いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

かべ

2017-05-16 21:54:42 | Weblog
かべ
せんのかべ
せんのかぜ
いかにたこ
ちえくらべ
そのうち
かずうち
てん
てん
てん
いつか
うちゅうを
たびするころには
なんとしてでも
いのち
ながらうほど
えねるぎい
どうころんでも
ねころんでも
ちゅんちゅんすずめ
さんそぼんべ
とおいうちゅうへ
てん
てん
てん







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かがいっぴき | トップ | みさいるいっぱつ »

あわせて読む