いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

かようび

2017-06-20 06:34:41 | Weblog
かようび
あさろくじはん
たたかいは
すでに
おわりのじこく
はじまりありて
そこそこの
いかり
さあれど
えねるぎい
なんとかじゅうでん
ものがたり
きしょうてんけつ
まくひき
いかたこいくら
すしめし
すめし
ふううっ
つゆどき
いましばらく
ねつくるまでに
ちゅちゅんちゅん
すずめのたいそう
ちゅちゅんがちゅん
ちいちいぱっぱ
ちいぱっぱ
ものごと
ひねりわざ
いやがおうでも
てん
てん
てん
はらへらば
なにをかくわん
すきっぱら
うまいまずいは
ちゅん
ちゅん
ちゅちゅん
まるのみすれば
てん
てん
てん








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すきまじかん | トップ | むらさきくんしらん »

あわせて読む