いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

いちまんごせん

2016-11-07 01:42:10 | Weblog
いちまんごせん
ふううっもののかず
いかばかり
ゆびおりかぞえ
ひつじが
いっぴきにひき
ねむりにつかば
しんちんたいしゃ
ひろうぶっしつ
てんかんちかん
げんき
どこそこ
おちめ
なにをか
げんじつ
いちまんごせん
そこそこ
むりむだ
えさほいのほい
えさほいのほい
どうしたら
いかのきんたま
たぬきに
ふううっ
かぜにふかれ
ちゅん
ちゅん
ちゅん
なにがどうした
いみ
わからず
ういんどう
せつぞくふか
にんしょうできずんば
ちゅん
ちゅん
すずめ
なみだながして
たいさく
いかりにみちて
てん
てん
てん
















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すとらいき | トップ | らりるれろ »

あわせて読む