキャラではないだけに逆にここに力を入れているはず。一発なら09ファイングレイン。前走デキがもどっているのを確認。距離は微妙も腐ってもG1馬。格なら負けない。
◎07ヘッドライナー
○09ファイングレイン
▲06エーシンフォワード
☆05マイネルレーニア
△12マルカフェニックス

京都12R D
難しめだがキレがあるタイプなら01アディアフォーン。10ワイドサファイアも決め手はある。
◎01アディアフォーン
○10ワイドサファイア
▲09エーシンブイムード
☆11メイショウジェイ
△02ドリームゼロワン

福島11R三春駒特別 D
内有利が残っているものとみて01サマーアクトレス。新潟外回り勝ちがあるように脚は続くタイプで距離こなせれば。04アグネスミヌエットは逆に追い込みタイプだがキレはある。
◎01サマーアクトレス
○04アグネスミヌエット
▲09ハイタッチクイーン
☆02バイタルスタイル
△06マイネエアウエイ
△10ダルニム
△11マジックビクトリア

福島12R秋元湖特別 D
ここは地力で07ヒカルプリンス。スピード感はあるタイプで内目の枠も有利。03ホッコーマスタングも内セコ手が効く枠にはいれただけに。
◎07ヒカルプリンス
○03ホッコーマスタング
▲04スパラート
☆05ハイフィールド

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101030 跳んで×3

2010年10月30日 02時03分44秒 | 障害予想
どちらもメンバー拮抗しております。

東京04R未勝利 C
上下差のあるメンバー構成。12クランエンブレムは楽に前に行ける脚がある。ただし勝ち切れない。そこで打ち負かす相手として13ハクサン。ローカルコースで連続好走しているが渋った東京コースでも2着の実績があるし展開的にも12クランエンブレムをピッタリマークできそう。他はやや弱めだが10テレパシーが調教110秒を切っており美浦としては優秀。
◎13ハクサン
○12クランエンブレム
▲10テレパシー
☆04ユウターラッキー

京都04R未勝利 C
やや拮抗したメンバー構成。地力は07アイアングリーン。飛越不安定ながらも安定味のある走り。ただ逆転候補なら初障害の04ロードアルファードに期待。重馬場合いそうなパワータイプ。前に付けられればチャンスは十分あると思う。
◎04ロードアルファード
○07アイアングリーン
▲09ピサノシンボル
☆08シーアクロス
△01スリーメガトン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101024 g.kishiの夕暮れを背に! 第2部

2010年10月24日 12時59分53秒 | 競馬予想関連
東京11RブラジルC D
一昨年はハイペースで後方一気の決着、昨年はスロー気味で前残りの決着とペースによって来る馬のタイプが変わるこの距離らしい決着の仕方となっている。今年も行きたいクチがあまりいないメンバー構成だけに、スローの上がり脚決着を想定する。中心は12エアマックール。ここ3走かなりの好時計連発。しかもしっかり上がりをまとめてのもので、距離だけが課題となるが上がり脚に特化出来る条件なら突破できてもおかしくない。上がり性能なら02インバルコが現級組の中では一番。03メイショウクオリアが逃げて粘るシーンも想定。
◎12エアマックール
○02インバルコ
▲03メイショウクオリア
☆05マイネルアワグラス
△09プレファシオ
△10グリッターウイング
注08ラストアロー

東京12R D
難しいメンバー構成だが内枠で楽先行できる04トーホウシンバルを狙う。そこから内目の枠の馬のせこてか、前に行く07マヤノマヤが相手候補。
◎04トーホウシンバル
○07マヤノマヤ
▲01オルトリンデ
☆03オメガブルーライン
注02カレンナサクラ

京都12R京都クラウンプレミアム C
上下の力差は相当はっきりしている。展開的にも02サンライズモールが行って03ドリームライナーが番手。この2頭が人気でそんなに激流にはならないと見る。03ドリームライナーの上がり性能と地力で解決できそうな組み合わせ。狙いは後方からだが09メイショウエンジンの脚。上がりだけは出せる性能。
◎03ドリームライナー
○09メイショウエンジン
▲02サンライズモール
☆04メイショウタメトモ
△01ラターシュ

福島11R福島民友C C
上位拮抗。テンは速くなる福島コース。なら同じくテン速い小倉コースでスピードに任せて押し切る競馬のできる03スカイノダンは普通に信頼することになる。前が相当速くなりそうな予感もするだけにきちんと差せる11アポロフェニックスと01モルトグランデの逆転は考えたい。
◎03スカイノダン
○11アポロフェニックス
▲01モルトグランデ
☆12エーシンダックマン
△05サープラスシンガー

福島12R奥只見特別 D
開幕週だが日曜最後になるともう外差し傾向が出てくるのが例年の秋福。なら13フラッパーウィング信頼で。重馬場も走れてスタミナはある馬だけに福島は合う。09クロワラモーは好位から順当なレースは出来ている。
◎13フラッパーウィング
○09クロワラモー
▲10サウスエンピリカル
☆12アイファーハイカラ
△14ミヤジシェンロン
△02タニノネグローニ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101024 g.kishiの夕暮れを背に! 第1部 菊花賞

2010年10月24日 01時46分09秒 | 競馬予想関連
京都11R菊花賞 D
今年の菊花賞、ダービー馬エイシンフラッシュ、皐月賞馬ヴィクトワールピサがどちらもいない。パッと見は混戦レースに思える。しかし戦歴をよくよく見直してみると重賞勝ち馬はたったの6頭。層の厚い世代と言われた割には素材があまりそろっていないように見える。

今回は人気のいびつさが目立つ。6頭しか重賞勝ち馬がいないのなら、それから人気するハズが、人気になっているのは重賞未勝利の01ヒルノダムールに15トウカイメロディ、そして02レーヴドリアン。内枠2頭は春のイメージでまだ秘めているものがある、15トウカイメロディはOP2走連勝のイメージが染み付いて、のものであろう。エイシンフラッシュがいなくなった分もあるのだろうが、きちんと実績を作った馬よりもイメージが先行している感がある。
ペースはどうか。こちらもヤマニンエルブの回避によって明確な逃げ馬がいなくなった。さすがに1番人気がキレを活かせる馬、さらにダービーもスローだっただけに、超スローまで落ちることはないと思うが、それほどスタミナスタミナしないレースになる可能性は存分にある。

これらを踏まえて、本命は17アロマカフェ。前走は内をうまく立ちまわったが超ハイペースの流れにタイオプ対応できなかった。ただしド不良馬場の山藤賞の勝利や最後バテ合いとなったラジオNIKKEI賞を勝っているように決してスタミナがない馬ではない。むしろ今年はメンバーがきちんとそろった感の合ったラジオNIKKEI賞の勝利はきちんと格のある馬という証明になりうると考える。鞍上は非常に気になるが、内容があるのに前走の負けを必要以上に重く見られているなら期待しない手はない。

10ローズキングダムはこのメンバーなら確実に世代頂点と言える。元々2歳時は無敗街道を突っ走った馬。どうしても母系のイメージからG1イマイチのイメージが拭えないが、皐月賞以外は全て馬券圏内に絡んでいるし、同族の馬の中でも明らかにフィジカルがしっかりしており、さらに前走成長を見せた22キロ増。スロー専門の可能性はまだ拭えずきっちり勝ちきるまでの期待はどうか、だが、上がり馬の可能性を信用しすぎるよりも、きちんと目の前にいるこの実績馬を嫌いすぎる必要は何も無い。

重賞未勝利馬の中ではやはり15トウカイメロディ。なかなかOP連勝は出来るものではないし、これまでそんなローテが存在しなかっただけにここは重賞勝ちと同じくらいの価値は感じる必要はある。斤量増加に滞在競馬得意疑惑などケチを付ける意味合いは沢山存在するけども、それを跳ね返す可能性も感じるだけに。

あとは重賞勝ち馬から04ネオヴァンドームと03クォークスター、13ゲシュタルト。超一発としては貯めに貯める競馬なら07ミキノバンジョーは終い脚を伸ばせている。これも前走負けはそれほどイメージの悪いものではない(直線一度2番手に押し出ている)だけに、最低人気ならむしろ買いたい。
◎17アロマカフェ
○10ローズキングダム
▲15トウカイメロディ
☆04ネオヴァンドーム
△03クォークスター
△13ゲシュタルト
注07ミキノバンジョー


東京04R未勝利 D
狙いは一発初障害で10トーセンインプレス。元々脚長のスタミナタイプであり、体躯はあるタイプ。しっかり逃げられそうな馬がいないメンバー構成だけに平地時代前に行けていたこの馬が先手取れれば粘るケースも十分考えられる。既走馬なら14エイデンダンス。前走重馬場とはいえ立ち回りは良く、このメンバー構成なら地力上位と言える存在。11モリノミヤコもオープン入着もある馬で人気落とすなら狙いたい存在。
◎10トーセンインプレス
○14エイデンダンス
▲11モリノミヤコ
☆05ドラゴンハンター
△08バイヨン
△01エアワルツ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101024 跳んで×3

2010年10月24日 01時46分09秒 | 障害予想
東京04R未勝利 D
狙いは一発初障害で10トーセンインプレス。元々脚長のスタミナタイプであり、体躯はあるタイプ。しっかり逃げられそうな馬がいないメンバー構成だけに平地時代前に行けていたこの馬が先手取れれば粘るケースも十分考えられる。既走馬なら14エイデンダンス。前走重馬場とはいえ立ち回りは良く、このメンバー構成なら地力上位と言える存在。11モリノミヤコもオープン入着もある馬で人気落とすなら狙いたい存在。
◎10トーセンインプレス
○14エイデンダンス
▲11モリノミヤコ
☆05ドラゴンハンター
△08バイヨン
△01エアワルツ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101023 g.kishiの夕暮れを背に!

2010年10月23日 15時00分42秒 | 競馬予想関連
東京11R富士S E
正直毎年荒れすぎている。コツは単に府中実績のある高齢馬を狙え。上がり馬調の馬は基本苦戦しているのが現状。狙いたいのは01リザーヴカード。府中5連対の実績。デキもだいぶ復調しているのが前走の走りから見て取れるだけに狙い頃。02セイクリッドバレーはキレはある馬。時計対応はカギも、内目の枠引けたのは良い。高齢の一発期待なら03ライブコンサートか。キレはあるしここんとこいずれも相手強すぎた。
◎01リザーヴカード
○02セイクリッドバレー
▲03ライブコンサート
☆06マルカシェンク
△05リルダヴァル
△10テイエムアタック
△12スピリタス

東京12R D
一発ありそうならまだキャリア浅く、時計対応もできている14ロジスプリング。安定身なら時計一番の13グラヴィテーション。
◎14ロジスプリング
○13グラヴィテーション
▲04マッドマックス
☆06ソークアップザサン
△10レッドボルサリーノ

京都11R室町S D
中心はスピード上位の10アースサウンドで仕方のないところ。メンバーがかなり楽だし斤量も正直恵まれていると思う。ただしこれをみんな目標にするだけにペースが上がっていきそうでヒモの狙いは差しに絞ってみたい。04タマモホットプレイはそこそこダートでもやれている現状に今回メンバー楽ときているだけに狙いはたつ。01マイプリティワンも終いを活かしたいタイプ。このあたりが絡めば。
◎10アースサウンド
○04タマモホットプレイ
▲01マイプリティワン
△09トシギャングスター
注08エーシンエフダンズ

京都12R D
一発狙いは01ジョーモルデュー。スタミナ優位で長距離を中心に使っている馬が多いが決め手ならこの馬。
◎01ジョーモルデュー
○08マストハブ
▲15メガロスバンダム
☆03プリンセスペスカ
△05ハギノリベラ
△06キャトルマン

福島11R会津特別 C
時計が相当速い馬場。しかも外を回しては届かない。04オレンジティアラがスピードに任せて行ってしまうが明らかにマークの対象となりそう。内目をしっかり回っていければ02バロンダンスが面白い。時計は8秒台を持っているし開幕週の実績もある。03バンガロールも時計速い馬場合うタイプで内枠、地力も上位。
◎02バロンダンス
○03バンガロール
▲09ブルームーンピサ
☆04オレンジティアラ
△01リネンパズル

福島12R蔵王特別 E
こちらも内目回れそうな06アイウォントユーから。
◎06アイウォントユー
○05アクアブルーフライ
▲07カノンコード
☆10マキハタセンシブル
△01スマートパルス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101023 跳んで×3

2010年10月23日 02時00分00秒 | 障害予想
京都04R未勝利 D
ちょっと弱すぎるメンバー構成。初障害で景気のいい時計出している馬が多く、これらを狙う。07デンコウムサシは97.1。脚長で前に行ける脚はある。05ビービースカットは時計たいしたことないがすっきりした腰高体型。平地1勝。10アスカノユタカは既走組で唯一実績ある馬。
◎07デンコウムサシ
○05ビービースカット
▲10アスカノユタカ
☆08シャイニーフライト
☆11シュウホーサンデー
△03シゲルハスラット
△12ブルーフォーチュン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101017 g.kishiの夕暮れを背に!

2010年10月17日 12時09分06秒 | 競馬予想関連
京都11R秋華賞 C
今年の牝馬クラシックは、人気上位がきちんと強い競馬をするシーンが目立っている。桜花賞、オークスと当ブログ予想においては適性などの小手先を持ち出して穴を狙ったがいずれも失敗。結局は地力差が大きい世代なのではないか。そして秋華賞の過去の勝ち馬を見ても、桜花賞に比べその後活躍に繋がる馬をたくさん輩出出来ているのも確か。世代の地力差、そして秋華賞の性質を考え、今年の秋華賞は、「選手権」であると考える。

中心は15アパパネ。昨年ジュベナイルフィリーズを制してから、牝馬の王道ローテをきっちり歩めている。気性の問題、距離の問題などいろいろ言われていたものを跳ね返しての2冠達成。前走は先々を見越して明らかに余裕残しの体つきでの負けで、叩かれた今回上積みは間違いない。この上積みの度合いが足りないようであれば他の台頭も考えないといけないが、ひとまずパドックを見るまではやはりこの馬の地力を尊重したい。

04アプリコットフィズもクイーンC制覇後からクラシックロード。前走はクイーンSで古馬を撃破できた。このレースは前有利の流れに乗ってのものではあるが、クラシックも少しの決め手の差で破れているだけで本質的には地力が劣るとは言えない。むしろ前走で示したものをきちんと評価すべき。内枠も有利。09アグネスワルツもスピードに勝ったタイプ。今回かなり展開楽な可能性もある。08オウケンサクラもきっちりとローテをこなしている。

もう1頭の桜花賞馬05サンテミリオンはやはりぶっつけローテがどうなのか。選手権であるからしてきちんと評価すべき馬の一頭であるのは間違いないが。他の人気馬はいずれもトライアルホースの匂いがプンプンするだけに、ここは全ツッパで。選手権なんで。
◎15アパパネ
○04アプリコットフィズ
▲09アグネスワルツ
☆08オウケンサクラ
△07レインボーダリア
注05サンテミリオン

京都12R京都オータムプレミアム E
相当混戦。一応スピード馬場で1000m勝ちも3連勝に含まれる10マルカフリートの決め手に期待したいが、地力では定量戦に戻った08マルカベンチャーの決め手は脅威。
◎10マルカフリート
○08マルカベンチャー
▲14ネオフリーダム
☆05ドスライス
△02ミゼリコルデ
△11フェイムロバリー

東京11R府中牝馬S D
秋華賞が選手権なら、こちらはあくまでステップレース。ならステップレースにきっちり適性を示す馬を選ぶという方向性で。昨年もステップレースホース、ムードインディゴが勝っているだけに。

中心は03ブロードストリート。スイートピーSとローズS、いずれもトライアルを好時計で制したトライアル、ステップレースホース。距離も1800がベスト条件といえるし充実4歳馬という点もある。字面ではまずここに目が行く。

馬場はスピードに寄っている、と考えるならマイルも走れるサンデー系という視点はどうか。12ウェディングフジコと13テイエムオーロラ。前者はどちらかというとスタミナ寄りではあるが、脚が続くという点では地力は劣らないし、むしろマークもされないメンバー構成だけに一発期待は面白い。逆にスピードに勝っているのが13テイエムオーロラだが自分の競馬ができたときはきっちり脚が続いていく馬だけに。06ブラボーデイジーも脚が続く系のマイル馬。
◎03ブロードストリート
○12ウェディングフジコ
▲06ブラボーデイジー
☆13テイエムオーロラ
△17ブライティアパルス
注05ヤマニンエマイユ

東京12R C
ダートも相当スピードに寄った馬場。ここは14サクセスオネスティを信頼したい。もともと1200でも走れるスピードタイプで、このクラス足踏みしてたように見えるが強いところとずっとぶつかっていただけに、気にする必要はあい。ただし純粋なスピードなら09ナムラカクレイも相当な決め脚がある。3歳の一発なら距離0.5F延長だけは気になるが13ケイアイクライム。まずこの3頭がひとつリードしており、といったメンバー構成か。
◎14サクセスオネスティ
○09ナムラカクレイ
▲13ケイアイクライム
△02ブライトアイザック
△05モアザンスマート
△15サウンドアクシス
注07トミケントラスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101016 g.kishiの夕暮れを背に!

2010年10月16日 11時26分11秒 | 競馬予想関連
東京11Rアイルランドトロフィー D
馬場はまず時計が速くいつものキレが必要な府中。中心はサンデー系。04メイショウレガーロがかなり楽な逃げ打てそうで面白い。同じくサンデー系の13イコピコも神戸新聞杯を勝っているように直線長いコース得意。ここは相手がかなり楽になった。03トゥザグローリーは特にまだ何も示せてないのに人気しすぎ。
◎04メイショウレガーロ
○13イコピコ
▲05サンライズベガ
☆07トリビュートソング
△10ルールプロスパー
△09トーセンジョーダン

東京12R C
上でも述べたように時計が速い府中。なら終いキレは少し劣る06マイティースルーを少し下げたい。狙いはサンデー系で04プラージュ。新潟コースの実績があってまだキャリアも浅い。メンバー的には地力もむしろ上位なだけに。01サンデーユーズもキレはきっちり持っている。10パールシャドウはキレより脚を長く使うタイプで3番手に。
◎04プラージュ
○01サンデーミューズ
▲10パールシャドウ
☆02メジロスプレンダー
△06マイティースルー


京都11Rデイリー杯2歳S C
POG馬はいるが、心を鬼にして03アドマイヤサガスに本命。前走はまだ直線手前を変えておらず窮屈な走り方をしながらもきっちり差し切った。今週坂路調教が素晴らしく、素質は最も秘めているように感じる。レースで下手をこく可能性はあるが、人気がバレていないうちに狙ってみる。12レーヴディソールはマイPOG馬。正直加速が素晴らしいのは初戦と調教内容を見てよく判った。ただし、まだレースでも調教でも速い流れを全く経験出来ていない。スケールがあるタイプではなく、ペースに戸惑うというベタな負け方が想像できるだけに中心視はできない。06メイショウナルトはキャリアもあって実直なレースはできそうな馬。ただ素質は◎○2頭には劣りそう。01トラストワンはスタミナしっかり。こういうタイプはこのレース得意。
◎03アドマイヤサガス
○12レーヴディソール
▲06メイショウナルト
☆01トラストワン
△11ミッキーマスカット
注05グランプリボス

京都12R D
狙いは15ハイローラー。上がり脚は一番でダ1400の決め手比べは一番合う。10ワールドワイドは徹底的にツンデレだがw、地力は認めざるを得ないので2番手。
◎15ハイローラー
○10ワールドワイド
▲14ペガサスヒーロー
☆01ワーズワース
△04メイショウシェイク
△07スマートアーサイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101016 跳んで×3

2010年10月16日 01時48分41秒 | 障害予想
昨年も同じ番組構成だったんですが、日曜は障害なしです。

東京09R東京ハイジャンプ D
このレースは距離こそ3300と長くないが、障害が高い分、分類としては3500以上の長距離スタミナ戦と捉えて良いレース。この実績に従う。08トーワベガは昨年冬から今年にかけて長い距離できっちりと実績を示している。休み明けだがここでは相手に恵まれている印象もある。03ギルティストライクも連勝中。こちらは長い距離への対応がカギにはなるが、府中の同距離はこなせている。一発ならハナ奪ったときの09タマモサプライズ。本質的にはスタミナタイプ。同型いるが、さばければ面白い。14コウエイトライはまだ半信半疑。今回マークがキツそう。
◎08トーワベガ
○03ギルティストライク
▲09タマモサプライズ
☆06マイネルネオス
△10イコールパートナー
△14コウエイトライ

京都04R未勝利 E
相当な混戦。狙うなら前走飛越は慎重だが確実にこなしてきた08アンブロークンの大駆けか、初障害で脚長体型の09ブチカマシとか。
◎08アンブロークン
○09ブチカマシ
▲07コンゴウ
△06アドマイヤサンサン
△01スカイボーイング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101010 g.kishiの夕暮れを背に! 第2部 京都

2010年10月10日 09時29分16秒 | 競馬予想関連
京都11R京都大賞典 D
中心は11フォゲッタブル。素質は早くから評価されていたが、伸び悩んでいた。それはこの馬の好走条件が狭いから。とにかくスタミナに寄せたい馬で勝ったのがステイヤーズSとダイヤモンドSなことからもそれは伺える。今回重状況でスタミナ寄りの流れが見える状況だけに狙う番。09オウケンブルースリは決め手一番のこちらもスタミナタイプ。昨年より1キロ減でもあるだけに面白みはあるがデキがどうか、だけ。06プロヴィナージュは楽に先行できるだけに。02メイショウベルーガは京都での実績で人気している状況だが正直今季デキが悪い状況つづいているし、重状況もキレを削がれるだけに不安。
◎11フォゲッタブル
○09オウケンブルースリ
▲06プロヴィナージュ
☆10ドリームフライト
△05シルクネクサス
△01ゴールデンメイン

京都12R D
重状況で活きるのが13フェスティヴマロンのしぶとい脚だ。ここの所前で消耗する競馬は続いているがあまり行く馬がおらずすんなり番手のポジションが取れそうなここは展開的にも楽。そのハナを行くのが06メモリーパフィア。こちらはまだ500万の身だが1000万での連対経験もあり、楽に先手取れた時のしぶとさは光るタイプ。02ダノンプログラマーは逆にキレを活かしたいタイプで馬場違うが地力は上位。
◎13フェスティヴマロン
○06メモリーパフィア
▲02ダノンプログラマー
☆09ハーリカ
△10ポンテディリアルト
△03メイショウジェイ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20101010 g.kishiの夕暮れを背に! 第1部 東京

2010年10月10日 00時49分42秒 | 競馬予想関連
東京11R毎日王冠 C
まずは02ペルーサを消すところから。瞬発力に寄っている馬で加速はできるがダービーでも見せた不器用さとキレ不足が祟る。スピードが求められるこのレースでもあり、なおかつここを本気で狙う必要はあまりない(賞金上積みの必要がない)3歳馬。バッサリ。

狙いはまずは01ネヴァブション。まず格という意味ではG2の複数勝ちがあってこの時点で実績はある程度リード出来ている。スピード面だけが最大の課題にはなるが、非根幹距離向きのタイプで、またG1でも崩れないことを考えるとイメージだけで不当に人気がなさすぎる。09スマイルジャックはきっちりしたマイラー。距離だけが最大の課題となりそうだが、重状況も得意で格もある。格はもちろん05ショウワモダン。ただしこの馬3連勝はいずれも人気薄でのもの。久しぶりに人気を背負って59キロという状況で飛びつくまでは至らないか。3歳の中なら再度04アリゼオを信頼する流れでも良い。こちらはスピード面は劣らない。
◎01ネヴァブション
○09スマイルジャック
▲05ショウワモダン
☆04アリゼオ
△07シルポート

東京12R D
狙いは14スガノメダリスト。もともとスピードに勝っている馬で時計が速い状況は合っている。しかも末まで脚が続くタイプなので府中もピッタリ。3歳馬が人気する状況で裏は付けそう。08デイトユアドリームも同じような適性で状況的には合ってる。
◎14スガノメダリスト
○08デイトユアドリーム
▲04スターボード
☆09バルーン
△05ベビーネイル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加