いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

りっとうすぎて

2016-11-12 06:20:49 | Weblog
りっとうすぎて
おおさむこさむ
きのうはずいぶん
まふゆなみ
ひさびさ
うちふるへ
つめたきふゆさめ
かんつばき
さざんか
あめにはえ
はなびらちらせば
ふゆざくら
こさめにさきて
しろきはなびら
ここぞとばかり
てん
てん
てん
あかき
たちばなもどき
かきのみ
あめにうたえば
きいろきはなゆ
ここぞとばかり
てん
てん
てん
そこそこそんざいりゆう
さむさ
あつさ
うなだれのぎく
さくやこのはな
ふううっと
いぶき
せいこうとうてい
ことしのふゆは
じゅんび
そこそこ
ちゅん
ちゅん
ちゅん
いっとき
いっとき
てん
てん
てん












ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゅうでん | トップ | ぴこぴこ »

あわせて読む