酒井ひろあきの『からっ風日和』

日本共産党・群馬県議会議員 酒井宏明 

 いのちと暮らし・平和の守り手 
   市民の声をまっすぐ県政に届けます

日本共産党街頭演説 小池晃書記局長の訴え(2016年6月23日 高崎駅東口)

2016年06月27日 | 2016参院選
こんにちは。日本共産党の小池晃です。
たくさんお集まりいただきありがとうございます。歴史的、画期的な選挙が始まりました。
全国32の1人区すべてで、この群馬も含めて、野党統一候補が実現しました。どうかこの選挙、アベ暴走政治を許さない一票を、堀越けいにんさんへ広げ、群馬の代表として押し上げていこうではありませんか。同じような名字の人が代わるがわる国会へ行く、こんな群馬を変えようではありませんか。

自民党への1票は、憲法9条を壊す1票
 さきほど私は、この宣伝カーの下で、参議院の副議長を務められた角田義一元参議院議員にお会いしました。ハグまでしてしまいました。私が角田さんとハグする日がくるとは夢にも思いませんでした。今日本の政治は確実に変わりつつある。なんで共産党は今までの方針を変えて選挙の協力に踏み切ったのか。アベ政治があまりにも危険で、あまりにも異常だからです。国会議員は、大臣は、憲法を守らなければいけない。憲法違反の法律をつくってはいけないんです。ところが、安倍さんは、「私が責任者だ」と言って歴代自民党の憲法解釈を一夜にしてひっくり返した。憲法よりも自分がえらいと思っている総理大臣、個人の上に国家を置いてしまうようなそんな総理大臣、こんな政治を許していたら、日本は独裁国家になってしまうではありませんか。
安倍首相の狙いはそこにとどまりません。憲法そのものまで変えようとしています。憲法違反の安保法制を強行しながら、憲法違反の状態を解決すると称して、憲法9条2項を削除して、国防軍を持つと。何の制約もなく海外で武力行使ができるようにしようとしています。
昨日の夜、BSの討論番組がありました。自民党からは新藤義孝元総務大臣が出ました。私が「自民党の改憲案には9条2項を削除すると書いてありますね、国防軍をつくると書いてありますね、今度の選挙で自民党は、多数をとったら、この後の国会でこれを提案するんですね」と聞いたら、新藤さんはあっさり「そうです」と答えました。
みなさん、はっきりしました。自民党への一票は、憲法9条を壊す一票です。堀越けいにんさんへの一票は、戦争する国にしない一票です。どうかみなさん、必ず勝たせてください。
 安倍さんは、安保や自衛隊で政策の違うものが一緒に選挙をやるのは許せないと言っています。許せないのは憲法を壊した安倍政権ではありませんか。今度の選挙で問われているのは、安保条約をなくそうとか、自衛隊をなくそうとかいうことじゃないんです。安保条約なくせとは言っていません。安保法制をなくせと言ってる。これは野党ががっちりと一致しているんです。北朝鮮が中距離弾道ミサイルを撃った。「ああ、やっぱり安保法制は必要だ」と自民党は騒いでいます。しかし、安保法制があってもああいう無法国家には何の役にも立たないということが、逆に証明されたんではないでしょうか。こういう軍事対軍事の悪循環が一番悪い。一番危険なんです。軍事対軍事の悪循環ではなくて、憲法9条を堂々と掲げた、弱腰でない断固たる平和外交が日本には必要です。憲法9条は日本しか持ってない。日本が持っている宝物なんです。これが持ち腐れになっている。これを生かす外交を堀越けいにんさんにやってもらおうではありませんか。

野党共闘は「野合」ではなく「希望」
 自民党は、「理念なき野合だ」と言っています。自民党には言われたくありません。立憲主義を取り戻す、これ以上の理念はないではありませんか。今回の共闘は、市民の皆さんが求めたんです。PAGのみなさん、へいわの風のみなさん、かたつむりの会のみなさん、市民のみなさんが、「野党は共闘」と声をあげ、それに押されて政党が動いた。市民が求める共闘が、野合のはずがないではありませんか。これは「野合」ではありません。「希望」なんです。みなさんの一票で、政治を変えることができる。みなさんの一票で、安倍政治を終わらせることができる。みなさんの一票で、安倍さんの顔をテレビで見なくていい日がくるかもしれない。まさに「希望」の一票ではありませんか。どうか「希望の一票」を堀越けいにんさんに、広げに広げて必ず勝たせてください。よろしくお願い申し上げます。
 日本共産党は、思い切った対応をすると申し上げ、全国32人のほとんどの選挙区で立候補者を降ろして比例にまわっていただいて、群馬でも伊藤さんにそうやっていただいた。でも、全部降ろすとは言いませんでした。1つぐらいは共産党でと言ってきた。そうしたら四国の香川県で、共産党の田辺けんいちさんが野党統一候補にしていただきました。相互協力がはっきりした。いよいよ力強く進んでいこうではありませんか。
 追いつめられて、安倍さんはとんでもないことを言い出しています。「気をつけよう、甘い言葉と民進党」。総理大臣が口にするセリフじゃありません。「民進党にはもれなく共産党がついてくる」。待ってください。ついてくるのは共産党だけではありません。社民党だってついてくる、生活の党だってついてくる、何より、市民が後押ししてくれているではありませんか。これが私たちの力。これがパワーなんです。これが安倍政治を終わらせる力なんです。どうかみなさんの力で、安倍政治を群馬から終わらせる、その一票を広げに広げてください。よろしくお願いを申しあげます。

いつまでたっても「道半ば」のアベノミクス 道の向きが逆
 アベノミクスも問われる選挙です。安倍さんはいつも言うんです。「アベノミクスは道半ば」と。でもどうでしょうか。一年たっても「道半ば」。二年たっても「道半ば」。三年たっても「道半ば」。いつまでたっても「道半ば」ではありませんか。「道半ば」ではないんです。道の向きが逆なんです。「企業が世界で一番活躍しやすい国をつくる」とおっしゃった。確かに大企業の収益は過去最高になっています。でも働く人の実質賃金は、5年連続低下をしています。家計消費、経済の6割をしめる家計消費は、戦後初めて2年連続マイナスになっている。こういう大事な数字を、安倍総理は絶対言わないわけです。
さらに、みなさんの大事な年金資金を株式投資につぎ込んで、株価は上がって株主は大金持ちになったかもしれません。しかし、貧困と格差がどんどん広がっているではありませんか。消費税増税を2年半先送りする、そう安倍さんは言い出しました。ああ、やっと気がついたのか、アベノミクスの失敗に気づいたのかと思ったら、どうもそうじゃないらしい。「アベノミクスはうまくいっている、世界の経済が調子悪いんだ」と。世界の人はびっくりしているんじゃないでしょうか。この次何を言い出すのでしょう。宇宙人が攻めてくるとでも言うんでしょうか。
「これまでの約束とは異なる新しい判断をしました」。これもとんでもありません。子どもが真似したら大変ですよ。「今日宿題する約束だったよね」「いや、これまでの約束とは異なる新しい判断をしました」。めちゃくちゃじゃありませんか。はっきり認めた方がいいと思う。「アベノミクスは失敗をいたしました、消費税はもう二度と増税いたしません」と、きっぱり言うべきではないでしょうか。

アベノミクスによる貧困と格差を是正する「3つのチェンジ」
税金はお金を持っている人からいただく、これがスジじゃありませんか。消費税じゃない。増税するならアベノミクスでさんざん儲けた富裕層ではないでしょうか。中小企業は、利益の20%分の法人税を払っている。しかし大企業にはいろんな優遇がありますから、12%ぐらいしか払っていない。これを、せめて中小企業並みに払ってもらえば6兆円の財源がつくれます。消費税増税なんて必要ない、社会保障の財源はつくれるではありませんか。
税金の使い方をチェンジしましょう。税金の使い方、まずは子育てに、それから若者に、社会保障にこそ使うべきだと思います。認可保育所を思い切って増やして、「保育園入れてよかった。日本大好き」こういうブログを書いてもらおうではありませんか。
返さなくていい給付制の奨学金をつくる、これも野党の共通の約束になっています。これ、まず3500億円で始めようではないかと共産党は提案しています。財源どうするのか。アメリカ軍に対する思いやり予算は、3700億円、アメリカ兵一人当たり768万円の思いやり、思いやる相手が違うと思います。未来を担う若者への投資こそ、税金の正しい使い方です。使い方のチェンジをやろうじゃないですか。
 そして、働き方のチェンジです。ブラック企業をなくしていく、ブラックな働かせ方を一掃する、労働者の派遣法の大改悪は、まず、元に戻させようではありませんか。野党共闘で残業時間の上限を規制する法案の提出もしました。これを実現して、長時間労働のない日本を、ご一緒につくっていこうではありませんか。
最低賃金、これが政治ができる賃上げです。中小企業に思い切って支援をする、これとセットで最低賃金、ただちに時給1000円を実現し、1500円をめざしていく、こうすれば商店街の買い物も増えます、タクシーだってみんな乗るようになります。経済の好循環というのはこういうことを言うんじゃないでしょうか。安倍さんは「三本の矢」「新三本の矢」合計六本の矢を放って一つも的に当たらない。
しかも今度アベノミクスで何をやるのか、具体的になにをやるのか言いません。「アベノミクスのエンジンを吹かす」と言うだけ。吹かしてどこへ行くのか、吹かして何をやるのか何にも言わないじゃないですか。これだったらエンジン空ぶかしで排気ガスをまき散らすだけじゃないでしょうか。野党はこの選挙、アベノミクスによる貧困と格差を是正する具体的な提案をしています。保育士の賃金の引き上げ、介護労働者、障害者福祉労働者の賃上げ、法律まで出しました。対案を示しています。行きづまりのアベノミクスさようなら、新しい、家計を応援する本当の成長戦略を実現しようではございませんか。

戦争法を廃止し、立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す選挙
 みなさん、憲法がかかった選挙になってまいりました。
冒頭に申し上げたように、自民党の改憲草案、ぜひ読んでみていただきたい。恐るべき中身です。憲法9条を変え、国防軍をつくる、そして、緊急事態条項の名で事実上の戒厳令を敷き、憲法停止状態をつくりだそうとしています。「個人の尊厳」という言葉を削除し、憲法97条の「基本的人権は侵すことのできない永久の権利である」という条文まで削除しようとしています。そして「公の秩序」すなわちお上の都合で基本的人権を制約しようというわけであります。みなさん、憲法というのは国家権力を縛るための法律なんです。しかし安倍さんがつくろうとしているのは、国民を縛ろうとする憲法なんです。これはみなさん、憲法の顔をしていますが、憲法ではありません。こんなものを断じて許すわけにはいかないではありませんか。
 みなさん、今度の選挙、はっきりしてまいりました。この群馬選挙区、堀越けいにんさんを勝たせていただいて、戦争法をキッパリ廃止する、そして、立憲主義、民主主義、平和主義をこの国に取り戻す選挙です。立憲主義を取り戻すということは、憲法を守る政治をちゃんとやるということなんです。当たり前のことじゃありませんか。この日本を当たり前の社会にしようと、そう呼びかけているのが堀越けいにんさんなんです。どうかみなさん、思い切って、広げに広げに広げぬいていただいて、日本中が「アッ」と言うような、群馬が変わったら間違いなく日本が変わります。どうかみなさんのお力で、群馬選挙区、堀越けいにんさんを勝たせていただきたい。心から訴えます。
 今、あらゆる分野でたたかいが広がっています。学生の団体SEALsが、ママの会が、ここ群馬では若者のPAGが、ぐんま市民連合へいわの風が、地域地域で「戦争する国にしない」と声を上げています。京都の86歳の男性が朝日新聞に投書しています。この方は、特攻隊で多くの仲間を失ったそうです。そしてSEALsのデモを知った時、うれしくて涙を流したとおっしゃっています。「学生さんたちに心から感謝する。今のあなたたちのようにこそ、我々は生きていたかったんだ」と。世代を超えたたたかいが、日本列島すみずみまで広がっています。戦争への足音が耳元で聞こえるような、そんな情勢だからこそ、今度の選挙、大事だと思うんです。

沖縄の「米軍基地なくして」の願いに、群馬からもこたえていこう
 最後に私、沖縄の問題を訴えたいと思います。
今日(6月23日)は沖縄の最後の地上戦が終わった鎮魂の日です。沖縄ではまた、アメリカ元海兵隊員による許しがたい事件が起きました。沖縄では小さな子どもの命が、そして女性の尊厳が、次々と踏みにじられる事態が続いてまいりました。そして、1995年のあの少女暴行事件の年に生まれた、二十歳の女性の命が、今度また奪われたんです。
日米首脳会談で、安倍首相は、基地の撤去はおろか、最小限の要求である日米地位協定見直しも提起しませんでした。そして会談の後で、「日米同盟は希望の同盟だ」と言いました。しかし、二十歳の女性の犠牲の上に成り立つ同盟のいったいどこが「希望の同盟」なんでしょうか。基地あるが故の犯罪です。基地あるが故の事件です。基地をなくす以外に解決の道はありません。
沖縄県議会では史上初めて、全会一致で海兵隊の撤退を決議しました。海兵隊の撤退ということは、辺野古の基地はもういらないということになるじゃありませんか。普天間の基地の代わりに辺野古の美しい海を壊して基地をつくろうとしています。しかし、普天間基地の原点とはなにか。あそこは沖縄の人々が平和に暮らしていたんです。それを、収容所に入れている間に勝手に取り上げ基地にした。それが、60年たって世界で一番危険になったから代わりの基地を差し出せというのは、あまりに理不尽ではありませんか。
私は、独立国であれば日本の政府はアメリカ政府に堂々とこういうべきだと思います。私だったらこう言います。「引っ越し先は自分で見つけて、引っ越し費用は自分で出して、荷物をまとめて出てってください」これが当然言うべきセリフだと申し上げたい。沖縄の人々の、米軍あるが故の犯罪をなくしてほしい、米軍基地をなくしてほしい、この願いに、群馬からもこたえていこうではありませんか。高崎の空を、前橋の空を、低空飛行訓練だ、都市型戦闘の準備だと、米軍機が我が物顔で飛び交う、こんな街でいいんでしょうか。戦争から70年もたって、まるで占領下のような、こういう事件が続いている、こんな日本の流れも変えていこうではないかということを、今度の選挙、私どもは呼びかけたいと思います。どうかみなさんのお力で勝ち抜かせていただきますよう、重ねて心からお願いを申し上げます。

日本の政治のリハビリテーションを堀越けいにんさんに
比例代表で日本共産党の躍進を

 群馬選挙区候補の堀越けいにんさん。先ほどの演説を聞いて、私も本当に惚れ惚れいたしました。すぐに国会で大活躍をしてもらいたい人ではありませんか。堀越けいにんさんは、作業療法士です。私も病院で医者をやっておりましたから、とっても大事なお仕事だということはよくわかっております。リハビリテーション、みなさん、この言葉は、本来あるべき状態に戻す、これがリハビリテーションです。権利を回復する、これがリハビリテーションであります。安倍政権のもとで、日本の政治は立憲主義が破壊され、異常な状態になっている。日本の政治のリハビリテーションを堀越けいにんさんにやってもらおうではありませんか。大きく広げてください。よろしくお願いを申し上げます。
 比例代表選挙、これは共産党の演説会なんで、最後に訴えさせていただきますが、どうかみなさんのお力で、日本共産党とお書きいただいて、おくだ智子さんは市議、県議14年間務めております、今度は国会で大活躍してもらいたい。紙智子、田村智子、そして奥田智子、トリプル智子で、安倍政権をきりきり舞いさせる論戦をやってもらおうではございませんか。どうか比例代表選挙、日本共産党を伸ばしていただいて、野党の共闘をしっかり前に進める、そのための力を共産党にお与えくださいますよう、最後にお願いを申し上げます。
雨が心配でしたが、最後はこんなに天気がよくなりました。選挙の結果もこういう結果をだそうじゃありませんか。勝ちましょう。



この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】2016.7.3(日)伊藤たつや参院比例代表候補 キックオフ集会にご参加ください(前橋市)

2016年06月24日 | 2016参院選
☆伊藤たつや参院比例代表候補 キックオフ集会

日時:7月3日(日) 午後7時

場所:県青少年会館(前橋市荒牧町2-12)

どなたでも参加できます。お誘い合わせてお出かけください。


この記事をはてなブックマークに追加

小池晃書記局長が街頭演説 改憲狙う政権倒そう 3野党・堀越けいにん候補 おくだ智子比例候補が訴え/群馬・高崎(しんぶん赤旗2016.6.24)

2016年06月24日 | しんぶん赤旗

改憲狙う政権倒そう 3野党・堀越候補訴え/群馬・高崎(しんぶん赤旗2016.6.24)


2016.6.23 堀越けいにん野党統一候補の勝利を訴える小池晃書記局長・参議院議員


2016.6.23 高崎駅東口前での街頭演説の後は前橋に戻り、塩川鉄也衆院議員とスーパー前など3カ所で訴えました。


--------

☆「しんぶん赤旗」の購読お申し込みはこちらから
★「しんぶん赤旗」の見本紙(無料)お申し込みはこちらから

この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】2016.6.25(土)アベノミクス学習会 講師:山田博文群馬大学名誉教授 主催:ぐんま市民連合へいわの風(前橋市)

2016年06月21日 | お知らせ

この記事をはてなブックマークに追加

【お知らせ】2016.6.22(水)堀越けいにん参院群馬選挙区予定候補の第一声(県庁前)と事務所開き

2016年06月21日 | 2016参院選
☆堀越けいにん参院群馬選挙区予定候補で野党共闘の勝利を!

★第一声

日時:6月22日(水) 昼12時30分

場所:群馬県庁前

応援弁士:梅村さえこ衆議院議員


★事務所開き

日時:6月22日(水) 午後7時

場所:堀越けいにん 前橋事務所(前橋市西片貝町4-17-10)






【お知らせ】2016.6.22(水)伊藤たつや参院比例代表予定候補の第一声にお出かけください(JR前橋駅北口)

【お知らせ】2016.6.23(木)日本共産党街頭演説に小池晃・党書記局長(JR高崎駅東口)



この記事をはてなブックマークに追加