いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

そうでんせつび

2016-10-13 00:06:23 | Weblog
そうでんせつび
ねっとわあく
きゅうたいぜん
ちかけえぶるぶる
こくえんぼうぼう
あちこち
こうじ
ふううっ
りちうむ
はつねつ
さむそんそん
げんいんけっか
なにぬねの
さしすせそ
こくえんあがらば
はくえんぱくぱく
しろはたはためく
ちゅん
ちゅん
ちゅんすずめのまるやき
ちゅん
ちゅん
ちゅん
しくみそこそこかんなづき
ほうこうてんかん
てん
てん
てん
やまいのほかは
しゅみしこう
もえつきてそこそこ
しんきこうちくたくたく
きむたくたくたく
はひふへほっほ
そうでんせつび
こわれてなんぼ
うらおもて
いがいと
ちのそこ
うらわざあらば
ちゅちゅんがちゅん
ちゅちゅんがちゅん








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« びょうき | トップ | なんとかなるさ もんじゅのちえ »

あわせて読む