いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

たいしんこうぞう

2017-05-06 08:14:50 | Weblog
たいしんこうぞう
さんびゃくねんいちど
ちょっかがた
だんそう
たいしん
びみょうに
ぼうさい
ちょうこうそう
はたしてどこまで
げんじつもんだい
ぷれえと
ぽんとはじけりゃ
ふううっ
じめんのゆがみ
どれほどにんたい
がんばんゆすれば
ちひょうのきしみ
びみょうに
そみつ
ていてんかんそく
ふううっ
だれかがどこかで
ちゅん
ちゅん
ちゅん
げんいんけっか
いつ
なんどき
たしかなかくご
てん
てん
てん
にしのしま
だんだんおでき
おしくらまんじゅう
みなみのほうから
ところてん
おすとあんでる
ふうりんかざん
きじもさるも
おにたいじ
おにたいじ













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふじょうり | トップ | きんぎん »

Weblog」カテゴリの最新記事