いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ねておきて

2017-07-17 02:07:32 | Weblog
ねておきて
おきてねて
じんせい
ねむりのなかに
せいしのさまよい
いきるに
しぬに
うしろがみ
ふうっ
まるにきのじ
くるわばくるへ
いきざま
しにざま
さまざま
えにかいたような
にちじょう
すりいでえ
ぷりんとあうと
きんみらい
とかいのねずみ
ちゅう
ちゅう
ちゅう
いなかのねずみ
ちゅう
ちゅう
ちゅう
とかいのすずめ
ちゅん
ちゅん
ちゅん
ほうほけきょ
ほうほけきょ
なつまつり
ぴいひやら
れんしゅう
ちゅん
ちゅちゅん
とんとんたいこ
とかとんとん
ふううっ
じだらく
きらく
ちゅん
ちゅん
ちゅん








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あついね | トップ | ものぐさ »

あわせて読む