いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ものごと

2017-06-14 02:27:47 | Weblog
ものごと
こうあん
けいさつこっか
つつうらうら
じょうほうせん
もはや
うらおもて
いつなんどき
おもてざた
つつがなく
ひとのいのちのまっとう
はばかりながら
うんをてんに
ちゅん
ちゅん
ちゅん
ふんすれば
みもかろき
そらとぶに
ちゅん
ちゅん
ちゅん
そんたくなくば
こいけにはまって
さあ
たいへん
へん
へん
へん







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほしのかずほど | トップ | そろそろねるか »

あわせて読む