いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ねてようび

2017-05-20 06:31:40 | Weblog
ねてようび
きぎのみどり
そんなにいそいで
どおする
いちにちの
はじまり
いちにちの
おわり
ねてようび
ていへん
たいへん
みいり
ふううっ
めるこはそだつ
きぎのみどり
しんりょくよくよく
うめぼし
ちゅんちゅんちゅん
あぶらむし
ひにひにてんとうむし
しょくもつれんさ
ぎせいはどこぞ
たいりょくしょうぶ
すぎしこのかた
ちえのみ
ころころ
たね
そこそこ
うんよけりゃ
ひろいもの
あたればこうつうじこ
ふううっ
はじまりはじまり
がけのうえから
みおろせば
げかいはとうに
なつもよう
もういくつねると
てん
てん
てん




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どようび | トップ | なつまつり »

あわせて読む