いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ひつようじゅうぶん

2017-06-18 16:49:43 | Weblog
ひつようじゅうぶん
よくぼうぼう
しくみかえれば
そこそこ
けんりぎむ
おかしくないか
ぜったいけんりょく
かみがみ
しぜん
しゅうきょう
もふもふ
なにがなんだか
ひつようさいていげん
いしょくたりて
ちゅん
ちゅん
ちゅん
びみょうに
ばらんす
あめのちはれ
よあけのないよる
かあかあからす
やみにまぎれて
かあ
かあ
かああ
ちから
あらんかぎり
いたみなくば
そこそこ
ひつようせい
しんけいかびん
じゅうなんせい
きぶんてんかん
じゅうなんせい
いかたこいくら
くうふくみたすに
しあんばし
たたいてたたいて
こん
こん
こん









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あまおと | トップ | くうふく »

あわせて読む