世界的備忘録

世界中で見れる私の競馬関連備忘録。メイン、最終を淡々と予想。

2月の浮き沈み

2007年02月28日 23時32分52秒 | 競馬収支
さて、2月も終わりなので、収支をまとめてみます。

2007年2月3日
場所:自宅→四国へ移動
投資  7700
回収     0
収支 ▲7700
回収率  0.0%

長期休みの初日で、自宅と新幹線車内でなんやかんやと買ったが全てスカという結果でした。。自信があった白富士Sではジャリスコライトをアタマからしっかり狙ったら危険な人気馬だと思ったネヴァブションに勝たれ。。といった具合。

2007年2月4日
場所:高知競馬場(要は電話投票)
投資  4500
回収  9670
収支 +5170
回収率214.9%

上記の通り、高知競馬に遠征しておりました。まあ高知競馬は最終Rで高知競馬史上最高が発生するなど、微妙な荒れムードで全タコを喰らってしまいましたが・・・

しかし、中央は東京10R金蹄Sのオリンピアンナイト頭信頼できちんと作り、荒れ芝の京都最終で少し上乗せしてプラスで終了。焼け石に水ですが、ちょっとは戻すことができました。

2007年2月10日
場所:自宅(実家)
投資  7500
回収  8560
収支 +1060
回収率114.1%

この日は実家でまったり。途中銭湯に出かけたりして良い感じで肩に力が入っていなかったのが良かったのか、飛鳥Sのマドモアゼルパリの単勝40倍を引っ掛けることが出来ました。ま、全体的にはそれほどきちんと勝負できるレースはなく、小倉もなんか今ひとつな感じがして、8Rの芝長距離でワイドを引っ掛けただけで強く買えるところがなかったのが、大勝まで至れなかった要因でしょうか。

2007年2月11日
場所:京都競馬場
時間:午後(5R)から
投資 11000
回収 21020
収支+10020
回収率191.1%

大型連休最終日。関東帰還直前に京都に寄ってきました。オーシャンエイプスのスケール感と腰の甘さに驚嘆し、それでも大丈夫だろうと思って馬券は買わずに見ていたら言い訳のきかない敗戦だったので、アタマを抱えたりはしていました。。。

しかし、馬券は小倉でそこそこの爆発。やっぱり最後まで芝の1200は裏切らない、と感じていた感覚を捨てないで良かったです。9Rはプレミアムボックス、11Rはセトノゼディタブと1番人気でない馬を本命にしてそれがきっちりと勝ち上がってくれ、レートも上げていた。もう少し絞り込んで払い戻しを厚くできたかもな?という思いもありましたが、これはこれで良かったと思います。

2007年2月17日
場所:仕事の為、電話投票
投資  4700
回収  7910
収支 +3210
回収率168.3%

普段の休日出勤とは違い、自主的なものだったので、昼からゆっくりと出勤したのですが、その前にドトールでコーヒーを飲みながら馬券を仕込みました。

勝負に行った京都8Rを中心に3鞍を購入しようとしていたのですが、ふと思い立って東京最終を買うことに。結果、他の3鞍全部はずれ、しかし足した東京最終で馬単79倍を引っ掛けてプラスという結果になりました。これでなんと開催日4連勝。

2007年2月18日
場所:東京競馬場(現場)
時間:午後(5R)から
投資 12100
回収  1800
収支▲10300
回収率 14.9%

G1当日。すっかり板についた午後から出動で府中に向かいました。

久々のG1現場ということで気が緩んだのか、そこそこの額でバシバシ打ってしまい、結局ダダ負けという結果になってしまいました。。。

フェブラリーS自体は直前でイヤな予感が走り、オレハマッテルゼの単比率を下げ、何頭かに分散する形で当たればデカい形にしたのですが、サンライズバッカスは妙味的に嫌ってしまいドボン。これはまだチャレンジに行っているので良いのですが。いけないのは最終Rの場の選択。どちらも前日予想◎が勝利しているのですが、結局京都のスナークタイガーを信頼しつつ、しかしなぜか2着付けを厚くしてしまい、ドボン。かたや府中は◎○で馬単27倍がスンナリだった・・・

うん、これまでの傾向から考えるとどう考えても的中可能性は府中>京都なんだから、府中にする、あるいは両方手を出す、という工夫が必要だったのかもしれませんね。惨敗の1日でした。

2007年2月24日
場所:仕事の為、電話投票
投資  6400
回収  1590
収支 ▲4810
回収率 24.8%

2007年2月25日
場所:仕事の為、電話投票
投資  1200
回収     0
収支 ▲1200
回収率  0.0%

土曜(24日)は、買いたいレースが阪神ばかり。今までのことから、なんか嫌な予感がしたため、一つルールを決めてみました。それは、「トリガミを厭わないこと」。

具体的には、阪神3Rで前日予想通り2エノクと15コアレスハリケーンが買いたいとなりましたが、2エノクは単勝が1.9倍と安い。で、これまでだと2エノクは外して15コアレスハリケーンからドーンといっていたのでしょうが、今回は2エノクの単をきっちりと押さえ、これが入ったら多少戻りだけでよい、と割り切ってみました。

結果、その通りで2エノクが楽勝。少しだけお金を戻すことで、全負け全負けのダメダメリズムに少しでも歯止めをかけ、その間に阪神の攻略についてあらゆる観点から確認していきたいと思います。

日曜(25日)は中山記念を少しだけ買っただけでやる気はありませんでしたね。

ということで現時点の年間収支は以下の通りです。

投資  119200
回収   87290
収支 ▲ 31910
回収率   73.2%

まあ低空飛行ですね。2月も結局マイナスになっていますし。。。ま、これからの時期、さらに馬券的に苦しい(個人的に)春に入っていくので、糸口をつかむ、という観点をきちんとしていきたいとは思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20070225ミニミニ展望

2007年02月25日 12時39分21秒 | 競馬予想関連
こんな時間に上げてる時点でやる気がないですが、その通り、全く買えそうな番組がないです。まあ一応重賞だけでも。

中山11R中山記念
◎6グレイトジャーニー。中山はダービー卿CT勝利もあり、実は得意なコース。開幕週でサンデー産駒、内目の枠と条件は整っているだけに、この人気なら狙える。

スローに落ちるなら○4マルカシェンクが4歳ということでなんとかできないか。まあそれでもそれほど自信はないが。

でも、そもそも人気が直前の成績に盲目的になりすぎてる気がする。9エアシェイディも中山重賞の度に人気しているが裏切ることの方が多く、どう見ても東京の方が得意。7インティライミも古馬重賞勝ちない割に常に人気。15シャドウゲイトも連勝で人気が上がっているが開幕週はどうだろう。
◎6グレイトジャーニー○4マルカシェンク

阪神11R阪急杯
阪神の芝が想定していたよりも結構重いということがポイント。まあ重い芝対応という方向で考えると1プリサイスマシーン-15シンボリグランというスワンSそのまま、しか出てこないんだけど、そう甘くはないよなあ・・・
◎15シンボリグラン○1プリサイスマシーン

買うなら一応中山記念かな。でもまあ、真面目に仕事してろってことでしょうね、たぶん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20070224展望

2007年02月24日 01時53分29秒 | 競馬予想関連
苦手な、超苦手な2場開催です。調べてみたら、去年はこの開催期間、1週遅れで始まる中京も併せて開催全タコを喰らっていましたorz

今年は、気負わず、ボチボチやっていきます。美味しいところだけ、意識して後は全部捨てる!って気概が必要ですな。

~重賞~
阪神11RアーリントンC
興味がそもそも薄い。ただ勝ち馬は先行スピードに長ける馬、と相場が決まっている。ちょい穴で12トーホウラムセスを推してみるが全く自信はない。
◎12トーホウラムセス○14ローレルゲレイロ▲16エイシンビーエル

~その他~
阪神9R千里山特別
サンデー産駒でキレ身上が明らかな2イントゥザグルーヴ。なのになぜか今まで開幕週を使ったのはフローラS(17着)のみ。外回りでドスローが見えるだけにまず中心視。面白いのは1エリモファイナル。キレはきちんと持った馬で、先行できることで優位に進められるはず。他もある程度絞れるため、チャレンジ3連単かも。ただしイントゥのみのアタマで攻めるのは少しだけ気が引けるが。。。
◎2イントゥザグルーヴ○1エリモファイナル▲6シルクダッシュ

阪神10R御堂筋S
ここもドスロー想定で。長く脚を使える馬が人気しているが、やはりそこは外回り。キレと瞬発力の勝負になるはず。

ということで、10エイシンニーザンがメンバー中最もキレる馬なのは間違いのないところ。同じキレ味という意味で9エアサバスももう一度。3ダークメッセージは地力が上である可能性はある。
◎10エイシンニーザン○9エアサバス▲3ダークメッセージ

阪神3R
どうせダート経験組が頼りないんだろう。アタマの狙いは2エノクと▲15コアレスハリケーン。エノクは前走見たがゴツゴツしたダート馬体型でピッタリなはず。
◎2エノク▲15コアレスハリケーン○11ローケイダブリュ

中山3R
着順的にもヌルい競馬が続いている8コスモリバイアサンや、ジリっぽいというコメントが残る1フィクシアスよりもSPで9キングオブハイシーがハナ切って逃げ切るという新味に期待したい。
◎9キングオブハイシー

な、中山が少ない・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第24回フェブラリーS

2007年02月18日 01時53分31秒 | 競馬予想関連
2007年2月18日 東京11R
第24回フェブラリーS

過去10年のVTRを見て思ったのは、「2年連続で好走できる馬が少ない」ということ。昨年一昨年と2着しているシーキングザダイヤ、そして00年優勝、01年2着のウイングアロー。そしてG1になってからの連覇はない。

つまり、ナマモノだ。

その瞬間、瞬間の頂点をきちんと決めるレース、厳しいG1レースといえる。レースの格付けは地方の中央交流G1と同じではあるが、どうしてもJCDとこのレースは、レースの質が1枚違う。地方ならあれほど勝てるアジュディミツオーが全くダメなように。

なぜか。理由は、徹底したスピード性能が求められるから。地方馬だらけの緩いペースの地方交流G1とは全く違う、厳しいレースがそこにはある。

そして、今年の状況は、中央のダートG1勝利馬がいない。前哨戦もいずれも準OPクラスからの進出馬が勝った。要は頂点の力関係が飽和しており、簡単にチャレンジャーの進出を許す状況が出来上がっている。JCDのアロンダイトしかり。

これらの観点を総合して、この狙いが大きな間違いではないことを確信した。

本命は、11オレハマッテルゼ。

初ダートがG1。全くの未知である。もちろんからっきし下手という可能性も否定はできない。この馬の体が一般的にダートに向くとは思えないという意見もあると思う。

しかし、メンバー中唯一の中央G1勝ち馬。左回り身上でスピードを徹底的に求められる条件。さらに付け加えると、過去の勝ち馬では芝G1勝馬がアグネスデジタル、アドマイヤドン。G1連対馬ならメイショウボーラー。G2時代だがホクトベガも芝G1馬。おまけでグルメフロンティアも直前中山金杯勝ち。

ゴツゴツした馬体のダート適性よりも、むしろ芝に適性を見せた方が効率的なのは明らかである。ましてや極端な芝1200のスピード戦を制しているこの馬。芝でマイル勝ちの経験もあるし、上がり勝負の今の馬場も好材料。

この人気なら敢然と狙っても後悔はしない。大丈夫だ。

ただ馬券作戦としては、新興勢力の他馬の単勝も抑えておきたい。6メイショウトウコン、3タガノサイクロン。どちらもゴツゴツダート系ではあらず、スピードに期待できる。また、芝重賞連対経験のある14メイショウバトラーも人気落とすなら一応警戒したい。

2、3着は、やはり4シーキングザダイヤ、8ブルーコンコルドあたりがきっちり確保する可能性が高いと思うだけに、単で攻めたい。

=単勝を買いたい馬=
◎11オレハマッテルゼ
○6メイショウトウコン
▲3タガノサイクロン
☆14メイショウバトラー

=連軸候補=
△4シーキングザダイヤ
△7ブルーコンコルド
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20070217展望

2007年02月17日 10時13分43秒 | 競馬予想関連
今日も休日出勤(午後から)。今開催は結局京都1回、府中1回(明日)のみの現場参戦となります。

さりとて良いレースもないんですよね。折角府中の馬場がかなり内伸びなんで、このバイアスを生かしたいのですが。まあ明日の後半はほんと狙えそうな番組目白押しなんで、明日頑張るということで。

~重賞~
東京11RクイーンC
人気が13カタマチボタンと5ハロースピード。ただし前者は牡馬混合500万クラス上がりで人気しており、後者は実力は認めるが、超大トビの走法がキレ身上の府中馬場で生きるとは少し考えづらい。

中心視は6シュガーヴァイン。2走とも上がり34秒台の脚をしっかり使っており、キレは持っている。内枠よりで鞍上が捌ければバイアスが生かせる。1クラウンプリンセスも前走阪神外回りとはいえ、34秒台。きちんと溜められれば。

でもあまり自信はない。
◎6シュガーヴァイン○1クラウンプリンセス▲12ローズオットー

京都11R京都記念
現行、4歳トップクラスの一部が欠けただけで相当なメンツが集まったように思える。きちんとしたG2的な厳しいレース(ペースではなく、格という意味で)になり、実力が試される。

馬場は荒れ馬場。長く脚を使えることが必要。なら9アドマイヤムーン。瞬発力身上タイプに見えるが、新馬戦はズブズブの不良であるし、ややパワーのいる北海道の芝や香港で好走できるように本来は重い芝が得意なタイプ。59キロは確かにキツいが、そこは別定重量。ハンデ戦の59キロとは意味が違う。

3ポップロックはやはり現行の序列では上位におかないといけないし、京都のスタミナ比べはあっている。スタミナの観点から2トウカイワイルドも消しきれない。

あとは2,3着拾いなら4スウィフトカレント、14ファストタテヤマあたり。
◎9アドマイヤムーン○3ポップロック▲2トウカイワイルド

~その他~
東京10R春望S
準OPは下からの勢いで突き抜ける馬が続出している。前走で連勝は止まったが、これは出遅れただけと見ればここも13テイエムザエックスに期待したい。まあ状況がベストマッチではないので、オッズ次第だが。
◎13テイエムザエックス

東京12R
そんなに圏内に頭数が多くないレース。で、人気過剰馬14フェラーリファイブがいる。以下の印から広めに工夫して拾ってみたい。
◎9リキッドノーツ○11スーパーキャノン▲5ジャッキーテースト△15マイネルキッツ☆4セキサンフジ

京都8R
京都徹底荒れ馬場適性は、≒北海道重芝適性といえる。これを重視なら10アドマイヤサンサンでほぼ大丈夫か。同様に函館適性あった15チェリームーン。一発勝ち切り警戒は5ディルシード。大トビサンデー6フサイチシャナオーは状況違う。
◎10アドマイヤサンサン○15チェリームーン▲5ディルシード

京都9Rつばき賞
3ヒラボクロイヤルは脚を上げる形の大トビで状況に合わない。なら掻きこんでパワー的な走りをする9ダノンフローラ。ダートのパワーを生かせれば13アドマイヤマジンでも。
◎9ダノンフローラ○13アドマイヤマジン▲6ケープポルト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20070211展望

2007年02月11日 11時50分27秒 | 競馬予想関連
午後から京都現場です。まあいいレースもないので、気負わず、ある意味適当に。

東京11RダイアモンドS
徹底的にスタミナが必要なハンデ戦。ステイヤー能力を秘めている新興勢力には注意したい。

12チェストウイング中心。東京の長距離レースでクラスを上げてきた同馬。アルゼンチン共和国杯が不完全燃焼な内容だっただけに再度の府中で巻き返せる。一発期待は9ターキー。3連勝の内容はいずれもスタミナを見せつけてのもの。49キロも魅力。

2トウカイトリックは府中実績がもう一つで坂の克服がカギか。4バイロイトは実績の割にハンデ積まれた印象があり、狙いにくい。
◎12チェストウイング○9ターキー▲1セレスステーラー

京都11Rきさらぎ賞
6オーシャンエイプスの前走内容だけでおなかいっぱい(笑)。馬群こなす云々はクラシックトライアルからで良いと思う。通過点。

相手もアイデアはなく、普通に3ナムラマースの堅実性か。上がり勝負本望馬に注意はしたいが、馬券妙味激しく薄い。
◎6オーシャンエイプス○3ナムラマース

以下はつぶやきなども折混ぜつつ。

東京8R 一発タイプに注意。ペースはスローか。
◎8コスモアブソリュート
東京9Rカトレア賞
穴狙うとしたら、道営出身の中でバレてない13リバームーン。
注13リバームーン
東京10R調布特別
スローの隊列が落ち着く。詰め甘い1マチカネゲンジとエイシンサリヴァンだが、流れはむしろ向く。
◎13エイシンサリヴァン○1マチカネゲンジ▲9セイコーアカデミー
東京12R
人気が案外偏っているが、実力的に差はないメンバー、連勝狙いで15クレヨンルージュを狙う。
◎15クレヨンルージュ○1モンヴェール▲8モリトヴィーナス
京都10R北山S
準OPは下からの勢いを買うのがトレンド。16ヴァンデグローブもオール連対馬で勢いがある。ここは隊列落ち着き前で速い脚を使うことが必要で、基本荒れないはず。
◎16ヴァンデグローブ○8キクノアロー▲7サンワードラン
京都12R
難しいが、人気が近走実績に偏っているだけに他から組をなんとか絡めたい。
◎8ナナヨーヒマワリ○2アドマイヤキラメキ▲1エレスサール

小倉6R まずまともな馬がいない。なら思い切ってダート長距離初組から穴。
◎9グラスガルーダ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20070203展望

2007年02月03日 11時36分41秒 | 競馬予想関連
これから旅の準備をするので、とりあえずまた重賞だけで。

小倉11R小倉大賞典

去年VTRを見て思ったのが、「ローカル重賞特有のスタミナズブズブ」ではないということ。3年前から上がりが35秒台となっているように、基本的には隊列をきちんと主張し、最後もある程度脚を使わないと勝ちきれない重賞に様変わりしている。

今年もハナを主張する馬が思いのほか少ないだけに、同じような流れになると考える。ただしそこはローカル荒れ馬場。単純な上がり勝負対応型のキレを持っただけのサンデー血統ではなく、少しスタミナ色のある先行馬という狙いをしたい。

ならひとまずは去年2着の5エイシンドーバー。硬さはある馬だが、立ち回り力があり、実力比較をしてもまず上位に上げられる。簡単には落とせない。8マヤノライジンも前走はスタミナばかりが問われたので巻き返す余地は十分あるし、ハナ行く可能性もある。

面白いのは14タガノデンジャラス。弱い世代とはいえ、クラシックに乗った馬でもあるし、隊列を取っての速い脚なら十分ヒケを取らない。人気が落ちきった今回は魅力。過去中京2歳Sでは12番人気で穴を開けている。

11マルカシェンクは先行力、上がり脚はある馬だがやはりサンデー的な柔らかさが勝ち過ぎている馬で、上がり34秒対応型。ちょっと馬場が違うと思う。

◎5エイシンドーバー○8マヤノライジン▲14タガノデンジャラス☆1ナスノストローク注3スズノマーチ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加