いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ふゆのあめ

2016-11-12 05:43:10 | Weblog
ふゆのあめ
ひとあめごとの
ふゆだより
かれきにはな
かんざくら
じゅうがつざくら
ちいさなはな
あまりにしっそ
はるまちそう
はるつげどり
ひとつきふたつき
じくうをこえて
まっちうり
きょうはどこぞで
さぼたあじゅ
ふうううっ
えさほいえさほい
えささがし
いきもの
くいもの
いかんせん
むりなんだい
うらおもて
すずめくわねど
ちゅん
ちゅん
ちゅん
えさばにゆけば
ちゅん
ちゅん
ちゅん






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さむいねえ | トップ | うたたね »

あわせて読む