いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

あまおと

2016-10-17 06:50:36 | Weblog
あまおと
しとしと
あきさめ
さむあめ
おおさむこさむ
ころもがえ
わのくに
ものがなし
あきのゆうぐれ
おいゆくは
てあし
もぎとられ
えさとなりはて
はたらきばち
さんぎょうかっせいか
ここまで
しゃったあ
しまれば
さこく
たこく
じこく
じごく
ぐろうばる
すうぱあせんとのしあわせ
ちがうでしょ
ちゅうかんそう
くわずもがな
いきのこり
じゆうびょうどう
なんだか
みょうに
おかしなふんいき
ぢこも
そふとばんく
きょにんかじぎょう」いんふらぎょうしゅ
もうけすぎ
おかしなしくみ
ちゅん
ちゅん
ちゅん
とくべつかいけい
そろそろ
うらおもて
じしんかみなり
てん
てん
てん














ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みやこにあめが | トップ | にしきぎ »

あわせて読む