いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

あさがきたのに

2016-10-16 05:44:06 | Weblog
あさがきたのに
あきがきたのに
そこそこ
ねぼけまなこ
いちにち
いkじぬくに
けつまつ
ぎゃくから
かぞえうた
かんおけはいるに
しばし
よこうれんしゅう
いきもの
しゅうまつ
にせんじゅうろくねん
じゅうがつ
じゅうろくにち
ふううううっ
よねんののち
ごりん
おおさわぎおわるころ
はたして
のうさいぼうぼう
いかたこ
ふんいき
あぶなさそう
なにを
どうどう
はいどうどう
あきけいば
いっぱつ
ゆめ
ちゅん
ちゅん
あさがきたのに
あきがきたのに
きおく
おいつけず
なつのざんえい
ゆうれいおばけ
いまだせなかで
ちゅん
ちゅん
ちゅん







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきまつり | トップ | やなこった »

あわせて読む