いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ときのはざまに

2016-10-29 02:34:36 | Weblog
ときのはざまの
かたすみに
そんざいかち
ぜつぼうかたてに
たたかうは
ほんのう
いきもののげんじつ
そんざいは
よくぼうきぼう
こいねがわくば
しぜんぜん
ちみもうりょう
うごめくは
それぞれのおもわく
じょうねんかんねん
かんかく
えねるぎい
あらざらん
そこそこの
おおらかさ
ごこうきらきら
えさほいのほい
ひかりそこそこ
ええていぴいゆくさきざき
なにがなにやら
こうへんむげん
かくさんしゅうしゅく
もとのもくあみ
ときのはざまの
いっしゅんいっしゅん
きえゆくまえのすがたかたち
そぞろに
ひゃくねん
もののあはれは
ちゅん
ちゅん
ちゅん
すずめのなみだ
てん
てん
てん









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すくなめ | トップ | ねむけざまし »

あわせて読む