いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

さまあたいむ

2017-03-13 06:15:07 | Weblog
さまあたいむ
しゅんぶん
はんぶんはんぶん
よんぶんのいち
こういんやのごとく
じゅうねんにじゅうねん
かわらず
つつがなく
とおりすぎれば
きおくそこそこ
たいりくいどう
じねつさめいるまでは
ちゅん
ちゅん
ちゅん
のあのはこぶね
うちゅうのかなたへ
すずめをのせて
てん
てん
てん







ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねむけ | トップ | じょうほう »

あわせて読む