アメージング アマデウス

天才少年ウルフィは成長するにつれ、加速度的に能力を開発させて行きました。死後もなお驚異の進化は続いています。

丘の上のマリア Ⅴ 小早川真⑥

2017-01-03 18:47:29 | 物語

 2010年十二月二十四日、吉川真はようやく釈放されて横浜刑務所を出所し
た。
 吉溝が車で迎えに来ていた。
「悪かったな。まあ乗れ」
 ドアを開けて吉溝が言った。
 真は苦虫を噛みつぶしたような顔で助手席に乗り、ドアを閉めて安全ベルト
を締めた
「前に言ってあったように、これからお前の勤め先と住まいに連れて行く」
「有り難う、とでも言えば良いのか?」
「そんなにむくれるな」
 その後は二人とも黙り込んだ。
 一時間以上高速を飛ばしても降りる気配は無かった。
 吉溝は無言のまま車を走らせ、真もまた無言のまま車外を眺めながら、何処
を目指しているの考えていた。高層ビル街を抜け、いつしか海が見えていた。
 ディズニーランドを過ぎ、暫く走ってようやく高速を降りた。

 小さな河辺の五階建てマンションの前で車はようやく止まった。
「なんだ勤務先じゃ無いのか?」
「お前が働くB警備保障は明日からの勤務で良い。今日はゆっくりして休め」
 ボストンを持って降りる真、マンションを眺め回した。
「408号室を用意してある」と言って、吉溝は鍵を真に投げて渡した。
「多分必要無いがな。開いている筈だ」
 マンションに向かって、真が歩き出すと、吉溝は携帯を手にとって耳に当て
て小声で言った。
「たった今着きました。後三分もすればそちらに到着します。真の事宜しくお
願いします」
 真の後ろ姿を見やって呟く吉溝。
「お前は生まれ変わったんだ。みんな忘れろ、キチカワマコト」

 408号室の前で佇んでいる真、ドアノブを回すと、矢張り開いていた。
 用心深く、少しだけドアを開けて、中の様子を伺う真。刑事の習性だ。
 玄関に足を踏み入れる真。玄関もそれに続く廊下にも明かりが付いていた。
突き当たりはリビングになっているようだ。が、暗くて確認が出来ない
 スリッパが揃えられて主を迎えて呉れた。
 左手の部屋を開けると、そこは小綺麗な浴室になっていた。
 浴室のドアを閉めてリビングの方を見ると、ようやく明かりが付いた。
 耳を澄ますと、聖歌らしき音楽が漂って来た。

♪ まばゆい光が輝き渡り 喜ばしい夜が明けると 
  小鳥たちは歌いながら お祝いに飛び立つ

 歌声に誘われ、真はリビングの扉を開けた。
 降り注ぐ燦歌の元で二人の女性が立っていた。
「お帰りなさい。真さん」
 左側に立っていた女性、陽子が真に抱きつき、首にすがりついて耳元で囁い
た。
「私たちを守ってくれたのも、このマンションを用意してくれたたのも吉溝さ
んなのよ」
「吉溝が?」
 予想も付かなかった。真は改めて部屋を眺め回し、はにかんで俯いている制
服姿の娘に視線を止めた。きっと雅子だ。夢にまで見た雅子に違いない。
「あの娘にはみんな話して有ります」
 と、囁いた陽子が雅子を見詰めた。涙が頬を流れ落ちた。
「どうしたの? 雅子、あなたのパパよ」
 ようやく顔を上げて父親を見る娘、真っ赤に頬を染めたと思うと、夢中にな
って真に縋り付いた。
 真は左手で陽子を抱えたまま、右手で雅子を抱きしめた。
「悪かった。雅子。本当に悪かった」
 暗い海底を彷徨っていた真の上に、溢れる陽光と燦歌が降り注いで来た。
    2017年1月3日    Gorou
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丘の上のマリア Ⅴ 小早川真⑤ | トップ | 血に啼くわかれ »

コメントを投稿

物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL